どんなときでも

December 24 [Tue], 2013, 14:02
寮母は何をするべきか、知っていた。寮母がこの状況をどのように切り抜けられるか、ベッドがきれいになり、寮母が彼女に接近できるようになるにはどうしたらよいか、しばらく考えてみてほしい。選択理論を理解していれば、どんなときでも考えつくことができる。もしコミュニティの全員が、選択理論を知っていれば、皆が家で、学校で、ほとんどの人が今しているよりも優れた方法で、このような状況に対応できる。ベッドをきれいにすることは重要であった。「彼女にそうはさせないぞ。それを許せば、この宿舎全体がだめになってしまう。何があろうとも、ここで誰が責任者かはっきりさせなければならない。規則を守らせなければならない」寮母がしたことは次のことである。それは、純粋に選択理論であった。彼女が敵意を克服して、宿舎での新しい生活を受け入れるように手助けするという目標を達成した。彼女が問題を何か起こせば、次のような言葉が繰り返されるだろう。「あなたがどうしているか心配している女の子の一人に、ここに来てもらって、ベッドをきれいにするお手伝いをしてもらうというのはどうかしら」
自分を取り巻く人間関係


丁寧に話すほうがいい

August 14 [Wed], 2013, 17:31
今度はほとんど五分くらい待った。そして言った。前と変わらず快活な声で、まるで子供のご機嫌でもとるかのように、「ごめんなさい。ここには来ていません」私は言った。「その部屋にあるはずです。もう一度お願いしていいですか。本当にそれがないと困るのです」そばにいる若い女性は、私が狂ってでもいるかのような表情をした。二度も探したではないか。それ以上のことをしろというのか。電話の向こうの人は、今度はほんの十秒ほどで戻ってきた。前と変わらず快活な声で、あやまりもせずに、声の調子は、あなたのためにもう一度探して、とても幸せだったというメッセージを送っているようだった。「ありましたよ。ここにあります。こいつ、私の机の下に置いであったのです。どこに運べばいいですか」ホテルの若い女性に、このことをよく覚えておいて、客には丁寧に話すほうがいいと言った。彼女は驚いていた。しかし、私がなぜあのような対応をしたのか、その理由を尋ねなかった。受付の部屋から客のために荷物を取り出すことは、彼女の関心事ではなかった。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まりん
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ihkaeit/index1_0.rdf