名前のちがいで悩む人がいるようですが今の時代

May 25 [Wed], 2016, 22:26
名前のちがいで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と調査社の差はこれといってないと思っていいと思います。調査と報告が業務であるという点はどちらも変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。不倫調査という点でいえば、区別して考えることはないでしょう。

もっともジャンルごとの得手、不得手は、会社によりそれぞれ微妙に異なるため、契約前に掌握しておきたいものです。

探偵業者に回ってくる依頼の多くは浮気調査です。奥様の第六感的にあやしいから、自分以外に相手がいるのかどうかしりたいというものから、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、目的をはっきりさせれば、幾らでもそれに応じてくれるはずです。



パートナーはもちろん、浮気相手から慰謝料を貰おうと思ったら、証拠の精確さが大事ですから、やはりプロの探偵に依頼するのが最良の選択だと思います。男女の関係の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずにして貰うことは不可能ですから、できるだけ信頼できるところにおねがいしたいですよね。



安くて良かったからと依頼したらスタッフがアルバイトで、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルに発展することがあります。
後悔しないために、契約する前にインターネットの評判などを調べてみて、変な業者はふるい落としておくことが大事です。
興信所に異性との遊び調査を依頼すると、テレビでよくやっている探偵物のような方法でターゲットの調査にあたることもあります。相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。行動と場所と時間のパターンを分析した上で、必要があれば周囲にきき込みなどをすることもあります。

また、社外秘として公表されていない調査手法などもあるのは事実です。
異性との遊び調査に対して探偵に払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。
実費としては調査の際にかかった交通費とか写真撮影にかかる費用などですが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるでしょう。

そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、計算した費用です。

浮気調査を行う期間が短ければ費用も安くすむワケです。
浮気の事実が判明し、離婚調停や裁判ということになれば、異性との遊びの証拠が不可欠です。
証拠に採用されるものとしては、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、珍しいところで誓約書や絵馬等ももありますします。


また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みなどが不倫行為の裏付けとして認められることが増えました。もし、貴方が男女の関係などに向き合うことになり、慰謝料を請求する場合には、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、何回もやっているのなんだったら、その都度都度の過ちの証拠を手に入れなければ駄目です。



貴方が、調査に助けをもとめるのであれば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を映像にのこして貰えますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を整えて貰えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リョウタ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ifgfchitgele5a/index1_0.rdf