男と朋ちゃん

May 26 [Thu], 2016, 22:17
看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志願の根拠です。







どうしてこの仕事場がよいのかを好感をもってもらえるように表すのは容易ではありません。





高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが採用条件で選んだと見られるよりは、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが通過しやすいようです。



専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、違った職種に転職を考える人も少なくないです。





けれど、一生懸命に看護師資格を得ることができたのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。

違った職種でも、看護師の資格が優遇される仕事は非常に多いです。

努力して得た資格なのですから、活かさないのはもったいありません。



自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も存在します。

看護師の能力を向上させることで、高い収入を狙うこともできます。



職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分がぴったりだと感じるところを探すのは大事なことです。

内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特養が合うという人も存在するので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえずリストアップするのがよいでしょう。泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、望む職場環境は人それぞれです。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、条件のそぐわない勤務先で我慢して勤める必要はないのです。ナースが仕事を変えるキッカケとしては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。



元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、待遇が良くなかったといった、不満を転職理由にしてしまったら、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。







たとえ本音がそうだとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、未来志向であることを印象付ける志望理由を答えられるようにしておいてください。







看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。



1日でも早く別な勤務先に行きたいといった状態でないなら、就職情報が活気付いてくるまで控えるのがよいでしょう。育児のために転職する看護師も少なくありません。



看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、夕方までの時間帯のみ働けたり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが見つかると良いですね。



育児の間のみ看護師をお休みするという人も多いですが、育児をするにはお金がなくてはならないので、看護師の資格を有効利用できる別の職を見つけた方がいいでしょう。転職の技としては、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。そして、3ヶ月は使って念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。急いで転職してしまうと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、自分の希望に合う仕事を注意深く確認し探すようにしましょう。





その事から、自分の希望する条件を明確にしておきましょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ieftwe51f5tfen/index1_0.rdf