手首に常に装着している、振動や音、画面のフィードバックが可能なインタ

September 02 [Fri], 2016, 10:25
 手首に常に装着している、振動や音、画面のフィードバックが可能なインターフェイスとして、さまざまな活用アイデアが広がって行くのではないだろうか。

 watchOS 3とこれに対応するアプリによって、ただ眺めるだけのスマートウォッチから、よりアクティブに活用する利用シーンの広がりを、Apple Watchに期待することができるようになるはずだ。
シリコンiPhone7ケース

●リッチ通知はApple Watchの可能性を広げる

 さて、watchOS 3のハイライトとして最後に触れておきたいのが、リッチ通知だ。この機能iOS 10にも採用されている、新たなAppleのモバイル体験の「単位」にもなる機能だ。
超人気iphone7ケース

 今までの通知では、届いた通知内容を知らせたり、ボタン操作や1行返信など簡単なフィードバックしか行うことができなかった。リッチ通知では、例えばメッセージアプリであ■機械学習を検索機能に

 Appleは、iPhoneや「Macintosh」「Apple TV」「Apple Watch」向けOSのデベロッパーバージョンを、2016年秋にアップグレードする予定であることを明かした。
iphone7ケース

 今回のアップグレードにおいて重要なテーマとなったのが、エンドユーザーのデバイス上で動作する、機械学習アルゴリズムをベースとしたスマート検索機能だ。Appleが、このスマート検索機能を向上させる上で、次世代システムに最新のチップやコアを搭載する予定なのかどうかは不明である。
シャネルiphone7ケース

 Googleは2016年5月、自社のデータセンターにおいてアルゴリズムを動作させる、機械学習専用のプロセッサを発表したところだ。同社は2015年に、このアルゴリズムをオープンソース化している。
iphone7ケース

■「Siri」の開放

 Appleの音声アシスタント機能「Siri」のAPI(Application Programming Interface)が開放されたことで、デベロッパーはついに、Siriを使ったアプリを開発できるようになる。

 Appleが、米国カリフォルニア州サンフランシスコで2016年6月13日に開催した「Worldwide Developers Conference(WWDC) 2016」においてこのニュースを発表すると、5000人の聴衆からその日最大の喝采が沸き起こった。
ルイヴィトンiPhone6sケースSiriは、次世代版のMacOS「Sierra」でも利用可能になるという。

 サードパーティー企業は今後、Siriを利用することにより、キーボードのスマート化から、自動車におけるより安全なインタラクション機能に至るまで、幅広い用途に向けたアプリを作成できるようになる。
超人気iphone7ケースAppleは、仮想認識アルゴリズムを利用して、画像の検索やグループ化、表示などを簡素化するための取り組みも進めているという。

 Appleでソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めるCraig Federighi氏は、「次期iOSの『iOS 10』では、写真1枚当たり最大110億のオブジェクトやシーンIDの計算性能を実現することにより、デバイス上の写真をより簡単に検索できるようになる。
超人気iphoneケースクラウド上ではなくデバイス上でデータ分析を行うことにより、データを個人の管理下に置くことが可能だ」と、Googleへの皮肉を込めて語った。

 Appleは、同社のさまざまなプラットフォーム上でデスクトップドキュメントやデータなどを利用できるようにしていく上で、「iCloud」サービスへの依存をさらに強めている。
シリコンiPhoneケース

■ソフトウェアプラットフォームの統合へ?

 Appleは、SiriをApple TV用ソフトウェアに統合していくという。こうした動きから分かるのは、同社が、機械学習に関する取り組みだけでなく、PCやTV、携帯電話機、スマートウォッチ向けに個別に用意されているソフトウェアプラットフォームを簡単に統合できるようにするための取り組みも、拡大していきたい考えであるということだ。
iphone7ケース

 同社は、個別のプラットフォーム同士を連携させるさまざまな方法を示した。例えば、Apple Watchがあれば、Macでパスワードを入力する必要がなくなったり、Macに保存されたデータをiPhoneにペーストしたり、といった具合だ。
iphone7ケースさらに、クレジットカード決済サービスの「PayPal」のように、「Apple Pay」のサービスをWeb上でも利用できるようにするという。れば、通知画面から返信する際、前後のやり取りを確認したり、開きっぱなしにしておけば、その通知以降の相手からのメッセージもリアルタイムで表示してくれる。
iphone7ケース

 こうしたインタラクティブな通知カードが、Apple Watchでも利用できるようになる。WWDC16では、HomeKitに対応したドアホンのカメラのリアルタイム映像を、Apple Watchの通知内で確認する、という様子を見せていた。
iphone7ケース

 iOS 10の通知がよりインタラクティブな表現になればなるほど、Apple Watchに届く通知も同様にリッチになっていくことが予測でき、小さな画面の中で映像やアニメーションを見ることができるようになると、Apple Watchで通知を受けることがより楽しくなっていくのではないか、と予測している。

 watchOS 3は、6月13日の発表で開発者向けプレビューが始まっており、アプリ開発や対応がスタートした。
iphone7ケース一般のユーザー向けには、秋に無料で配信される予定だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seysefse
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ijdfsetxx/index1_0.rdf