トノサマバッタがのん

August 22 [Tue], 2017, 7:00
肝臓を健康な状態に維持するには、肝臓の毒素を無毒化する力が衰退しないようにする、要は、肝臓の老化を食い止める対策に地道に取り組むことが必要なのです。
腹部の右上にある肝臓に脂質やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(fatty liver)という病気は、狭心症を始めとした多種多様な健康障害の合併症の素因となるかもしれません。
虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が細くなって、血流が途絶え、必要な酸素や栄養を心筋まで配達できず、筋繊維が機能しなくなるという大変危険な病気です。
内臓脂肪型の肥満があり、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2項目か3項目全てに一致する状態のことを、メタボリック症候群と呼ぶのです。
「肝機能の減衰」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3種類の数値で確認できますが、ここ数年で肝機能が衰退している人の数が徐々に増えているとのことです。
学校や幼稚園等集団行動をする中で、花粉症の症状の為にクラスのお友達と同じように外で楽しく走り回れないのは、患者本人にとっても寂しい事でしょう。
様々な花粉症の緒症状(水っ洟、鼻づまり、くしゃみ等)のために夜間しっかり眠れない場合、それが要因で睡眠不足に陥り、翌朝起床してからの活動に良くない影響を及ぼすことも考えられます。
抗酸菌の結核菌は、人間がゴホゴホと咳き込むことで室内や外気に放出され、空中にフワフワ漂っているのを誰かが呼吸の際に吸い込むことで感染していくのです。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の隙間にある緩衝材みたいな役割を持っている椎間板(ついかんばん)という名前の円形の線維軟骨がはみ出してしまった症例の事を指しているのです。
「とにかく多忙だ」「上辺だけの様々なお付き合いが苦手」「先端テクノロジーや情報のめざましい高度化に追いつけない」など、ストレスが蓄積されてしまう誘因はみんな異なります。
暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、人間関係などのストレス、高齢化などの複数の素因が絡むと、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が低下したりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するといわれています。
日々繰り返される折り目正しい生活の保持、満腹になるまで食べないこと、自分に合った体操など、一見アナログともいえる体についての取り組みが皮膚の老化防止にも関わっているのです。
上が140以上の高血圧が長期間継続すると、体中の血管に重いダメージがかかった結果、身体中の様々な血管にトラブルが生じて、合併症を発症する確率が大きくなると言われています。
スギの木の花粉が飛ぶ頃に、子どもが体温はいつも通りなのに頻繁にクシャミしたりサラサラした鼻みずが出続ける症状なら、残念ながら杉花粉症の可能性があるかもしれません。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が失われてしまった後に販売され、まったく同一の成分で経済的な自己負担の小さい(クスリ代の高くない)後発医薬品のことを意味します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:斗真
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる