心がこもったプレゼント

August 24 [Sat], 2013, 5:57
"実親。そういうのはあなたを生んでくれ、育ててくれた特別な存在でございました。そういう実親へプレゼントをしている機会は誕生日、結婚記念日等なにかとと有ります。真相、わたしも多くのプレゼントをしてきましました。

この体験から、著者はプレゼントに最も必須だと言い分るのは「心」と言えます!そちらの点で今回は、筆者が実践した「心」のこもったプレゼントをしている手順を披露します!

心がこもったプレゼントとは?

プレゼントにどういう「こころ」をこめればいいのですか。喜び?努力?祝福?そういうのらもいいと言えますけど、筆者が言い分る、プレゼント、とりわけ実親へのプレゼントに込めるべき心は、「感謝」と言えます!!生まれてきてから今まで、皆さんもご実親にかわいがられ、時には怒られて、育ててきてもらったはずでございました。

記念日はそういう感謝の心を伝えるのにとてもいい機会でございました。是非、プレゼントには「感謝」の心をこめてちょうだい。

心をこもったプレゼントを贈るポイント

じゃあ、どうすれば心のこもったプレゼントを贈るということが出来るのですか。

1:サプライズ!

やはり、「心」を感じさせる為にサプライズは欠かせないでしょう。かといって、実親に何もきかずに実親がひとつも欲しくないものを買ってもいけないでしょう。

プレゼントしている何か月も前から、そういうのとなく欲しいものを聴き出しておきませんか。


イタリアンが一番!


2:不可能をしない!

親はたいてい、あなたのキッズの言い分るということや収入をなんとなく知っています。そういう場合であなたの収入にあわないものをプレゼントしても、驚きや喜びの後に不安が来てしまう。例をあげると、自分が月収約25万の息子、あるいは娘に(居ない人はいると仮定してちょうだい)贅沢車をもらっても不安になりますだけだと思いる。

つまりはどうにかこうにかプレゼントをしても意味が無いことでございました。なので、プレゼントはあなたの収入にあったものを購入しませんか。

喜ばれたプレゼント

筆者がポイント1,2を踏まえて贈ったプレゼント、そういうのは親戚たちを招いての誕生日飲み会と言えます!

その日の流れ

筆者には姉がいるのと言えますけど、この姉が実親を連れてショッピングに連れて行っています間に、待機してもらっていた親戚たちに手伝ってもらいながら、輪飾りで飾り付けをしたり、食事を盛り付けたりして実親を待ちましました。

結論は...見事!実親は驚いたような顔をした後、場合に気づいてとてもよろこんでくれました!またフィニッシュにはショッピングに行ったときに欲しがっていたマッサージ器をプレゼントしました!

食事は親戚たちに作ってきてもらいました

おわりに

初めにも言いましたが実親へのプレゼントは、友人へのプレゼント等と異なって高ければよい理由ではない。プレゼントに「心」を込めて、幸せの記念日にしてあげませんか!!"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きょう
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/igw295u3/index1_0.rdf