YR-3003の運行開始は3月20日の

February 28 [Fri], 2014, 23:35
写真: マイナビニュース
北海道大学(北大)は2月21日、「髄洞」・「皮質洞」の近傍に、細胞膜貫通型タンパク質「α9インテグリン」に対する結合分子の1つで、細胞外マトリックスタンパク質の1つである「テネーシンC」が存在しており、これらの相互作用を抗体阻害することによって「CD4T細胞」の細胞移出が抑制され、炎症細胞が標的器官に到達できず、所属リンパ節に留まることを明らかにしたと発表した。

【もっとほかの写真をみる】

成果は、北大 遺伝子病制御研究所の伊藤甲雄 特任助教らの研究チームによるもの。iphone 4G ケース研究の詳細な内容は、日本時間2月11日付けで米科学雑誌「米科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載された。

リンパ球は絶えず全身を循環することにより、体内に侵入してきた抗原を迅速に認識・排除する仕組みだ。時計 レディース 人気リンパ系はこれらリンパ球の導管として働くことで全身の免疫監視機構を担う。「多発性硬化症」などの自己免疫疾患は、所属リンパ節内でT細胞が抗原を認識することによって活性化し、標的組織に到達することで病気を引き起こすと考えられている。グッチ iphone ケース

そのリンパ系の重要な器官であるリンパ節の出口に存在するのが「髄洞・皮質洞リンパ管内皮細胞」だ。そしてそこに発現するのがα9インテグリンである。iphone 4G カバーインテグリンは、これまでに18種類のα鎖と8種類のβ鎖が同定されており、アミノ酸配列の相同性や、結合分子の類似性からいくつかの亜群に分類されるのが特徴だ。α9インテグリンはα4インテグリンと共に独立したサブファミリーに分類されている。gaga 時計

そしてこのα9インテグリンの遺伝子を欠損したマウスはリンパ管の弁に機能異常が生じて、出生後早期に死亡してしまう。そのことから、α9インテグリンのリンパ管の機能におけるの重要性が推測されていた。時計 ガガミラノしかし、成体における機能は十分にわかっていないのが現状だ。そこで伊藤特任助教らは今回、α9インテグリンの機能解析を実施することにしたというわけだ。ケース コピ

伊藤特任助教らは生体内での機能解析のため、まずマウスのα9インテグリンに対する阻害抗体を樹立。炎症における機能解析のため、「完全フロイントアジュバント」により炎症を誘導したマウスに抗α9インテグリン抗体を投与し、リンパ節の組織学的な解析が行われた。
iphoneケースまた、リンパ管内皮細胞の詳細な機能解析のためにマウス胎児からリンパ管内皮細胞を単離して、テネーシンCによる刺激を行い、その後の応答が解析されたのである。

インテグリンは分子との結合によって機能を示すことから、初めにリンパ節内でのα9インテグリンとその結合分子の局在が解析された。iPhone 5 ケースコピーその結果、α9インテグリンを発現するリンパ管内皮細胞の近傍にはテネーシンCが存在していることが判明したのである。

この結果は、リンパ節内でα9インテグリンとテネーシンCが結合することで、リンパ管内皮細胞の機能調節を行っている可能性を示唆しているという。ケース コピー続いて、この相互作用を阻害するために抗α9インテグリン抗体が投与されると、リンパ節の髄洞・皮質洞が空洞化することが見出されたのである(画像1・2)。

この現象はリンパ球がリンパ節外に出て行く(=「移出」)を阻害した時に特徴的に見られる現象であることから、抗α9インテグリン抗体は細胞移出を阻害する効果があると考えられるという。時計 ガガミラノさらに、単離したリンパ管内皮細胞を用いた解析からα9インテグリンに対する結合分子、テネーシンCで刺激することによってリンパ球移出に重要な因子である「スフィンゴシン1リン酸(S1P)」の分泌が誘導されることも明らかとなった。

S1Pは、細胞膜の「スフィンゴミエリン」から合成され、多くの細胞では分解酵素の活性が高く、細胞外に分泌されないが、血小板や赤血球、リンパ管内皮細胞など一部の細胞は細胞外に分泌可能だ。iphone 4G ケースこれにより、血中やリンパ液中ではS1Pの濃度が高く、リンパ器官では低くなり、この濃度勾配によってT細胞などのリンパ球はリンパ器官から移出し、全身を循環することができるのである。

また、この細胞移出の阻害が炎症性疾患に対して治療効果を持つのかどうかを検討するため、多発性硬化症の実験モデルである「実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)」に対して、予防的な抗α9インテグリン抗体の投与が行われた。iphone 4G ケースその結果、抗体投与によって、EAE症状が軽減されることがわかったのである。
羽後本荘〜矢島間(秋田県由利本荘市)20.3kmの鳥海山ろく線を運営している由利高原鉄道はこのほど、YR-3000形3次車1両(YR-3003)を3月に導入すると発表した。iphone 4G/4s ケース

YR-3000形は、2012年から導入が始まった由利高原鉄道の新型車両。2012年にYR-3001、2013年にYR-3002がそれぞれ導入されている。シャネル 携帯ケース車両の構造などは統一されているが、塗装は車両ごとに異なっており、YR-3001は緑を基調としたデザイン、YR-3002は赤を基調にしたデザインとなっている。今回導入されるYR-3003は青ベースのデザインになる。携帯カバー

製造元の日本車輌製造豊川製作所(愛知県豊川市)からの貨物列車による車両輸送(甲種輸送)は、3月7日から8日にかけて行われる。運行予定時刻は豊川11時57分発〜豊橋12時12分着・12時14分発〜新鶴見信号場18時25分着・18時39分発〜南長岡3時22分着・4時29分発〜新津5時18分着・5時20分発〜羽後本荘12時45分着。グッチ iPhone5s ケース

YR-3003の運行開始は3月20日の予定。これに先立つ3月11日には、矢島駅構内にYR-3000形3両を並べ、ホームから見学できるようにする。ipad2 ケース見学時間は1回目が9時〜9時30分、2回目が9時50分〜10時20分。
リンパ節におけるT細胞の抗原認識・活性化後の細胞移出は、さまざまな炎症性疾患に共通した重要な現象であることから、α9インテグリンの阻害は炎症性疾患の治療標的として有用であることが期待されるという。ipad2 ケースさらに今回の研究では、α9インテグリンの阻害は所属リンパ節からの細胞移出を阻害するが、非所属リンパ節からの細胞移出には影響しない、という結果が得られている。この結果は全身のリンパ球循環すなわち免疫監視を保ちながら、抗原認識した炎症細胞の標的器官への到達を妨げるといった副作用の少ない新しい炎症疾患の治療法として期待されるとした(画像3・4)。腕時計 gaga

今回の成果により、α9インテグリンを標的としてリンパ球の動態を調節することは、炎症性疾患の新規治療法に繋がる可能性を示しているとしている。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ihi9/index1_0.rdf