寮なんかじゃなく、賃貸にしとけばよかったなと悔やんでいま

July 08 [Fri], 2016, 3:45

引越しのために荷物をまとめる時に皿とかグラスなど、雑貨で割れやすい物はタオルや洋服等でしっかり梱包しますいらなくなった雑誌。







新聞紙もいいですが、予想外に量が多くなり、処分が困難です。







引越し作業がお終わると、大量の空っぽのダンボールが出ますし、さらには紙くずも出ると案外、スペースを取ってしまいます。







私は過去に分譲マンションで二人用のベッドを使用していました。







過去のいきさつで住居を手放し、狭い賃貸しタイプの棲家へ引越しすることになったのですが、ベッドが大きすぎて部屋に配置できないことがわかりました。







残念ではありましたが知り合いに譲り、無事に転居を終えましたが、購入した新しいベッドは次に棲家を移動する時に入らないと困るので、シングルにしました。







一括で引越しの見積もりを利用するのは初めてでした。







たくさんの問い合わせの時間が省けて、大変楽でした。







利用した後日、引越し業者の複数から、見積もりのために伺いたいと返信がありました。







重ならない時間調整が頭を悩ました。







前日に引越しのキャンセルをすることになり、引越し業者へ連絡してみると、キャンセル料として、引越し代金の10%がかかりますと宣告されました。







以前はまた別の引越し業者でキャンセルをした時は、引越しの前日でも引越し代金を全額支払わなくてはならなかったので、今回は負担が少なく済んで安堵しました。







引っ越し業者に荷物を運んでもらう場合でも、自分自身である程度梱包を行っておけば、比較的、引っ越し料金を節約できます。







それに加えて、当日、引っ越しに掛かる時間も短くなり、ほかの行動に移れるようになります。







テレビのCMや雑誌の広告などで全てお任せできることを売りにしている引っ越し業者でも実際にはいろんなプランが用意されてますので、一度調べてみることをおすすめします。







引越しをする際、土日祝日はコストが高くなります。







土日祝日が休みの人がたくさんいるので、引越しを希望する人が集中してしまうからです。







電気料金でも、使用者が集中する日中は割高で、使用者の減少する夜間の方が割安ですよね。







なるべく人気がない曜日を選択すれば、安い引越し代金で済むでしょう。







住処を変更すると、電話番号が変更になる可能性が出てきます。







同じ市区町村内の住所変更の場合でも、収容局が現状と変わると、現在までの電話番号が使用できなくなるでしょう。







電話番号変更の連絡を流すこともできますが、新住所と共に新しい電話番号も必要なところにはお知らせしておいた方がいいです。







先ごろ、引越しをしました。







引越し業者に依頼しましたが、それにも関わらずやはり大変でした。







大変だったことを挙げると、様々な手続きです。







行政区域が変われば、印鑑証明のために印鑑登録も必要とされました。







あまり必要ではないのですが、一応登録しておきました。







引越しをプロに依頼する場合、布団はどうしたらいいだろう?と考えるかもしれませんが、その場合、事前に確認するべきでしょう。







全体の8割の場合、引越し会社は引越し当日、オリジナル布団袋を用意してくれ、これに入れて汚れがつかないように引越し先まで運んでくれます。







家の購入を機に、転移しました。







東京都から埼玉県へ転移します。







メンテナンス等で力を貸してくださるディーラーの方にナンバーの変更の有無を尋ねられました。







運輸局で手続きをする必要があるみたいですが、やらない人も実際には多いそうです。







私も東京のナンバープレートをそのまま使用しています。







以前に私は分譲マンションでシングルの倍の幅があるベッドを使用していました。







とある事情で住居を手放し、広さが十分でない賃貸へ引越しすることになったのですが、寝台が大きすぎて部屋に入らないことがわかりました。







残念ではありましたが知り合いに譲り、何事もなく引越しを終えましたが、今回買ったベッドはもしもまた引越っこすようなことがあった時に入らないと困るので、大きくないシングルベッドにしました。







あらかじめ引越し業者の指示があると思いますが、引越しの前日には、冷蔵庫の電源は抜いておくようにしましょう。







その理由は、冷凍庫に付いた霜を溶かし、そうして溜まった水をあらかじめ取り除くことができるからです。







こうしておくことで、移動しているときに、他の荷物や家の設備などに水が掛かることを防げるのです。







近い距離の引越しの時は、大手の引越し業者に比べ、地元密着系の引越し業者がよりいい場合もあります。







地元密着型の引越し業者は、価格が安くて細かい要望にも対応してくれるところが多いです。







また、自分で運べるような荷物は自分で運ぶようにして、大型家具や家電だけ引越し業者に頼めば、料金を削減できるかもしれません。







引っ越しを終えたら、最初にネット回線を開設しなければなりません。







今まで使用していた会社を使用することができればいいのですが、引っ越した先によっては現在使っている会社を使用不可能な場合があるので、引っ越す前に確認しておくことが大事です。







ネット回線会社に尋ねてみると、教えてもらえる場合もあります。







自分だけの引っ越しは自身と家族だけでやった方が費用が安く済むし節約できると思うかもしれません。







でも、本当は大きな物の運ぶのは大変ですしすごく時間と手間を必要とするのです。







ならば、引っ越し業者の単身パックを依頼した方がコスパもよいですし、早く楽にできるので、お勧めです。







引っ越し決断に伴い、エアコンを処分しなくてはならなくなりました。







一般的な賃貸ですと、エアコンが装備されてます。







今住んでいるところは、年代物の寮だったため、エアコンは、自分で付けないといけない事になっていました。







寮なんかじゃなく、賃貸にしとけばよかったなと悔やんでいます。







引越しにつきものなのが粗大ゴミ整理です。







引越しの時に処分するのは困難ですから、早いうちに大きな粗大ゴミは捨てていくのがよいと思います。







荷物をまとめ始めるのと同じ時期に粗大ゴミを捨てておけば、のちのちが楽になります。







処分する日程を前もってチェックしておくと安心です。







転居で最も必要なものは運搬する箱です。







小物もきちんと整理して段ボールに収納しておけば、引越しにかかる時間も大幅に短縮でき、引越し業者も助かります。







段ボールは引越し屋がサービスでくれることも大多数ですので、見積もりの時に確かめるべきでしょう。







通常のケースでは、引越しに追加で費用が掛かる事はございません。







ただし、それは、業者からの、事前の見積もりがあった場合や自己申告した荷物量が正しい場合のみです。







引っ越し業者は、トラックの容量や作業時間で引越し料金を算出しています。







もしも、大幅に上回る場合には、追加料金を取られるでしょう。







転居はいくらかかるのかという概算はできるだけ早くに依頼したらいいですね。







ギリギリになってしまうと、先を急ぐあまり妥協してしまいがちです。







それと、早めに、業者の選定をした方が引っ越し費用のコストダウンもできるでしょう。







お願いできる業者が限られることもあるので、注意する必要があります。








マネーの真実
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ig4626g
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ig4626g/index1_0.rdf