胃がんの名医と呼ばれる専門医がいる病院での手術や放射線治療、食事療法、抗がん剤など

胃がんの名医の探し方 
ガン治療に最も効果的な食事法

胃がん名医のいる病院で治療を受けることによって、完治を果たしたいと思うなら、まずは情報収集が要となります。十分な情報を獲得することに成功できれば、名医を見つけることはそれほど難しいことではありません。

実際のところ、ノウハウが分からないために、胃がんの名医のいる病院を見つけることができないことが多いでしょう。

胃ガン名医をこうして見つけた 告知と胃ガン名医探しの始まり
命を脅かす重病である以上、胃ガン名医の診断と治療を受けたいというのは当然の希望でしょう。 ... いくら胃ガン名医を見つけることができたところで、お金がなくて治療費が支払えないというのでは、苦労が水の泡です。 ...

日本の名医
小野裕之 医師(消化器内科医)胃がん(早期) 静岡県立静岡がんセンター ... "スキルス胃がん"も「5年生存率48%」という世界でも. 驚異的な手術実績を誇る ... 野球王監督(胃がん)の主治医にきまった名医. 慶應義塾大学病院 一般・消化器外科 診療科部長 ...

評判の名医取材|びょういんぐ
名医 大阪府の医療機関 優良病院検索びょういんぐは「人」をテーマに優良な病院、名医の取材を行い紹介する新しい形の病院検索サイト。お医者さんの人柄や本音など、 ... 胃炎 胃がん 胃潰瘍 大腸ポリープ 大腸がん 大腸炎. 男性型脱毛症 骨粗鬆症 ...

ウェブよい病院、よい医院、名医というもの
(名医リストの危険性)2001/01/30. 本田整形外科クリニック 本田忠. はじめに ... たとえば胃癌の手術成績一つをとっても、施設によって対象者や重症度も異なる群に手術をして行うわけですから、軽い群の施設の成績は非常に良い。 ...

「ガンの名医」100人
「ガンの名医」100人. 部. 位. 医師名. 科目・肩書. 病院名(所在地)・電話番号. 特徴・治療方針 ... 1万2千例の胃ガンデータベースで治療法を選択。 化学治療も併用. 丸山雅一 (内科部長) ...

ウェブ名医 のいる 病院 選びのヒント満載! ドクターズ・アイ 医者 が ...
名医 の居る 病院 選びのヒント満載! ... 人気の胃がんを取り扱った3番組と、糖尿病を取り扱った3番組も新たに加わり、全97巻となりました。 ... ドクターズ・アイ 名医がすすめる専門医 「これ以上の専門医を見つける自信はありますか? ...

ウェブガンの名医!神の手を持つ医師
ガンの名医や神の手を持つ医師など、テレビで放送されたスーパードクターを紹介してます。脳腫瘍の名医、福島医師を初め大腸がん、肺ガン、胃ガンその他の名医も紹介 ... ガンの名医. 大腸ガン. 胃ガン. 肺ガン. 肝臓ガン. 乳ガン・子宮ガン. 食道ガン ...



胃がんの名医を探す方法

あなたは、「癌」という言葉を聞いて、どう感じますか?

そう、まず頭に浮かぶのが「死」につながる恐怖ですよね。
そして、「癌」の進行度、手術で全て取れるかどうかが一番気になるところでしょう。

手術で、全て取れる場合は一安心、不幸中の幸いと、ホッと胸をなでおろすのが普通です。

やっかいなのが、転移がある場合です。
全て取り去ることは不可能な場合が多く、見えているところは取れても、どこに癌細胞が潜んでいるかわかりません。

私の母もそんな状態でした。

このような場合は、全身療法である、抗癌剤治療が普通ですが、母は副作用を恐れて拒否しました。

そして選んだのが、体力を落とさない免疫療法だったのです。

それで、どうなったと思いますか?

医者から、1年以内の再発の可能性が大と言われていながら、母は18年間、普通の人よりも元気で、人一倍明るく、日本中を旅行したり、絵を描いたり、第二の人生を楽しんでいました。

実は、母の姉、その娘である従姉、などが次々と癌に冒され、手術しても取りきれず転移した癌に倒れたのを見てきた母は、抗癌剤の副作用の恐ろしさをよく知っていたのです。

その時選んだ免疫療法は、当時世界中から使用希望者が訪れているとマスコミや世論が盛り上がっていた、丸山ワクチンでした。

丸山ワクチンは、なぜ「癌」に効くのかという理由は、当時は正確には解明されていませんでしたが、国立がんセンターで余命2か月と言われた肺癌の患者さんが、6ヶ月後には「癌」が消え、1年後には社会復帰したという劇的な効果の例などがあり、世間でも評判でした。

その丸山ワクチンも、50年間の免疫療法の歴史からいうと第1世代。
免疫療法は、現在は第4世代に入っています。

その研究の進化はめざましいものがあり、科学・生物学的になぜ「癌」に効くのかという理由が解明され、さらにその免疫力の基であるリンパ球の中のNK細胞、NKT細胞をいかに癌細胞の攻撃に向けるかという研究がされています。

そして、このような癌を狙い撃ちする免疫療法(樹状細胞療法)は、高度先進医療として、いくつかの他の治療法(IMRT=強度変調放射線療法、重粒子線治療等)とともに国をあげて臨床試験が行われていますが、健康保険の適用外なので、自費診療となってしまい、患者さんの経済的負担が大きくなってしまうところが問題です。

そこで、この治療を健康保険の負担程度で受けられる方法はないかと探しまわり、一定の条件にあてはまれば、通常の健康保険の負担額で受けられる方法がありましたので、今回の改訂版で紹介しています。

1990年以降、欧米では「癌」の死亡率が下がってきていますが、日本ではまだ上昇傾向にあります。

日本では、まず通常の治療法が優先され、特に再発を抑えるためには、抗癌剤による治療が多く行われています。そしてその抗癌剤の副作用で、逆に体力を落とし、癌に負けてしまうという結果を招いているようです。

一方、アメリカでは、1985年に、NCI(アメリカ国立がん研究所)所長デビタ氏が、上院で「抗癌剤では癌が治せないことが理論的にはっきりした」と証言し、それから、第4の治療法の研究が進みました。

治療法は年々進化し、もう少しで誰もが「癌」を恐れない時代が来ると思います。

今でも、最良の治療法を選択し、適切な治療を受け、末期癌を克服している方々が存在するのですから。


 
   
ガン治療に最も効果的な食事法
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!