かっすーのポチ

January 26 [Thu], 2017, 12:38
実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として目を止める存在となっています。実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌は活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。
乳酸菌とオリゴ糖は双方とも内臓の働き向上や健康には必要不可欠な成分だと主張することができます。



夜中に高い熱が出て、40℃を超えるほど上がって健康状態が悪かったので、病院にかかりました。結果、インフルエンザの検査が受けられますよと尋ねられました。
私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、確認したいと考えました。



インフルエンザにかかってしまったら、最初に栄養だけでもしっかりと摂るために食事を抜いてはなりません。薬も大切ですが、何より栄養を補給することも重要です。早急にインフルエンザを完治させるためにも、水と食事はきちんと摂りましょう。

朝昼晩と食欲がわかなくても、消化吸収しやすく栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。
便が出ない事って産まれてから死ぬまでに必ず一度は誰もが体験することの一つだと思います。

私もその一人で、最悪の場合は一週間便通が改善しないこともあります。便秘に効果的な薬もありますが、個人的にはを飲むのに抵抗があるので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖で腸内環境を整えています。

効き目が優しいのが安心ですね。


子供のインフルエンザを防ぐための注射に受診しました。私は怖くて目をつぶるのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射をしています。

予防接種の後は怖かったーと話していました。見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も語れませんでした。一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品といわれています。

苦しい便秘の方は、便が固く腸内に滞留した状態に到達しています。この状態を消えさせて、便を出やすく柔らかくするため、真っ先に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、腸内環境を改善するのが良いでしょう。

乳酸菌を必要以上に多く摂取しても副作用を心配することはありません。
しかしながらそうは言いますが、身体に良いにしてもヨーグルトなどでたくさん摂り過ぎてしまうと、カロリーオーバーとなる可能性があるのです。消化し吸収できる量には限界があるので、常識的な範囲を守っておくと確かでしょう。

この前、インフルエンザになって内科を受診しました。潜伏期間は何日くらいあるのか分かっているわけではないのですが、インフルエンザの人とどこかで一緒になってうつってしまったのだと思います。高い熱が3日続いていて辛い思いをしました。高い熱が熱発するインフルエンザなので、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。
妻は花粉症になってしまったから仕方なく、乳酸菌を摂取するようになりました。二年前から花粉症を発症し、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。治療薬を使うのは気が引けたので、テレビで取り上げられていた乳酸菌サプリを試しました。今のところは、これにより花粉症の症状が軽くなっています。病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などには、5日間出席できなくなります。インフルエンザに感染した際でも、発熱は数日で治まるので、登校したいと思ってしまうかもしれません。


熱がすっかり下がっても、体内にウィルスはまだ残っており、第三者にうつしてしまう可能性があります。



ですから、出席停止の期間は家にいることが集団感染を防ぐのに大切なことです。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haru
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる