きのうひょうかけいすう って その5

February 01 [Sun], 2009, 23:20
      にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

先週はいろいろとあってブログの更新がなかなかできませんでした。

先週書こうと思っていた話題を、、、

2009年1月21日にDPC評価分科会が開催されました。

調整係数廃止後の新たな「機能評価係数」に関する具体的な議論が進められたようです。

OnlineMedによると 

 医療の標準化の評価については、「手術症例数または症例割合に応じた評価」「標準レジメンによるがん化学療法の割合による評価」をあげ、委員の個人提案として「診療ガイドラインに沿った診療の割合に応じた評価」も記載されています。
 診療ガイドラインに関しては、ガイドラインに沿った診療にならない専門性の高い病院では特殊症例を受け入れることが多いとして、反対を表明する委員もいました。

 効率化の評価では、「効率性指数による評価」「後発医薬品の使用状況による評価」があげられています。
 透明化の評価では、「部位不明・評価不明コードの発生頻度による評価」を上げています。
 医療の質の評価では、「術後合併症の発生頻度による評価」が上げられ、個人意見として「重症度・看護必要度による改善率」なども記載されました。術後合併症に関しては、少ないことを評価する考えですが、高度医療機関としては「多いほど評価してほしい」との意見が出ました。

 社会的に求められている機能・役割としては、「特殊な疾病等に係る評価」として複雑性指数による評価、副傷病による評価、希少性指数による評価などが記載されています。
 平均在院日数で算定する複雑性指数に対しては、高度な医療を評価する方法として「高い点数のDPCが一定の割合を構成している場合に加算」の方が適切だとの批判的意見が出されました。
 希少性指数についても、DPC点数が付いているものであり、その分岐を選ぶことで評価は達成されるとして適切でないとの意見がありました。



また、

 その他のなかでは、「望ましい5基準に係る評価」が記載され、(1)ICU入院患者の重症度による評価、(2)全身麻酔を実施した患者の割合による評価、(3)病理医の数による評価、(4)術中迅速病理組織標本作製の算定割合による評価、があげられています。
 全身麻酔については、評価が必要とする意見、一方、そうした評価をすると手術はすべて全身麻酔という医療機関が現れかねないと慎重な対応を求める意見がありました。



 一方、7:1看護で見られたように、評価をすると極端にその方向に走るケースが現れかねないと懸念する意見も複数の委員から出されました。


という意見も出たようで、確かに7:1看護の採用によって、民間病院の看護師の採用数とレベルが一気に下がったように、新たな評価が人的資源や症例数に寄るものになれば大病院や公立病院にとっては、有利に働くと思いますが、中小病院や民間病院はまたもや厳しい状況におちいる可能性を秘めていると思います。

まぁ厚労省は病床削減が目的ですから、中小病院や公的資金でバックアップされない民間病院がつぶれて目的が達せられればいいのかもしれませんが、、、




      にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
  • URL:http://yaplog.jp/ijikacho/archive/288
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
SEやさん こんにちは

>人数をおくだけではなく、そこから何をしたかが評価だと思うんですが
そうなんですよ!
H20の改定で7:1については看護必要度が導入されましたが、これにしても忙しい病棟業務に更に業務を追加するということで、システムの購入や変更にお金もかかったかと思いますが、それよりも看護師の仕事が増えた方に問題があるような気がします。
もっと、7:1を算定していい病院、できない病院を明確に区分する指標があると思うのですが、、、

> 限られた、人的資源の無駄ずかいはやめてほしいものですね。

そうですよね!
それと、いたずらに医療の質を落とすような業務を増やすのは辞めて欲しいものです。
February 04 [Wed], 2009, 13:01
SEや
こんにちは いじかちょうさん

>全身麻酔については、評価が必要とする意見、一方、そうした評価をすると手術はすべて全身麻酔という医療機関が現れかねないと

絶対あるあると思いました。

>7:1看護の採用によって、民間病院の看護師の採用数とレベルが一気に下がったように

人数をおくだけではなく、そこから何をしたかが評価だと思うんですが
今は、とりあえず人数いれば、後は仕事しなくてもいいってのが
診療報酬制度。究極が、医師の名前貸しでしょう。

限られた、人的資源の無駄ずかいはやめてほしいものですね。
February 02 [Mon], 2009, 13:18
P R
にほんブログ村 病気ブログ 医療事務へ
にほんブログ村
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
あわせて読みたい
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ijikacho/index1_0.rdf
最新コメント
アイコン画像ijikacho
» かかりつけい って (2013年08月25日)
アイコン画像slummy
» かかりつけい って (2013年08月24日)
アイコン画像ぐるなびアフィリエイト運営事務局
» じょうきゅういりょうじょうほうぎし って その7 (2013年02月18日)
アイコン画像なんちゃて上級
» じょうきゅういりょうじょうほうぎし って その7 (2013年02月09日)
アイコン画像こちら
» いしじむさぎょうほじょ って その9 (2012年09月11日)