女の意地と維持

May 28 [Sat], 2011, 22:54
うちの主人、といっても大したこともない人なんですが、もう今の彼女と同じ職場になってからはハラハラの連続で、生きた心地がしなかったということなんですよ。案の状、夫の先輩は、腰をやられて先に退職されましたが、この頃は、あまりにも先のことが見通せてしまうので、恐ろしいくらいの今日この頃でした。
なんといっても親子の歳のくらいの差があって、今思えば「女の子に就職の相談をされた」といっていたのは覚えておいますが、それから先のことは聞いても話してくれる性格でなかったので、詳しくは聞きませんでしたが、こういうことになろは・・・。
それから、次にピンときたのは「交通事故を起こした女子職員がいる」ということで夫が呼ばれたのですが、どうして夫が呼ばれたのかも私には詳しくは、教えてもらっていないのです。ちょうど前の職場をやめる直前のことだったのですが・・・。
「あんたは、浮気をしているだろう?」といってすぐに「はい、そうです。と認める人もいないと思うのですが、やはりこのようなことは直球では行かないと思うのですよね・・・・・・。
そうこう、しているうちにふたり話し合ってか、同じ職場で働く手配をしていたらしくて、まいにち朝から晩までいっしょなんですよ。それ以来私はその人のことが頭から離れない始末なんですよ。普通そうですよね。だって職員が3人しかいない職場に雨の日もかぜの日も、ある日は、一人は休みでふたりきりなんですよ。けっこう大きなところの下受けなんですが、いったい人事課というところは何を考えているんですかね。
それで、田舎なもんですから、けっこう知れ渡ってしまって・・・。それに情けないのは主人の態度なんですよ・・・。もう30年近くもいっしょにいるもんですから、何を考えているかも大体わかってしまって・・・。みためはすごい性格のいいような人なんですが、あるときからもう大変です・・。何を考えたのか私の下着を主人が持ち出すようになって、また、帰ってきたかと思ったら、穴が開いていたり、レースの部分が切り取られていたりして・・・変体か嫉妬には間違いないと、思ってしまいましたよ。それで、この2年間に私は、なぜ離婚がこんなにも多く、ハラスメントかなにかしりませんが、「ああ、こういうやり方で奥さんたちを困らせているのだな」と思いましたよ。芸能人の人たちの離婚にもあるようですが、結婚するときには、夢にも思ってはいなかったことなんですね。
それと許せないのは、その人は職場にはいってきた人とは誰とでも性交渉をもってしまうのが平気な人で、アパートかなにかしりませんが、男の人たちを呼んでいたようです。もちろん自分の夫なども朝早くから出かけていったり、夕方は帰りに寄ったりしながら密会していたみたいなんですよ。それが今でも続いているらしくて多分私をストレスでだめにしてしまおうかなんて考えているようにも思えてしまいます。見たような事をいいますが、女の勘は鋭いのです。まして毎日同じ屋根の下に暮らしているものであれば誰だって気がつくことも多いのです。
もうひとつ許せないことがあるのです。それは、親子で自分の夫と付き合っているということですよね。どういういきさつで知り合ったかもだいたい察しはついているのですが、まるでお下がりか何かを母親からもらうように、子どものころから夫を知っていたらしくて、それは付き合いやすいはずですよね。どうどうとしたものだと思いますよ。それにその母親というのは、自分は再婚をしているらしくて呑気なものだと思いますよ。ある日、用があってその職場にいってみたら、その「女の子」もう30歳前ですが、歩いてくるんですよ。顔を腫らして、家に人にでも殴られたのでしょう。こちらが話しかけてもそ知らぬふりなんですよ。これでも世間の人たちは、あの様な性格の人たちのことを「仕事」だとかばってしまうのでしょうかね。動物の世話が仕事なんですが、最近の動物園の中でもよく女性が世話をしている話はありますが、実際、クマでもでてきそうな山の中の仕事場です。だから私はその種の動物の肉は購入しないと思っているところなんですよ。なぜなら、自分にも娘たちが3人もいるし、絶対にそんな思いはさせたくないからなんですよ。
絶対にボイコットですよ!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おばちゃん
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iikannzi/index1_0.rdf