Consultation 

2007年07月05日(木) 0時00分
Our team has 3 people, manager, my junior, and me. It has already passed 3 months since my junior joined our team. Recently, most of work is going well because she had learned a lot of things, like rules, the way of manageing etc. so it's very helpful for us, my manager and me. but today i was asked some my advices from my junior. as listening her stories, i realized that she is having a problem about her circumstance at work. she said that our boss give many jobs for her recently and it's very hard as she doesnt get a handle on the situation. In addition, she feels that the boss is strict with her more than before. so she is really worring about working. provably now, she is not interesting in her job and cant get motivated. fortunately, i have never feel about such a thing, but i gave some advices to her. to comunicate and make a good relationship are very difficult, but i think once we can make a good rerashion like TRUST, we can communicate smooth, and it makes our work more efficient. i think i'm in a very important position for our team. I have to keep our balance!

My crisis 

2007年07月04日(水) 0時51分
2 weeks ago, very very shoking thing hit us that was our president fired(?) from our company by US office. This fact made us so surprised and also sad. But business is heartlessness; time dont stop to tick even these kind of thing happened. From next day, there were our new president and everybody acted as if nothing has happened. I felt it was very strange, but got accustomed to new surroundings.

The former president didnt ask us to speak in English, but new president does. It's not difficult to understand, but this demand is very hard for me. Recently my manager often say that i should be able to master it in order to work for our company in the future. This task is hard for me but i find that i have to. But i am worrying how to learn English efficiently.
There are some ideas;
first is to listen Radio from BBC everyday,
second is to keep a diary, like this,
and to study with text book.
AND to talk to Native speakers ←this is most important and difficult as well.

Anyway, I must do for me, myself, from now on!!!

Reception Party 

2007年07月04日(水) 0時50分
Today we, i and my friend, went to a reception party of my friend's restaurant.
My friend from high school started to work for the restautrant from this month, actually the restaurant will open from 6th of July.
That was a party for celebrating to open.
I didnt know anything about today's party, just knew the time started. So when we arrived at the restaurant, I was surprised that there were so many people. I couldn't walk around in the hall because of being crowded. Before passing the reception, i met my friend's wife who was also 1 year serior to me in our high school. She held her baby in her arms. I was happy because she remembered me and talked to me. Her baby was so cute, she was crying though..
When we entered the hall, my friend was in a kitchen and seemed to be very busy, but fortunately i was able to talk to him. He was not change at all since we met last time, it was about 4 years ago? This fact made me very reassure. I don't know why i felt so, but maybe he is the one who knows about me from younger age and spent the same time when we were high shcool.
What's more, there is a good news, they will celebrate a wedding in Oct. and I was invited to it. I'm looking forward to coming to the party!!

あれからそろそろ2年 

2007年03月15日(木) 1時18分
留学→帰国→就活→卒論→社会人生活→イギリス再訪 を通して感じたこと

留学中とこの間のイギリス滞在で何が違ったのか。
はっきりとはわからないけれど、ひとついえることは、この間の私にはずうずうしさがあった。
留学中も帰国後も、自分の留学生活に何が足りなかったのかを考えていた。
再びイギリスに戻って気づいたこと、それがずうずうしさ。もとより、ずうずうしさのもとにある積極性。

留学中はみんなに煙たがられないよう、嫌われないよう、気を使いすぎていたのかもしれない。
この間みたいに何も後のことを考えないであるがままの自分をみせられたら
何か変わっていたのかな。
オープンになること、自分をそのままみせること、
それこそが相手に受け入れられるための第一歩。
ちょっと遅かった。悔しいなぁ。もっとみんなのこと知りたかった。
もっとみんなと話がしたかった。

でも私は大切なことを学んだ。これからは同じ過ちは繰り返さないようにしよう。

それからもうひとつ。もう2度とBenには会えないと思っていた。でも会えた。
この事実に感謝しなきゃ。そしてまた再会できるように、前に前に。
まだまだ会う人はいる。今度はKateにも会いにいこう。

すべての出会いに感謝します。

Flatmates 

2005年04月16日(土) 9時02分
もう寮のみんなと一緒にいられるのもあとわずかしかないんだね。
今日Benに20日ころに帰るってこと聞いて、なんだか淋しくなってしまった。
最近みんなとできるかぎり会話をしようと思ってる。
他のflatに比べたら関わりが圧倒的に少ないから。
一緒にどこかに行くことなんてまずないし、いまだに年齢のわからない人もいるし。

今まで文句ばっかり言ってた気がする。
みんなと比べてなんでこんななんだろう、って。
確かにうるさいし、汚いし、嫌なこともあるけど、
でも結局は努力が足りなかっただけなんだろうな。
もったいなかった。
きっと日本に帰ったらもう二度と会えないかもしれないのに。
半年以上いっしょに生活してるのになんだかさみしいね、そんなの。
ほかの子たちは連絡とか取ってるみたいだけど、男の子だし
きっといつか忘れちゃうんだろうね。

でもここでの体験は私にしかできない。
ほかの誰とも同じじゃない私だけのフラットメイトなのに、
なんで今まで気がつかなかったんだろう。

残りの1ヶ月ちょっと、みんなとの時間を大切にしよう。

I got it! 

2005年03月01日(火) 7時58分
今日はほんのちょっとTomとしゃべった。
よくやった!

やっぱり彼は恥ずかしがり屋なだけなんだよ。
今回もとてもはにかんでいた。。
何がそんなに恥ずかしいんでしょう。

ちょっと調子に乗って突っ込んだこと聞いてみたら、
Southern London出身だってことが判明。
電車で中心部から20分くらいらしい。
うちみたいじゃない。

5ヶ月経ってやっとフラットメイト全員の出身地を知ることができた。
長かった・・・

こらからもちょっとずつ聞き出してみよう。
trytry

***雪*** 

2005年02月23日(水) 2時06分
雪だぁああ。

昨日も降ってたけど今日も降ったりやんだり。

冬ってかんじがするから嫌いじゃないけど、今回ばかりはそろそろやんでほしいなぁ。

明日せっかくの試合なのに。。

グランドぐちゃぐちゃやだよー。

どうか晴れますように。

せめて雨と雪降りませんように。

アメリカン日和 

2005年02月22日(火) 9時11分
今日はほぼ毎週通いつづけているThe MISHにいってきた。

ひさしぶりに元祖メンバー以外の人に会ったなぁ。

アメリカ人(インディアナとカリフォルニア出身)の女の子ふたり。

彼女たちが夕食を作ってくれたんだけど、さすがはアメリカン。

ハンバーガーにパスタ(チーズとバターを混ぜたもの)
それに生のニンジン、りんご(ピーナツバターをつけて食べる)。

これだけ。

毎日こういう食事で暮らしてるんだろうなぁと勝手に思い、

そりゃ太るよねとか心の中で思いつつ、アメリカンな夕食をごちそうになりました。

やっぱり日本食はほんとに素晴らしい。

この点に関しては日本人であることを誇りに思います。


その帰り道、パソコンでの日本語変換の仕方について疑問を投げかけられて、

そういえば謎だよね、うん。

そうとうパソコンってあたまいいね。というより作った人やっぱりすごいです。

うちで実演してあげたら納得したみたいで満足そうに帰ってゆきました。

それにしてもイギリス人の女の子よりアメリカ人の女の子のほうが話が進むのはなぜ?

やっぱり一応お互い留学生だからかな。

イギリス来てアメリカの文化も知ることができるなんてお得だわ。

国際学生都市万歳☆

楽になった 

2005年02月20日(日) 9時55分
こっちにきて5ヶ月も経ったのになんの変化もない(と自分では感じる)ことに
正直いうと最近下向きかげんになってた。

でも昨日親に"しゃべれるようになるなんて思ってない。いろいろ経験してくれればそれでいいんだよ。"って言われてなんだか楽になった。

平気なふりしてたけど、やっぱりどこかでプライドとかプレッシャーとかそういうのがあったのかな。
だからそういわれて本当に楽になった。

だからってがんばらないってわけじゃないけど、
もうちょっと考えすぎないで、理想と現実を比べてばっかりじゃなくて、
ひとと自分を比較してばかりじゃなくて、
ただ自分のやりたいように 自分のために 生活していこう。

わかってたことだけどできてなかったこと。
マイペースに毎日を楽しむ。
それが大切。

ありがとう。パパとママのこどもで本当によかったと思います。

ブログを通して考えさせられたこと 

2005年02月18日(金) 5時02分
ここ数ヶ月、友達のブログをこっそりみるのが日課になっている。

最近就活のことが話題にのぼりやすい。説明会にいったとか、面接受けたとか。

自分がなにも動いていないから(実際、どうやっても動けない部分もあるけど)、

みんな成長しているのに自分だけなんの成長もないように感じてしまう。

実際みんなすごく大人なんだろうなぁ。

それに比べてなんの変化もない自分。

大学を決めるとき、部活の顧問の先生に
”おまえは一度挫折を経験したほうがいい”と言われた。

あの時は、あたしの人生全部知ってるわけでもないのに
なんでそんなこと言われなきゃいけないんだろうと思った。

でもいま考えると、先生にはみえていたんだと思う。

ただ傷つかないように知らぬうちに逃げ道へ進んでいるあたしの姿が。

いままではそれでそれなりにいい道を進めてきた。

でも今後、なんの成長もスキルもないあたしにどんな道があるのだろう。

ここでの成績なんて関係ない、実際に使えるものをモノすることのほうがよっぽど大切。

だからやっぱり逃げないで現状に向き合わなくてはならない。

せっかくの経験、生かすも殺すも自分次第。

よし、やるぞ!