ゆみっちが保田

October 07 [Sat], 2017, 14:43
つやつやお肌を保ちつつ、洗顔することが、ニキビに対抗するには欠かせません。

中でも大人ニキビの場合は、乾燥は最も悪影響とされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎてはいけません。

それができるのが、牛乳石鹸です。

ミルクバター配合の牛乳石鹸、それは、汚れは落とせど肌は乾燥させず、ニキビ予防に有効なのです。
白く化膿したニキビを見つけると、爪で中身を押し出してしまいます。



白く膨らんだニキビから白い中身が飛び出してくるのが止められないんです。


ただ、五回に一回はニキビの中身がきれいに出せなくて、無理にでも中身を出そうとして、ニキビのあったところが窪んで跡になってしまうのです。



ニキビ跡を見ると、無理にニキビをつぶしてしまった自分を反省するのですが、白いニキビができるとどうしてもつぶしたくなって、再びつぶしてしまうという悪循環の繰り返しです。



10代の時期、チョコやスナック菓子をたくさん食べると翌日にはニキビが発生していました。



食生活がこれほど影響するんだ、と思ったものです。それから後、年齢が進むとともに食べ物にも用心するようになり、あまり食べないようにしています。そのおかげかニキビも完全に現れなくなりました。ニキビそのものは、10代までしか使わない言葉で、20歳以上の大人はニキビとは言わないななんて言う人もいます。

少し前に、数年ぶりに鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「もうニキビじゃないでしょ?」と、バカにされました。お顔に出来たニキビというのは誰もが早く解消させたいものです。早めにニキビを改善させていくためにも、ニキビをいじってしまわない様にする事が大切です。
雑菌の付いた手で触ってしまうと、ニキビを悪化させてしまいますし、ずっと触っていると肌が傷つくことになります。

徹夜を何日もしたらニキビをみつけました。
私はよくニキビができる体質なので、わずかでも肌に負担を感じるとニキビが発生するのです。どんなに忙しかろうとも、なるべく早くベッドに入りしっかりと睡眠時間を確保するように注意しています。



睡眠時間足りなくなることがニキビを作り出す原因だと思います。母親はニキビが多くて、私も中学時代からニキビに悩み、大人になった現在でも、よくニキビができるので、顔面のお手入れは意識してやっています。



そして、三歳になる娘もすでに毛穴に角質がつまり始めています。


残念なことに絶対にニキビのできやすい肌になりそうです。


遺伝とは恐ろしいものだと思いました。顔ニキビの防止をしたり、出来てしまったニキビを素早く改善するには、バランスの良い食事を摂っていくことが重要です。
中でもとくに野菜をできるだけ意識して摂取することは大変重要なことだと思います。



野菜はビタミンミネラルが豊富ですから、それらを頭に入れて摂っていくのが一番良いのです。
なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥ということがあります。
肌の余分な油脂が理由じゃなかったの?と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつなのは事実ですが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、今度は肌の乾燥がひどくなり、それがもとでニキビができてしまうのです。近頃、重曹でニキビのお手入れができるとよく取り上げられています。弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、毛穴の汚れや角質を取り除くことができ、にきびの改善につながるのではと期待されているのです。

研磨作用が働く重曹での洗顔は肌にダメージを与える恐れもあるため、試す場合は、注意が必要でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aoto
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる