アンチエイジングの為のプラセンタ選び

August 25 [Sun], 2013, 18:44
女性にとって吹き出物やくすみなどの肌のトラブルは大きな悩みです。特別、年上にみられてしまうのは気分が良くないので、エイジングケアにはとても気になると思います。その上、大半の人が肌年齢の進行阻止で人気がある成分であるプラセンタの使用を考慮しているのではないでしょうか?

プラセンタ製品に含有している大半のプラセンタは、豚や馬といった動物由来のプラセンタです。しかし、プラセンタの中には動物ではなく、植物から抽出されたエキスを利用したものを、プラセンタ商品として売っている場合もあります。

両方ともプラセンタとして間違えはないのでしょうが、この二つのプラセンタには異なる部分があるのです。EGFやEGFなどの成長因子(グロスファクター)と言われる物質があるかないかです。

成長因子(グロスファクター)は肌年齢の進行阻止には重要な成分なのですが、植物プラセンタは成長因子を一切含んでいないため、アンチエイジング効果を得ることはほぼ出来ません。

植物プラセンタが入っているプラセンタ製品は、価格も安いものが多いので購入しやすいのですが、肌の老化防止効果はまずないので気をつけてください。

ただ、植物由来のプラセンタも役に立たないなんてことはなく、美容全般や体の調子が良くなるなどの効果を期待できます。それでも、肌のアンチエイジングを考えている人には、大した効果は期待できないので要注意です。

豚のプラセンタはエイジングケアの働きは得られないの?

June 15 [Sat], 2013, 2:54
美肌成分のプラセンタにも材料となるものがいくつかあり、馬や豚などの胎盤から取り出したプラセンタのエキスを利用して、サプリメントやドリンク、それから化粧品といった美肌商品が作られているみたいです。

こうしたプセンタ製品に使用されているプラセンタの多くは、豚由来のプラセンタで、高級なプラセンタ製品には、サラブレット由来の馬プラセンタが使われているようです。

こうして見ると、豚のプラセンタよりも馬の方が高級感があるので、プラセンタからもたらされる有効性もそれに伴ない大きいと思うのですが、実際のところはどうなのでしょう?

豚プラセンタが馬プラセンタよりも安いのは、豚プラセンタの方が生産しやすい分、低コストで製造できるということがあるようです。

豚は出産時期が決まっていないので、季節に関係なくプラセンタを取り出すことが可能ですが、サラブレッドの出産は年に1回、春先にしかおこなわれないので、プラセンタを精製できる時期が限定されてしまい、そのせいで、馬プラセンタはコストにも影響がでてしまうのです。

ですから、豚プラセンタがリーズナブルに入手できるからと言って、エイジングケア働きが期待できないなんてことはありません。豚プラセンタにも、デンマーク産などのブランド豚から精製された安全性と品質の高いプラセンタを使用すれば、アンチエイジングにも大きな作用が期待できると思います。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうか
読者になる
2013年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる