インプラント治療の成果を左右する生活習慣

June 22 [Wed], 2016, 0:31
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって何種類かのタイプがあります。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。
インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yusuke
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ifchws1p1t9ate/index1_0.rdf