さゆすけだけどひーたん

December 09 [Fri], 2016, 11:30
看護師が上手く転職するためには、未来のことを考え、迅速に行動することが大切です。


そして、どんな条件を重要視するのかを決めておく方がいいでしょう。



将来の自分をはっきり想像して、その希望が叶えられそうな転職先の情報をちょっとずつ収集してください。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。
全国での看護師年収は平均437万円程度です。


しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高く、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。高校進学の際に衛生看護科を選ぶと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。

でも、在学中に進路を変更したくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、試験までの期間が短いために勉強したり、実習をこなす量が少なくて簡単には試験に合格できないという面もあるようです。


看護士になりたい理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。

転職の時の理由はこれまでに経験したことを活かしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。前の勤務先に関するネガティブなことは言わないようにしてください。



看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度開催されます。


看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を持ち続けています。

看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をクリアできればパスできる試験です。



昨今は高齢化社会が進み、看護師は福祉施設でも需要が多くなってきているのです。
加えて、大会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを実施しています。

このような時は、この会社の正社員として入社することもありうるでしょう。

看護師の当直が16時間などにおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。


国の指針により月に8回までと定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつだと思われます。
看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと感じる人も多いのです。

看護学校はそれほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年してしまうようです。そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験にも受かった人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
修学旅行やツアーなどに一緒に行って、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。
結婚して子持ちの人は土日に休むことができたり、夜勤がない職場を望んでいます。



病院以外のところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。産業看護師は働く人の健康のために保健の指導やうつ病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、職業紹介所で見つけるのは難しいでしょう。

興味がある場合は看護師専用の転職HPを利用してください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども多数紹介されています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haru
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる