車を手放す際に関心が向くのは自分の車がどれくらいの値段

May 04 [Wed], 2016, 1:47

車を手放す際に関心が向くのは、自分の車がどれくらいの値段になるものなのかということだと考えます。当たり前ですが、個体差があることは了解していますが、車下取り相場表みたいなもので、事前にチェックできると、心配なくアドバイスを受けることができると思います。




かんたん車査定ガイドを利用する場合、やはり人気なのはWEB査定です。一括査定なら、どこにも出かけなくても複数社の買取額を比較することができます。





ですが、WEB上での査定は単なる目安ですので、実際に査定に来てもらうとそれより額が下がるのは覚悟しておかなければなりません。





また、中には事前にWEB査定で高額を提示しておきながら、現実の査定では安値を付け、売るまで帰らないという悪質な業者も存在しています。去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクストレイルの買換えを検討し、中古車専門業者の買取査定を受けたことがあります。ネットで一括査定出来るところを探して、最も見積額が高かった業者の方のお話ですと、買取りを行う季節も、評価額を左右する重要な点だということでした。具体的な話ですと、私がその時に売ったエクストレイルはやはりアウトドアが盛り上がる夏場が売り時だそうですから、高く売ろうとするなら、春から梅雨の時期に買い取ってもらうのが良いようなので、ためになる話を教えてもらえました。


動かない自動車でも、業者を選ぶことで、売却可能です。





不動車(動かない車)も買取可能なところに査定をお願いしてみましょう。動作しない車には価値がないと、思ってしまいがちですが、修理をすることで動くこともありますし、パーツや鉄には価値があります。



廃車を選択してしまうと、料金がかかりますから、売却することをオススメします。



マイナス査定の要因になり得るものとして、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、車体色が悪い、車体の外観が綺麗な状態でない、車のパーツに破損が見られる、車内での喫煙等が挙げられます。


そして、修理をされたことがあるということも下取り額に差が出る原因となります。





万が一、修理部分があると車体の下取り価格は非常に下がってしまいます。