September 16 [Tue], 2014, 20:24
雲に含まれる微細な霰や氷の粒が摩擦静電気を発生せしめ、これが一定量を超えると放電現象となって地表に落ちる。この際に大気中の絶縁を破壊するため、大きな音と激しい光、落下先によっては発火などを伴う。

古代から雷は(電流・導体というものが理解されなかった時代には特に)天の怒りまたはその予兆として捉えられ、また一瞬で撃砕する様子から神の仕業にも例えられた。現代でもその暴威は健在で、これが電柱などに落ちると雷サージによりパソコンなどが撃砕されてしまう。

なお、たまに誤解されているが、雷が地表に落ちる速度は光速ではなく、平均しておよそ200km/s程度と言われている。この数値は我々の感覚からすれば十分速いが、残念ながら光速は約300,000km/s。光速の方が1000倍以上速いのである。

武中法律事務所 評判 中傷
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaminari男
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
アイコン画像
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ihgfdre/index1_0.rdf