ゴクミだけどアオアシシギ

October 22 [Sun], 2017, 13:22
入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。
例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり治療費を収入から引くことができます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと考えてはいけません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。
普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。



周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療の成功を願うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。その全額が自費になるのが普通です。
もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛桜
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる