ホリスフィールドリクガメとまーちゃん

August 22 [Mon], 2016, 17:09
介護士がどんな風に思われているかというと、白衣の天使という呼称があるほど、世間的には、印象良くとらえているという人が多いでしょう。ただ、介護士の勤務の実情に着目してみれば、収入はそこそこあるとはいっても、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。肯定的側面を見るだけではなく、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。
介護施設の統廃合続きにより、医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。
日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も必要で、多くの介護士が大変な激務の状態にあるということです。男性介護士も増えてきてはいますが、いまだに女性の方が多い職場なので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、行きたいときにトイレに行けない介護士が便秘に悩まされがちというのも分からなくはない話です。
出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。ただし、そうしてうまく、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。

よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。
実際に、こうして働いている介護士は多いです。家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、出戻ってきて、働く人も増加中です。職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが介護士です。
そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。
あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、その技能を一番発揮できるポジションにつくことができるでしょう。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。
仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例としてカタカナでエッセンと書く言葉があります。これは、食事をとりに休憩してきます、ということを勤務している他の人に知ってもらうために使用している現場は多いようです。
ちなみにエッセンとは何かといいますと、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。昔は、介護現場でドイツ語がよく使われており、現在までその習慣が微かに残っていて今でも便利な言葉として、介護士の皆さんに使われています。

交代勤務を代表に介護士の仕事は大変ハードでも、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。担当の患者の状態や処置についてを理解して、しっかりと交代する介護士に伝える必要があります。簡単な伝言で済むレベルのものも多いとはいうものの、患者の生死に関わる重要な情報については安易な気持ちで申し送りできないものです。


収入面において、介護士という仕事は、主に女性が担う一般の職に比べ、けっこう良い給料をもらうことができます。特殊な、介護現場という場所での労働ですし、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当もきっちりもらえるから、ということです。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか残業を厭わずに長時間こなすというような介護士ですと、給料はもちろん、通常より相当、高いものとなっているはずです。勤務や休みをある程度自由にすることができ、希望に沿った仕事を選べたりもする、等々が介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。単発の仕事あり、短期のものもあり、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。


なので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、職を探すのも一つの手です。



何かと業務が多い介護士ですが、それだけに、職場においての有用性、必要性は高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。24時間いつでも稼働している介護施設が職場ですから、介護士も24時間、介護施設に滞在することになります。そこで、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。こういった勤務形態ですから、生活リズムを上手にコントロールできなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。介護士資格の最大の利点は、なんといってもたとえブランクがあったとしても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。
どうしてかというと、介護士の仕事が専門職だということ、人手不足であるということが深く関与しています。

転職先も雇用形態も特に希望しなければ状況次第で50代だったとしても、復職が可能です。

働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。
よく聞くのは不規則な勤務形態ではないでしょうか。休日や休みの時間にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの悩みをよく聞きます。

または、労働環境が過酷で休みが取れないということも珍しくありません。きちんとした休みを望むのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。介護士の不足は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。
原因としては、介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。
介護士が医師の指示がなくとも一部の介護行為をできるようになったため介護士にかかる負担が増え、仕事に拘束される時間も長くなり、休みも簡単には取れません。


あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、辞める道を選ぶ人も多いのです。
一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる介護士長の仕事と言えば、介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。普通に課長職といっても、その年収が企業によって違うように、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。そのほかにも、公立介護施設と民間介護施設ではまた違いますし、介護施設がある地域が年収に影響していることもあります。



具体的には、最も収入の良い公立介護施設に勤めた時の年収は、750万円位だと想定されます。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。



病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、土日が休日になるでしょう。変則的な出勤があったり、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。


そして、入院施設がなく、個人経営の介護施設に勤めると、診療科にもよりますが、たいてい土日は休みでしょう。改めて言うまでもなく、介護関係の代表職である医師と介護士ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。端的に言えば、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたりそのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。
それに対して、介護士は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療時に医師の補助を行って、患者さんのケアをするということが中心です。



あまりイメージに無いかもしれませんが、介護施設外の介護士の仕事場として実のところ、保育園が挙げられます。職場が保育園となると、子供好きの介護士には、最適な職場でしょう。

保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児の体調管理と共に、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする責任のある仕事だと言えます。
誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。



料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。
そうはいっても、ここ数年の間に介護士の着る制服というのも変遷を遂げており、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。


過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。


患者という立場から見ると不安を解消し支えてくれる介護士の存在は本当にありがたいものです。でも、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。

覚えておかなければいけない仕事やチェックを繰り返し、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。

こうした仕事のストレスから、介護士の中にはうつ病になっている方も今では珍しくありません。介護士に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。



普通、介護士としてキャリアを積んでいくと出世していきます。



例えば、婦長といったら一般的にも分かりやすい役職だと思います。


しかし、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。


昨今の介護士不足の影響で、看護学生やパートの介護士も多くなっていますので、国家資格を持った正介護士の立場では役職的には上の立場に立っているという訳です。


役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。
仕事場が介護現場であるだけに、介護士の責任は重くなかなかリラックスできる暇などなく、これが続くとどうしても自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、精神的なきつさも感じることになります。
そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を持っているということは大きな利点であり、この先も長く続けたい場合は重要なキーポイントになり得ます。介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて夜勤勤務に従事することになるはずです。
なくてはならない夜勤業務ですが、人手がだいぶ減ってしまい、それなのに、夜半に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。
そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおおむね日勤よりも多くなるのが普通です。

基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは職場によって違うのです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトを組んで働きますので、休日勤務や平日休みになることが普通です。むしろ、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。



一昔も二昔も前の話になりますが、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に介護士という仕事は感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、昨今、介護士と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るといった事実について、急激に周知されてきているようです。

何しろ介護士の給料といえば、家の屋台骨として充分に、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。こうしてみるとよくわかりますね。

介護士は給料の高い専門職だということです。昔はあまりメジャーではなかった介護士の能力評価に関して、最近ではこれを行っている介護施設は多いです。介護士個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか評価することを可能にするため、一からスケールを作っていった介護施設もあるようです。月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という介護施設もあります。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、介護士としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。
介護士として外科で働く際の長所と短所を理解しておきましょう。


これから手術を受ける患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、介護士としての技術が学べることです。マイナス面としては、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期に渡って落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。介護士の資格を取得するには一般的に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。

そして、専門学校の利点は何でしょうか。
それは、学費が大学に比べて安いということと実習に多くの時間を割き、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。



実は同じ介護士でも格差があるのはご存じでしょうか。



たとえば正社員として働く介護士は月給制です。

でも、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。具体的な金額としては昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが大体の相場らしいです。時間いくらのパート勤務にしては良い時給なのかもしれません。


しかし、介護士として、人命にかかわる業務をこなし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、どうしても安く感じてしまいます。
以前は疑う余地もなく、介護士をするのは女性という感じだったと思いますが、ここ最近になってだんだん男性が介護士になる割合も高まっています。日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性介護士の存在は有難がられることも多いです。女性と年収に関しては同じですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでその分、キャリアアップできる機会も多くなります。介護士として患者から信頼してもらうためにも、働く介護士は外見に気を付けておくことが重要です。女性の介護士の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが良いでしょう。
スッピンとはまた違って、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がまた違ったものになるでしょう。
常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。
それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、小さな子供がいる人でもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、ともあれ働き続けていられるということは、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。
ついでに言うと、介護士も他業種と同じように8時間勤務です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hiyori
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ighmtriscdnikt/index1_0.rdf