視神経陥凹について

October 03 [Fri], 2014, 18:36
視神経陥凹とはどのようなものなのでしょうか。視神経乳頭は眼底の中心より少し鼻側によったところにあり、網膜に映った光の信号を束ねて脳に伝える視神経のつなぎ目です。視神経乳頭の中心には、血管や視神経が出入りしているへこみがあり、このへこみのことです。このへこみが大きくなると緑内障の疑いがあります。一般的に緑内障は眼圧が高くなることで発症すると思われていますが、眼圧が正常でも、視神経乳頭のへこみが大きくなり神経線維に障害が生じ、視野の欠損が起こることがあります。早期発見には眼圧検査のほかに視野検査、眼底検査をおすすめします。眼底検査では、瞳孔を通して眼底を観察できます。これで医師は視神経乳頭の形態を見て緑内障の疑いがあるかどうかを診断します。眼底写真を撮ることで受診者自身も自分の視神経乳頭の形を見ることができます。治療はやはり眼圧を下げることです。正常な眼圧でも視神経がその圧力に負けているのなら圧力を下げてやる必要があるわけです。即日融資審査アイフル
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さとみij5337p7
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ij5337p7/index1_0.rdf