横地で飯泉

December 27 [Tue], 2016, 14:04
よく知っている看護師が長期にわたって職場の人間関係に悩まされていたのですが、結局、先月、退職してしまいました。

このようなご時世、新たに看護師を受け入れるにも看護師のなり手が少ないそうで、病院側は戸惑っているみたいです。

退職されて困ってしまうなら、もっと早く、そのような状況にならないように、看護師に配慮すればいいのにと思います。

看護師の平均賃金は、あんなに激務である割には、高額ではないのが実際のようです。

そのため、いつもよりよい賃金をくれる職場を志望して転職のために活動している人がいるのです。

お給料が良い病院は、当然、人気でなかなか枠があかないため、転職希望者によっては、看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職のために活動しているケースも少なくありません。

看護師というのは今でも人手不足となっているのです。

人手の不足を改善するには、かつて看護師の資格を取っていながら何かしらの理由で、看護の仕事から離れている人に、看護師として仕事をしてもらうことが良いと考えます。

そのためには、柔軟な働き方が出来るように、早急に、医療機関が直すべきところを改めていくことが大切です。

私の顔見知りの看護師が、仕事の楽そうな職場だったのに、なぜ?と理由を問うと、「暇すぎた。

忙しく働きたい」というわけでした。

働きたくないと思っている人が多い世の中で、彼女みたいな人もいるものなんですね。

患者さんのケアをするお仕事は多岐にわたります。

通常、医師の診療がスムーズに行えるようなサポートするというのが主な業務の内容ですが、患者さんのケアや補助などがあるでしょう。

外来、入院病棟のどちらなのかによって、業務の方向性も変わってきます。

一般に、仕事量が多いのは外来よりも入院病棟でありますので、大きなストレスとなるでしょう。

看護師は主に病院で働いていますが、医療に関する作業だけしていればいいわけではありません。

看護師は病気やケガで動けないクランケの世話に時間をとられるので、医療関連の施設の中でも忙しく勤務しているのです。

厳しい労働の割には、薄給で、体を壊してしまうほどのストレスを感じることもあるらしいのです。

病院や医療施設などで看護師が仕事をする時、その配属先は非常に重要なポイントです。

たとえ同じ病院の中でも任命される診療科によって、仕事の内容が大きく異なります。

偶然にも、自分の望んでいた配属先なら問題は発生しませんが、自分が不得意と考えている配属先だと仕事をなかなか理解できない可能性も考えられます。

看護師の稼業で大変な事の一つに、夜勤があるという事が言えます。

医療機関では夜中でも患者さんの病気の状態が急変する事も起こりやすいです。

そんな場合に、対応するためにナースには夜中の勤務があるのです。

けれども、看護師にとって夜中の勤務というのは体の調子を崩しやすくなりますし、負荷が大きいと言えるのです。

看護師目線で言うと仕事も育児もこなすのは難しい課題といえます。

どんなに病院で仕事をしたいと思っても、育児をやりながら、看護師の職責を果たすというのは、色々な困難が生じてしまいます。

看護師と育児を同時にこなすのは個人の問題ではなく医療全般の課題として取り組むことが必要になってきます。

中には、退職金に懸念がある人もいるでしょう。

国立や県立の病院だと、たくさんもらえます。

その次に多く支払われるのは、大学病院でしょう。

小さい診療所だと、多くありません。

やはり、夜間の勤務が多くなる職種なので、みんなに良い環境とはいえないですが、全体としてみれば、規模が大きい病院の方が待遇が良いです。

看護師を辞職したいと思っている人は、かなりの数になってしまっています。

大きな訳としては、きつい仕事で病気になってしまったり、給与について不満に思っていたり、職場の複雑な人間関係で追い詰められてしまったりなどが多いです。

私の叔母が、離婚をすることになって地元に帰ってくることになりました。

久方ぶりに会った私の想像よりも叔母は元気そうで、「看護師なんだから、どんな時でも仕事に困ることはない。

ダメ夫に面倒見てもらわなくても食べていくことくらいできるわ」とスッキリとした顔で笑っていました。

病院に行ってみると次々と患者の方がくるので、看護師はいつも忙しい様子です。

チャチャっとしていたり、大声で名前を言ったり、患者の方に説明したりと、しっかりしていないと、こなせないかなり大変な職業だと思います。

しかし、その分、やりがいがある仕事だと思いました。

転職する際の看護師の志望動機には様々な理由が想定されます。

最新の医療に触れ、より難度な医療技術を習得するとか、経験値を稼ぎ、レベルアップするために、専門性の高い病院で働きたいというきっかけもあるようです。

それに、結婚、出産などによる生活環境の変化に合わせて転職せざるを得ないケースも何件もあります。

どのような業種でも、業界の中でしかわからない言葉があります。

仕事を円滑にこなしていくためといった理由で様々なその業界にしか通じない言葉が発展しています。

同じように、看護をする人でも業界用語が利用されています。

例を挙げると、心マは心臓のマッサージを指し、ギネは婦人科、胸部の癌はマンマ、病院に泊り込みで治療をされる場合はアドミッションなど、多くの業界用語を使うのです。

看護師の仕事は一般の人々の間では厳しい仕事だと認識されています。

これは最近の病院における雇用体制の問題が原因で、長期にわたる人手不足により就業時間が長引いてしまう傾向にあることが原因です。

長い労働時間に加えて、1ケ月の間に何度か組み込まれる夜勤があるため、常日頃から疲労とストレスを抱えている看護師が多くいるでしょう。

知りあいが病院に入院していたので顔を見に行ったのですが、看護師が患者の対応に追われている姿をよく目にしました。

一人では動けない患者さんの中には、ナースコールを何回もする人も珍しくありません。

看護師の仕事は、お見舞い客が短時間だけみても、苦労続きだと思います。

ほとんどの看護師にとって、仕事が楽な病棟としては、採血室が知られています。

透析や採血、献血のような特有の仕事だけを行う科といえます。

献血センターなども当てはまります。

基本的には、同じ作業の繰り返しで採血の技能も向上しますし、人命にかかわるようなこともあまりありません。

どの科でも採血を行う場合が多いので、その後、どの科に替わっても役に立つ技術です。

看護師として仕事をしながらお金の余裕を得たいと思ったら、サイドジョブがあります。

仕事がない日を利用してパートなどで働く看護師は年ごとに増えてきています。

Wワークの利点は、仕事をしていない時間を効果的に活用することができて別の仕事をすることで気分転換にもなる事です。

早い時期に、辞める看護師は割と多いです。

女性が多く、職場の人間関係が面倒な場合がほとんどで、再就職が簡単なことがあるでしょう。

その他の仕事に比較して看護師ならいつでも再就職できるので、希望する労働条件とすごく異なる際には、さっさと辞めて、別の医療機関に再就職する人も少なくはありません。

看護師というのは各医療機関でものすごく大切な役割を担っております。

ですが、多くの病院や医療機関では看護師不足に頭を悩ませているのが現況となります。

残念ながら、医療の場では、看護師の不足した問題を解決できていません。

この先、少しでも早くこの問題を改善させる必要があります。

時として、看護師は非正規雇用でパートやアルバイトで働くこともあります。

そこで、大事なのが1時間あたりの給与額です。

正規雇用と比べると、パートとかアルバイトの看護師は待遇が悪いことがありますから、せめて時給を高くしてくれなければ労働意欲が下がります。

理想を言えば、時給は高いほうがいいものです。

現実的な看護師の業務内容は患者の治療に関することに限らず、身辺のお世話まで、仕事のうちとなっているのです。

医療機関の中で、看護師さんほど忙しい担当者はいないだろうと感じます。

だから、忙しい看護師さんの仕事の中味に合った待遇にしていただきたいものです。

看護師の勤務先は病院といったところですから、勤務時間は多岐に渡っています。

ですから、安定してお休みが取れないといった課題があります。

医療機関では看護師は欠かせない存在ですが、働く立場とっては残念ながら良いとは言えない労働条件であることが多々あります。

残業をした場合、残業代のお金が出るのは至極当然です。

ただし、看護師の場合、その時々の状況次第では残業代が出ないことがありえます。

特に少し前に転職をしたばかりでその環境に不慣れな場合には、どうしても残業の申請をしづらい雰囲気があるものなのです。

ちょっとでも看護師の過酷な労働条件を改善する意味でも、ちゃんと残業代が出るようにする必要があるでしょう。

私の友達に看護師がいるのですが退職するかしないかで迷っているとたずねてきました。

彼女はこの間、結婚したのですが変則勤務で土日休みの夫と休日が合わないので、なかなか一緒にいられない生活が続いているようです。

子供も欲しいし、とはいえ、仕事を辞めるのは嫌だと答えを出せないでいました。

突然の交通事故により、救急搬送された時に、医師が見つけられなかった鎖骨の骨折を見つけて処置してくださったのはまだ若い看護師の人でした。

通院中に知ったのですが、とてもお若い人なのに看護師長の地位でした。

能力評価が正しくされた結果だと思います。

看護師が希望の病院、医療機関に転職する際に、重要なのが面接なのです。

面談の際に聞かれやすい質問は以前の勤務先での仕事の内容、辞めた理由、就職したら、この病院で何をしたいか、また、自分の看護に関する価値観などでしょう。

言葉に詰まることなく、しっかり説明するためにも、面接の前に準備しておいてください。

一般に、看護師は医師からの指示で医療行為をする事が多いのですが、単純な医療行為ならば、医師の指示を受けなくてもできます。

だから、例えば、老人ホームなど福祉施設に看護師がいる際は、非常に心強いと言えるのです。

看護師の就業人数が足りないという病院も思ったより多いので、もう一度、就職することはいいことでしょう。

ただし、殊の外仕事をしていない期間が長い場合、少々不安ですね。

転職を斡旋してくれるサイトなどを上手に利用して相談ができるサービスを活用してください。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルヒ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iennvacl47etlr/index1_0.rdf