小額で取引が可能

August 27 [Fri], 2010, 12:15
外国為替証拠金取引では小額で取引が可能となります。こちらも株式市場と比べて見ましょう。

株式市場の場合(現物取引)
取引金額=個別の会社の株価×取引単位×購入数量

現在の会社の 株価と 取引単位と 数量で構成されています。

デメリットとして
買いたい会社の銘柄の株価が高ければ高いほど購入金額が必要に
資金の少ない方は、大型優良株を買えないこともあります。


外国為替証拠金取引の場合

現在のレート、必要証拠金、取引通貨単位、取引数量で構成されています。

例 通常の外貨預金では

USD/JPY=1ドル100円の時、10000ドル分購入したら
100円×10000ドル=100万円必要となりますが、

取引証拠金を預ける外国為替証拠金取引では
10000円で10000ドル分の購入も可能となります。(取引会社によって異なります)

100倍の取引も可能で『資金効率』にすぐれています。

各自の資産運用管理に合せて様々な選択をすることができます。

外国為替証拠金取引の方が
より少ない資金で効率よく投資運用をすることができレバレッジ(てこの原理を)働かせることができるのです。


注、実際には、取引通貨単位、証拠金率など取引会社によって様々であり、複雑な面もあります。
よく事前の調査をして理解しておく必要があるでしょう。

可能な限り、今後も説明を加えてお伝えしていきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ijkdd22
読者になる
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ijkdd22/index1_0.rdf