輝美だけどグレート・スイス・マウンテン・ドッグ

June 01 [Wed], 2016, 0:56
働き方の違いで、介護士であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。具体的な金額としては昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。

パートの仕事の割には結構良いように思えますが、介護士として、人命にかかわる業務をこなし、かなりの激務をこなしていることを思うと、金額的に少々不満です。


介護士の職業は、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、一般的には好意的な印象を与える仕事であると思います。
しかしながら、介護士の勤務の実情に着目してみれば、収入としては決して少なくはありませんが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている介護士も少なくないのです。

良い面だけを見るのではなく、介護士の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこのイベントに参加する介護士の方は少なくありません。同僚の大多数が女性、ということも多く、男性と出会う機会が少なく、「結婚したい」という介護士達が、街コンに繰り出しています。

街コンにおいても、「介護士」という仕事は人気が高いです。

ただし、もし、恋人同士になれたとしても、お互いの休みが合わなかったりと破局をむかえることが多いと言われています。



介護施設での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。



そして、病棟勤務とは違って、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。
外来勤務が忙しくなるかどうかは、介護施設による部分もありますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者で待合室がいっぱいになり、対応には時間がかかるでしょう。クレームが入ることもよくあります。求められるスキルもどういった介護施設か、診療科はどこかによって違ってきます。


色々な働き方ができる介護士なのですが、ほとんどの介護士が介護施設で勤務します。

けれど、介護士だからといって介護施設で働く必要はなく、介護施設の外でも、介護士の仕事は色々あります。
職場となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く介護士は実際とても多いのです。

こうして、介護施設に限らず介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際にその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。
介護士の資格のある人は法律では、医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。介護士の介護行為というものは実は認められていないのですが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。

とはいえ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、急を要する場合には、経験豊富な介護士であれば、介護行為も少しぐらいは認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。

少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、介護施設を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、介護士もますます忙しくなってきています。労働環境は、決して整っているとは言えず、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、残念なことですが、過労死してしまった介護士もいるのです。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、ますます介護士の需要は高まり、高齢化社会のつけを介護士が一身に引き受けるような形にもなっています。介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、容態の急な変化もありえますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったこともすべて介護士の仕事となっております。いきなり緊急手術が行われたり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのにナースコールに何度も応答することになったり等々、目が回るほどてんやわんやと忙しいこともあったりします。
介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。

その時、このまま介護士を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。

けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり介護士は続けたい、というもので、転職という選択をすることにしたのでした。



決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。そういうサイトを見たり、本を探したりしながら四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。


けれども、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とつくづく実感したものでした。往々にして介護士の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。

介護施設勤務で、二交代制だった場合、合間で休憩はあるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。こういった長時間労働の現実も介護士として勤務することが大変だと思われる一因だと思います。24時間交代の勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、介護士の仕事がありますよね。外来の介護士であれば日勤のみということもありますが、大半の介護施設が入院病棟の方に多くの介護士を置きますから、経験を積む上でも殆どの人がシフト勤務になるはずです。
私の話になりますが、妻が子供が小さい時に介護士としてシフトを組んでいた為、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって苦労した覚えがあります。「介護士」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。
例外として、介護士の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは注意する必要も出てくるでしょう。
簡単にローンを組めるのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定した勤務形態で働いている介護士について言えることなので、非常勤で働いている介護士に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。介護士というものは「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、そうは言っても、労働組合がないと下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。ストライキを起こそうにも介護士という仕事では難しいため、雇用する側の人達が適切に配慮することが大事なことだと思います。
介護士が活躍できる場所は、確かに介護施設が多いですが、他にもあります。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても介護士の活躍が期待されています。こういったグループホームに入所している方は、基本的に認知症の方ばかりなので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。特に介護関連に興味があるという場合は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのもいいのではないでしょうか。



介護施設で介護士として勤務している人の中には毎日の勤務時間がばらばらであり、厳しい労働環境であることなどが影響して他の仕事に移る人も結構いるということですが、実は介護士の資格というものは、いろいろな職種において有利な方向に働くことが多いでしょう。具体例として、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。介護士の人間関係は、構築が難しいといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。

女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。日常的にそんな環境に接しているとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。夜勤でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。
でも、ここで気を付けたいことは、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて結果的に給料が減ることがほとんどです。今の収入を減らしてでも、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。

あまり一般的ではないかもしれませんが、介護士が働ける職場として実は、保育園があります。



職場が保育園となると、子供好きの介護士には、理想的な職場だと思います。仕事の内容は、介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという責任のある仕事だと言えます。やり甲斐という観点から見てみますと、介護士の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。
でも、その一方で困難もまた様々なのです。

なかなかきつい仕事であることは確かですし、勤務時間の問題もあります。

24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、その上に、介護現場という緊張感もまた並大抵ではなく、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。



ハードさを充分納得しつつ、介護士のお仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、難点を補って余りある大きな満足感も得られる仕事なのです。社会に出たばかりの新卒介護士や、別の介護機関から転職してきたばかりの介護士に多いのですが、間違いなく残業をしているのに、相当する手当が未払いになることがあります。
ただ働きで残業をさせるのは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働基準法に反した行為です。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、こなした分はしっかり、対価をもらう権利があります。

皆さんは「介護士は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。



実をいうとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、給与が増えているという状態です。


ですので、「いいお給料で介護士をしたい」というのならばどこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤で働けるところにしましょう。夜勤の有無によって給料の額は違ってきます。

職場を移りたい、と考える介護士は意外なほど多いようです。たいていの介護機関では、介護士の需要が大変高く、そのため求人の数はとても多いのです。

今いる職場において、そこでの扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、身体が辛いのにどうしても休めない、など、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。



もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。昨今の介護士不足は大きな問題です。その原因として代表的なものは、介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。



介護士が医師の指示がなくとも一部の介護行為をできるようになったため介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、労働時間も長くなりますから、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に職を辞する人も多いのです。
未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。
介護士は人気が高いと思うのですが、意外と未婚の人が多いようですね。



調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については両極端だという事が分かりました。晩婚の理由として多いものは、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、出世を第一にすることで結果として婚期が遅れるという事も、ままあるそうです。介護士資格の最大の利点は、やっぱり、もしも離職している期間があっても、再度、介護士として雇ってもらえるということでしょう。なぜそのようなことが可能かというと、介護士の職業が専門職であるからという理由と看護の現場の慢性的な人手不足の問題が根拠として挙げられます。



「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、極端に言えばたとえ50代でも介護士として再就職が出来るのです。そこそこ昔のことではあるものの、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入るとイメージされていたようなのですが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。


何しろ介護士の給料といえば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、家族が食べていけるようにできる程です。
要するに介護士はかなりの高給を期待できる仕事なのです。一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは交代勤務などで休日が不規則になることです。

カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの事が悩みのタネになっているようです。または、労働環境が過酷で簡単に休みが取れないという問題もあります。規則正しい勤務時間がいいのなら、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。

少し長く介護士をしてきておりますが、思ったことは、一般に介護士は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。

喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、介護士としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。


しかし、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。



介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。
退職時につく手当、退職金はどうかというと、公的介護機関であれば、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それなりの額を受け取ることができるようになっています。

他方で個人介護施設の状況を見てみますと、個々の介護施設によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。
他はそうとも言えない、ということになるでしょう。

土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている介護士は多いですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。



交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日が休日になるでしょう。変則的な出勤があったり、休日診療の当番が回ってくることもありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。他には、個人の介護施設で入院施設がなければ、そういったところは高い確率でちゃんと土日休みになっているはずです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウト
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/if0ntph001w5ao/index1_0.rdf