【 更新情報 】

スポンサードリンク

家購入に適した時期とは 

家購入に適した時期とは 

家は大きな買い物です。
大きな買い物をするのに適した時期はいつなのでしょう。
人それぞれ、良い年と悪い年があります。
その良い年、悪い年はどうやって決まるのでしょう。
一つの観点では、風水、年回り、家相など流派等により考えは様々です。
ただ、悪い年に不動産を購入すると、運気がなおさら悪くなる、又は運気を下げる物件を購入してしまうなどが起こるといわれています。
悪い年が厄年というわけではありません。
厄年に関してはいろいろな意見があります。
厄年にたくさんお金を使い、逆に災難から退ける方法が良いといわれたり、厄年だからとおとなしくしている方が良いといわれたりします。
また、風水で考える方もいるでしょう。
風水といっても様々で、表面的なものと家族全員の生年月日等から完全に割り出す方法があります。
もし風水で家の購入を決めるのでしたら、本式な風水をされるのをお勧めします。
家の購入は、良い家を良い時期に購入すれば良い生活を送れますが、悪い時期に悪い家を購入してしまうと、無惨な現実にぶち当たってしまうので注意してください。

新築の家を購入する前に

新築を購入する前にしておいたほうが良いことがあります。
まず購入を考えている家を自分の目で確かめましょう。
家を購入するには、家だけでなく、周辺の様子や通学通勤の交通機関などのいろんな条件を確認する必要があります。
そのためにも、不動産会社の人の案内だけでなく、何度も時間帯を変えて行ってみると良いでしょう。
また家族全員で行ってみて、実際に住んでみたときの事を想定したり、通勤通学するときを想定しながら確かめるのが大事です。
家族それぞれが利用する施設なども違ってきますよね。それぞれの施設等の位置や、子供がいる家庭には近隣の病院の夜間診療体制などは重要になるでしょう。
そして家を購入する条件は、現在のまわりの環境だけでなく、将来の環境も大切になってきます。
将来、高層ビルや騒音、公害などのもとになる施設が周辺にできる可能性がないかも確認する必要があるでしょう。
家は人生で一番大きな買い物だといわれています。
いろいろ調べることがあって大変かもしれませんが、家を購入する、人生で一番大きな買い物をする前に、万全の準備をして購入にいたってください。

家購入に際しもっとも気をつけるべきこと

家を購入する時に気をつけなくてはならないのは、やはり悪徳業者による欠陥住宅の販売でしょう。
これから家を購入するという人にとっては最大の注意点ではないでしょうか?
欠陥住宅といえば、マンションの耐震偽装などが有名ですが、欠陥住宅の報道にマンションが多いのは、手抜き工事がしやすいという事と、検査が入りやすいという理由で欠陥住宅の露呈が多いのです。
普通に一軒家の購入などでも悪徳業者は手抜きをして、不正な利益を享受している場合があります。

代表的なのが、柱などの素材を安物に変えたり、土台工事の手抜き、組み立ての手抜きなどです。
もちろん、購入してからすぐ気づくという事は稀で何年か暮らした時に家の中にカビが生えるようになって壁の隙間や天井裏を見てみると手抜き工事が発見された、とか、地震が起きた時に大した大きさでなくても家に亀裂が入ったなどという事があります。

こういった場合、家を購入した業者を問い詰めても、のらりくらりとかわしたり、行政の検査を受けたり、裁判で対処という事になっても賠償などには時間も労力もかかります。
何より、一度は住んだ自分達の家ですから、愛着もありますし、その分ショックも大きいでしょう。
こういった事にならないように特に新築で家を購入する場合は、信頼できる業者かどうか情報を集めるのも大事でしょう。

建築業界ではこういった不正は蔓延していると言われていますし、日本以外の国でも
似たような事例が多くあります。不正をしやすい土壌があると言ってもいいでしょう。
そうはならないように自信が知識を十分につけるという事も必要です。
日本で大工というのは尊敬される職業でしたので、今でも立派な職人さんは大勢います。
信頼できる業者さんから購入することができるといいですね。

家を購入するならやっぱり新築?!

家を購入する場合、注意点がそれはもう沢山あります。
家の購入は一生のことですから充分に情報を調べて時間をかけて行った方がいいようです。
家を購入するなら、日本人ならやっぱり新築の注文住宅がいいという方は多いですよね。
最近は昔風の木造家屋などを改築して、庭や外観はそのままにしながら、
キッチンは最新式の設備にしたり、エコキュートなどを入れたりとしている人もいるようですが、サラリーマンで仕事場から少し離れた団地などを考えている方は、周りの風景にも合わせてオシャレな注文住宅がいいという方が多いようです。
ただ、そうなると改築やリフォームよりもお金がかかってしまうのは仕方がないですので、
予算を考えるとキッチンは少し不便でもカタログ通りの内装にしたり、
お風呂は少し手狭で味がなくても一般的なものにするしかなくなってしまうという事も多いでしょう。
ただ、日本人は欧米に比べて、中古よりも新品を好むという方が多いですので、
自分達の好きな場所で、どこかにこだわりを入れた家を新築で建てることで
多少、不便な事があっても自分達のお城として満足できると思います。
早く自分達のマイホームがほしいという方は夢を持ってお仕事頑張りましょう。

家購入にはまず情報収集

家を購入するって人生の中でも一番大きな買い物ですよね。
家と購入って一言で言っても、新築・中古・一戸建て・マンション、様々な物件があります。
家を購入する際は色々な情報を出来るだけ集めることが大切です。
実際に家を購入する時期はいつぐらいがいいのでしょうか。
それは資金にある程度めどが立ってからにしましょう。
目安は頭金プラス年収の6倍が家を購入する限度だと言われています。
出来ればもう少し余裕を持って年収の5倍くらいの予算を組みたいものです。
そして月々のローンは現在の家賃より2万円ほど安くなるのが目安です。
家を購入するとメンテナンスや維持にかかる費用がかなりかかるからです。
厄年に家を購入するのも避けた方が良いです。
迷信的なものを全く信じないなら構いませんが、何かあると厄年のせいにしてしまい
根本的な原因を見逃すはめになります。
また家を購入する時の注意点に確定申告と税金があります。
特に消費税は購入金額が大きいのでかなりの金額になります。
家を購入するときは現実をしっかり見て身の丈にあったものを選びましょう。
P R