iPS細胞を使い

January 25 [Fri], 2013, 0:20
iPS細胞を使い、米国で移植治療を行ったと主張している日本人研究者の森口尚史氏。
先日この心臓手術の詳細を読売新聞一面で読みました。つい最近までマウスでの実験段階だったのに、もうここまできてるんだ、最近の臨床現場はスピード感あるな、なんて感心していました。
しかし数日後、この森口さんの嘘が判明。新聞社を騙すなんて、嘘が上手なのか、新聞社がアホなのかよくわかりませんが、これが国際問題にまで発展しています。
普通、虚言癖のある人の言うことは、誰もが本気にしないでスルーしますよね。やはり新聞が一度記事にしたことは、ちゃんと落とし前つけなければいけないのでしょうか。
マスコミが追求したり、記者会見を開いたり・・なんか森口さんがうれしそうな顔しているように思えるのは私だけでしょうか。何のための嘘?こんなことしても何の得にもならないというのが普通の人の感覚ですが、嘘が大好きな森口さんはこの状況を楽しんでいるのではないでしょうか。
この事態の元をたどれば、マスコミが取材したネタの裏をとらずに公表してしまったことが原因しています。今となっては、よくこんなこと新聞の一面に取り上げたな、と思います。
嘘を言っただけの森口さんは、何かの罪に問われるのでしょうか。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:えんご
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ieskesid/index1_0.rdf