婚姻でのヘマは、大体は笑い話になる

June 13 [Tue], 2017, 20:50
あなたはお呼ばれした婚姻で、なにか失敗をしてしまったことはありますか?
「準備していた余興に必要な肝心なものを当日に忘れてしまった…」
「満載練習したのに、試合になってすっかり忘れてしまった…」
など、生じるという人間はあまり多いのではないでしょうか。

婚姻でのヘマは、大体は笑い話になって終わります。
スタジアムそのものが幸せなオーラで満ち溢れているので、皆暖かい瞳で見守ってくれるのです。

しかし、「出で立ち」だけは失敗してはいけません。
洋服は一つの儀礼ですから、ここを間違ってしまうととても失礼なことになります。

そこで今回は、女性が断然避けたい婚姻の衣類について説明していきましょう。

ひとまず最初が「白系衣類」。
新婦が結婚式衣類ですから、それとトーンが被って仕舞う白の衣類は誠にしてでも避けましょう。
1人だけムードが読めない人として浮いてしまい、痛い目で見られますよ。

次が、「曲線がはっきりしている物」。
これだと新婦よりも際立つことになりかねないので、できる限り過度な露呈は控えましょう。

三つ目が、「ファー品質」。
動物の毛皮によるファーは、人殺しを意味する結果ふさわしくありません。
また、ご飯の際の衛生面も考慮して、ファー品質の出で立ちは避けましょう。

最後に四つ瞳が、「リクルートスーツ」。
女性がこれを着たケース、不祝儀の礼服となってしまうため、失敬に値する。
絶対に黒の出で立ちはやめましょう。

婚姻にお呼ばれした際は、これらのことに注意して洋服を選んでくださいね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウシン
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる