仲山とブラックファントムテトラ

May 17 [Wed], 2017, 8:27
最近、小型PCといってもいいタブレット端末やスマホを使い、隙間の時間にFX投資をする人が大勢いるようです。

なにしろ帰宅してPCの前に座って取引を始めるよりもはるかに容易で、場所と時間を選ばないのが最大の長所でしょう。

スマホで使える便利アプリもどんどん増えてきてますし、FX経験の浅い人にとってもそう敷居の高いものではなくなっています。



これ以降はさらに一層、スマホやタブレットを携帯してFX投資に活用する人々はその数を増やしていくのではないでしょうか。
FX投資で負けこんでしまうと、その負け分を挽回させようとたくさんお金を使ってしまう人も結構多いものです。そうなってしまうと、大きな損失を生む可能性が多いので、FX口座には目的以外のお金を入っている事がないようにしましょう。



これは口座に貯金分のお金も入れてしまうと、まだ余裕はあるんだと思ってお金を使いすぎてしまう可能性があるからです。



FX投資で利益になったものには税金がいくらになるのでしょうか?FX投資で得た利益は税制上、「雑所得」の区分となります。

一年間の雑所得の合計が20万円以下の場合は、課税対象ではありません。しかし、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告を行う必要があります。
税金が未払いの場合、脱税となりますので、用心してください。
FX投資を自分の勘だけで進めても継続的に利益を上げるのは難しいので、地道にチャート分析能力をあげるなどスキルアップは必要です。より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、それらをうまく利用することで、売り買いにベストなタイミングを導き出すとよいです。



それに、チャートの動きをどう受け止めればよいかについては、いろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、あらましを知っておくのがおすすめです。

FX投資を初めてやってみようというときに覚えておくべきなのがFXチャートの分析方法です。FXチャートというのは、為替相場がどのように上下しているかというのを価格や時間を軸としてグラフにまとめたものです。

羅列された数字だけでは見づらいですが、グラフのお蔭で分かりやすくなります。FXチャートを参考にしないと利益を出すことはほぼ不可能といえるので、どのようにグラフを読むか勉強しておいてください。

FX投資を開始する以前に、所有する通貨の数を決めておくというのも大切です。所有通貨の量を前もって決めておき、それを超えたポジションは持たないようお願いします。この結果、当たっても、利益が薄くなりますが、損失も抑えられます。FX投資を行って得た利益には課税対象なのでしょうか?FX投資による儲けは税制上、「雑所得」に分類されます。
一年間の雑所得の合計が20万円以下であれば、税金はかかってきません。
しかし、雑所得の合計が20万円超の場合には、確定申告が必要になってきます。税金を払わないと脱税とみなされますので、留意してください。FX投資による儲けは課税対象なので確定申告の義務がありますが年間を通して利益がなかった場合にはしなくても問題ありません。でも、投資としてFXを続けていくなら儲けが出なかった場合でも確定申告をした方がいいと思われます。

確定申告の手続きをすれば、損失の繰越控除が使用できるため、3年間までは、損益をトータルで合計することができます。

外国為替証拠金取引を始める前に、限界通貨数を決めておくのも重要です。



所有通貨の量を前もって決めておき、それ以上の銀行残高は投資に充てないようにしてください。


こうすれば、予測があたった場合の大幅な利益は望めませんが、失う資金も少なくなります。FXで負けないために、暴落の危険をしっかりと視野に入れることが重要です。
暴落する可能性が見られない場合でも念のためその危険性を考慮したトレードをすることです。FXに確実という言葉はないので、ひょっとして、ということも考えておくことです。
ドルの場合を例にとると、利益を出しにくいのですけれど、その代わり危険性も少ないのです。FX取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要なFX業者ですが、ほぼすべての業者はFX取引を仮想体験できる無料のデモトレードシステムを設けてありますので、必ず一度は試用してみるべきです。シミュレーションですから仮に大きな失敗をしたとしても絶対に損が出ることはありませんし、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。



あまり性急に手持ち金を使ってFX取引をスタートさせるのは、特に慣れていない人には大変危ないですから、FX取引がどういうものかを感覚的に理解できるようになるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。

FX投資による利得は課税対象です。これにより確定申告が必要ですが、一年を通して利得を出せなかった場合にはするには及びません。



しかし 、FX投資を続けるなら、儲けが出なかった場合でも確定申告を行った方がいいです。



確定申告するとしたら、損失の繰越控除が使用できるという事で、最長で3年間、損益を合計できます。
FXでリスクを負わないためには暴落のリスクを念頭において念頭においておくことが重要です。
暴落は考えられない状況でもリスクがあるかもしれないことを理解した上でトレードをしてください。

絶対というFXはないので自己責任においてリスクも考えた取引をします。



例えば、ドルの場合は利益が少ないですが、その代わり、リスクにもつながることが少ないです。FX業者はかなりの数が商売してますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかをよくよく注意して考え、決めてください。口座開設を行うのはさほど苦労のいるものではありませんが、いろいろな業者を使い口座開設を行うと維持する手間がかかります。
新しく口座を作るとキャッシュバックなどといったキャンペーンに惑わされないで、それぞれのスタイルに合ったFX業者を選び出しましょう。


ところで、FX投資を行うことにより年間20万円を超える利益を出せた場合は、大事な確定申告を行いましょう。その申告の時に、外国為替証拠金取引で投資をする上で必要となる諸々の費用は経費として得られた利益の分から差し引いて計算します。
それから、利益を上げられなかった場合であっても、とにかく確定申告はしておくことです。そうすると、損失分を翌3年間は繰り越せることになっていますから、FXでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、確定申告をしておくことはやはり大事なことだと言えるでしょう。


FX初心者は知っていることも経験もないので、勝たないことが多々です。外国為替証拠金取引が初めての人が負けないためには、損切りのポイントを設けておくというのがとても大切です。
また、一度の取引ではなく、トータルで勝っているか負けているかを頭を働かせるようにしましょう。
9度の取引で利益が出ても1回のビッグな損失でプラスではなくなってしまうこともあります。


ところでFX取引で順調に利益をあげることができたとすると当然その分税金がかかってきますので、税金の払いもれには用心しておくべきです。多額の利益をFX投資で得ることができたのに申告を忘れたりあるいは怠ったりしたため、税務調査の手が入り追徴課税に応じなければならなくなった人もいるのが現状です。



具体的には20万円より多い利益を出せることができた時には、確定申告を忘れてはいけません。

FX投資のノウハウの中には「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。
サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、一方を売って一方を買うことで利益を得るという仕組みです。投資家の中にはスワップ金利を利用してサヤ取りをしている方々もいらっしゃいますが、慣れるまではどちらの方法もなかなか利益はでないと思われます。
何はともあれ、仕組みとオーダーの方法をインプットしましょう。



FX投資をやってみるときに知っておきたいのがFXのチャートの読み方です。
FXチャートとは、為替相場の動向をグラフで表現したものです。数字だけではわかりにくいですが、グラフ化が理解を助けます。



FXチャートを軽視すると儲けることは難しいので、見るのに慣れておいてください。

外国為替証拠金取引投資での予測が外れ続けると、その資金の減少分を取り戻すために自分の意図した以上にお金を使ってしまう人も少ないとは言えません。
そうすると、大きな負けを生むおそれがあるので、FX講座には不要なお金をつっこまないようにしましょう。これは口座に当面必要ないお金も入れてしまうと、まだ余力が残っていると思って余分な資金を投資してしまう可能性があるからです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイキ
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる