保科が光

November 24 [Thu], 2016, 9:43
葉酸という言葉は、あんまり普段は聞きなれない言葉ですが、妊娠すると絶対に耳にするビタミン、栄養素です。実は母子手帳にもその摂取が必要だと記されてあるほど重要なんですね。すすんで取り入れることを推奨します。手軽に葉酸が摂れるサプリなんかもいっぱい売られています。
妊活においては、ママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、夫婦において、妊活は男女ともども行うものといえます。では、男性が出来る妊活の一つ、食べた方がいいものが何かみていきましょう。男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、主に亜鉛、アミノ酸の一種アルギニン、ビタミンのうちEとB群などを挙げることが出来ます。こういった栄養素を毎日食べるようにして、さらに妊活の効果を上げていきましょう。妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、造血に必須の栄養素です。これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠確率が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。
そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなるだけでなく生殖機能そのものが底上げされ、妊娠しやすい体作りができるのです。妊活は女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それが葉酸の摂取です。ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。



原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。

葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で賄うために、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人がいらっしゃると思います。


ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。



そのため調理の際の加熱によって葉酸が溶け出てしまっていることもあります。



一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不足している、という場合もあります。私が知る限り、妊活の際に一番、重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。

日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方はいつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。


多くの方が、妊娠検査キットで妊娠を知ると思います。
ですが、それより前から赤ちゃんを授かっているのです。


早い段階で十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。真剣な妊活を計画するならば、まずはきちんと産婦人科で検査してみましょう。
そうすると、妊娠に相応しい体ができあがっているのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが確認できますから、妊活を始めるにあたっては、不妊検査は必要不可欠なものなのです。
医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、授かった赤ちゃんの健康にも影響しますから、検査を受けない理由はないと思います。

妊娠初期に葉酸が足りないと、お腹の赤ちゃんの成長に影響が出てしまうことは多くの方が知っていると思います。
ですが、摂取しすぎた場合のことは思ったほど知られていないように思います。どうやら発熱や蕁麻疹を引き起こしやすくしたり、子どもが将来、喘息で辛い思いをする確率を高めてしまうことがあるようです。

今後は葉酸の取りすぎにも、気をつけるようになさってくださいね。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:志歩
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる