山口秀樹のイジメ解決マニュアル!いじめ克服法!口コミ 評価 効果 内容 感想 レビュー 

July 13 [Sun], 2008, 23:31




詳細はこちら





もう学校に行きたくない。いつも一人だし、友達もいない。クラスメイトは信用できないし、先生も信用できない。学校には私の居場所がない」


と私に本音を言ってくれました。

学校に行かなくていいと聡子に言いましたが、本音は一度しかない中学生活を楽しんでほしい、
そしてたくさんの思い出を作ってほしいと、聡子の母親として願っていました。でも今のままでは学校に行かせられない。
私が聡子を守らなくてはと強く思いました。

そして学校を休んだ聡子を、家に一人にするのには心配がありましたが、学校へ行かなければ事態は解決しないと思い、夕方学校へ行き、担任の先生にお会いしました。

そして今日聡子が話してくれたイジメをすべてお伝えしました。当然、今すぐ解決してくれると期待していましたが、担任の先生が私に言ったことは...


「そうでしたか。まずイジメた側の生徒に、事情を聞いてみます。しばらくは、私も注意して見ますので、とりあえず聡子さんには、安心して学校に来てもらってください」


1時間近く話しましたが、自己弁護する担任の先生の態度に憤りを感じました。何も解決する案がないのです。先生の立場として難しいのはわかりますが、聡子は実際に追い詰められ、人間不信になっているのです。

次の日から聡子は、学校へ行く時間になると体調不良を訴えるようになりました。まずは朝起きれなくなり、頭痛や嘔吐を訴えるようになっていったのです。

病院に行っても、「身体には以上ありません。精神的なことからの体調悪化かと思いますので、心療内科を受診されてみてはいかがですか?」と言われ心療内科に通いましたが、改善の兆しは見えませんでした。


そして聡子はイジメが原因で6ヶ月間、学校を休みました。不登校になったのです。


そんなある日、私の友人で地域の民生委員をしている方から電話がありました。

「新聞読んだ?今日の新聞にイジメの記事が載ってるよ。読んでみたら?」


私はすぐに新聞を開きその記事を読みました。そして藁をもつかむ気持ちで、すぐに問い合わせをしました。そして、児童のカウンセラーの方から教えてもらった、イジメ解決法を実践した結果...


6カ月間の不登校から立ちなおり、イジメを解決し、今では休日にクラスメイトと遊びに行くようになったのです。


詳細はこちら
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ijime31
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる