このところ妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす

March 03 [Fri], 2017, 21:40
このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、定期的な摂取の結果、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。


具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。


葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。


赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も葉酸を摂った方が良いと思います。
今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段のご飯で得られる葉酸に注意するようにしましょう。


具体的には、普段のご飯に加えて十分な葉酸の摂取が正式に厚生労働省が推奨しています。なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。

サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが大事です。実は、妊娠を計画している女性にむけて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。


葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働聴かける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、たとえば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する危険性があります。胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普段のご飯にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められている訳です。まだ妊娠できないと悩んでいるときは、ひとまず基礎体温をつけることをお勧めします。


たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。

基礎体温表をつくるには、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといったルールもあるので、きちんと守っていくことが大事です。
最初の1か月は慣れるつもりで初めてみましょう。近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常の発症リスクが減少することが認められています。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が勧告しています。

実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も多いそうなんです。妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。

ですから、食べ物から摂取する場合、調理には注意点がありますので、葉酸をご飯から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ちょうだい。
葉酸摂取を目的としたご飯には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。
とはいえ、生食だけのご飯は現実的ではありません。熱を通す必要があるならば、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。


いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、サプリを活用すれば手間がかからず良いと思います。

妊活中の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。長男を出産した後でしたので、次の子は女の子がほしいと考えていたからです。排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けを実践していました。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明する時までは期待アリ、不安アリ、という感じでドキドキして生活しまいました。



結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。
妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることによりす。中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経を正常にはたらかせる作用があるので、ホルモンバランスが整っていくのです。
インターネット(使いこなせるようになるまでには、それなりの勉強が必要になります)にはヨガの動画がたくさん紹介されています。こうした動画を活用すれば、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽い運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。こうした運動はこころとからだのバランスを整えると言われていますので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。
普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方もいらっしゃると思います。しかし、実は葉酸は熱に弱いため調理の際の加熱によって葉酸が溶け出てしまっていることもあります。



一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してちょうだい。妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、供に不足しやすいという共通点があります。一般的なご飯では、摂取量が足りません。

ですのでサプリで補給するのが簡単でしょう。

最近は、こうした不足しがちな成分を全て含有しているサプリが売っていますから、こうしたサプリを選べば不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ない程、関係の深いと思います。なぜかと言うと、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

この話は当然、妊娠を要望する妊活中の方にも言えるでしょう。


妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。そのため、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。

金銭的負担が大きい不妊治療ですが、精神的な疲労も相当なと思います。自治体から助成金が支給されますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす場合がほとんどです。

その年で諦めろということでしょうか。
むしろ40だからこそ、助成回数を増やしたほうが良いように思います。実は私自身もすでにアラフォーですので、見捨てられたような寂しい気持ちで、いっそう精神的に疲れてきました。妊婦にイロイロな効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。
副作用として体にあらわれる症状というのは、不眠症や食欲不振や吐き気、向くみなどの症状です。妊娠初期の神経質な時期には良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。葉酸の摂取は、バランスの良いご飯で摂ることが理想です。ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。

そうした場合、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。


サプリであれば、一日の摂取量が一目瞭然ですので、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には葉酸サプリをおススメします。一度流産を経験しました。

1年くらい経ってまた、妊娠にむけて前向きな気持ちをもてるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。
妊娠に適した体になるように、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動で体の調子を整えることにしました。

結果は、意外と上手にいきました。

新陳代謝が上がったため、基礎体温を上げることができ、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠にむけて前向きな気持ちです。



皆様ご存知のように、葉酸はオナカの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。
葉酸はビタミンの一種ですから、普段のご飯にもふくまれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。


いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠3か月までだと言われていますが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点において持とても大事な栄養成分ですから、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的にはたらかせる飲み方だと言えます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:望愛
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる