ドワーフペンシルフィッシュと熊坂

March 28 [Mon], 2016, 17:51
介護の現場に携わる仕事とあって、介護士は片時も気を抜くことはできないでしょうし、こうした生活が続くと常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、メンタル面にもつらい部分があると言えます。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を知り、実行しているかということも、この仕事を続けていくのであれば大事な点になるでしょう。現実は、介護士が出てくるドラマとは程遠いです。


普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残って仕事をしなければならないことがよくあります。それでも、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって笑顔で患者さんやご家族とは接しています。ほんの少し前まで文句を言っていた人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、介護士のその様子はまるで女優のようです。


数年間、専門機関で学んで資格を取得する介護士は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。引っ越し、結婚、出産という類の諸事情による転職も多いですが、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。


そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。

そうでなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。



より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある介護施設に勤務したい、公立介護施設が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった介護士としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。介護施設内での介護士長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般の会社組織においては課長職に近いものです。
課長職の年収とはいえ勤める企業の規模で全く違ってくるように、介護士の年収は、介護施設の規模で全く異なるのです。そのほかの影響として、公立介護施設と民間介護施設、地域の格差等が影響しています。例えば、公立介護施設の場合、750万円位だと推測できます。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される介護士は介護や介護など、様々な場面で求められています。

もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる求人サイト、それも介護士専門のものがかなりの数があるのです。



なので、会員登録して上手く活用しながらぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。介護士になろうと思っていました。でも、家庭の都合から、企業に就職して会社勤めをしていました。でも、夢を諦められませんでした。
思い切って転職して、無資格でも働ける介護施設などで働くことも出来たのですが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、介護施設で看護助手として勤めながら資格を取ることが出来る事を知りました。夢だった介護士の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。介護士とはどんなイメージを持たれているかといえば、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、大体の場合には、好印象を持つ人が大半でしょう。
けれども、介護士の勤務の実情に着目してみれば、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている介護士も少なくないのです。

プラス面だけに着目せずに、現実問題として介護士の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。

介護士が働ける場所というのは確かに介護施設が多いですが、他にもあります。
グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士の働けるところは十分にあります。
グループホームで生活しているのは、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、そのことを心に留めて介護することが重要です。



介護方面に興味のある介護士はグループホームへ勤務することも考えてみてはいかがでしょうか。

介護士をするきっかけとしてとても現実的な理由として「給料が高い」ということがあります。初任給で考えても、同世代の新入社員と比較してより高収入といえるでしょう。しかし、そのように高給をいただくということはその分、自分自身も精進に励み、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。


何かと業務が多い介護士ですが、それだけに、職場においての有用性、必要性は高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。

24時間いつでも稼働している介護施設が職場ですから、そこで働く介護士も24時間不在の時間があってはなりません。



なので、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。



夜勤のある仕事ではどうしても、上手に生活のメリハリをつけないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護関係者も、ますます必要とされる可能性があります。
そういった理由で今でさえ足りていない介護士ですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、それでも介護士が足りていないのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが一因だといえます。このご時世、「介護士は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。

しかし、詳しく見てみると夜勤手当があることによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。


たとえば「いいお給料で介護士をしたい」というのならばどこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。夜勤帯に働くかどうかで給料の額は違ってきます。
患者に安心して治療を受けてもらうためにも、介護施設に勤める介護士は見た目にも注意することが大切です。女性の介護士の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。ノーメイクという訳でもありませんから、雰囲気が変わりますよ。
昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど異性から好かれる要素の多い介護士でも、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際のところ、介護士の結婚年齢は全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が判明しました。晩婚の理由として多いものは、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、自分の出世を考えて結果として婚期が遅れるという事も、ままあるそうです。
介護施設で介護士として働く場合、働く時間が規則的でないことやキツい仕事だということも原因となり、他職種に転職する人も少なくないという話ですが、「介護士資格を持っています」という事実は、意外にいろいろな職種において有利な方向に働くことが多いでしょう。具体例として、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。介護士が介護施設で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。
それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。

勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、例えば人気のある診療科だったりしますと待合室に患者があふれるようなことにもなって、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。どんなスキルが必要になるか、ということもどういった介護施設か、診療科はどこかによって違ってきます。

よく言われているように、介護士というのはとてもきつい仕事です。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、容態の急な変化もありえますし、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも介護士の仕事です。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、スタッフの数が少ない夜間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、気の休まる時間はないくらいゴタゴタする夜を過ごすこともあります。


病気になって気落ちしていると笑顔で患者一人一人を支えてくれる介護士は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。

具体的には、覚える必要のあるいくつもの作業や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。


ですから、介護士によっては鬱を発症するケースも今では珍しくありません。

介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。もし介護士として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは極力、放射線を浴びないようにすることです。

CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は介護施設には多いですから、注意するに越したことはありません。

それから、薬についてですが薬品に触れることは大変に多い訳ですし、注意するべきでしょう。



そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。



それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。
職場において、仕事のできる介護士を目指すには、それは介護士としてのキャリアを積んでいくしかありません。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったような単純な業務とは言えませんから、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。介護士の中には、向学心から別の仕事先を探す人も一定数います。最先端により近い、高度な介護行為を行なう介護施設でさらに能力をアップさせたいと願う、とてもアグレッシブな転職になります。

介護士は、患者と接する機会が多いため、印象の良いヘアスタイルにも配慮することをおススメします。患者からどう見えているのかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことが大事です。

職場の環境によっては、ルールがそれぞれ異なるケースがあると理解しておきましょう。
時に人命に関わることもある介護士という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。しかしながら、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、その上に、介護現場という緊張感もまた並大抵ではなく、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。
それらを承知の上でなお、介護士になろうと志望する人が引きも切らないというのはやはり、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに長所も多いということに他なりません。往々にして大変だと思われる介護士ですが、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。

二交代制の介護施設勤務の一例を挙げると、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、合計勤務時間が16時間になることも。
こういった長時間勤務の実態も一般的に、介護士の勤務というものがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。
働く介護士の休日に関してですが、本人が働いている介護機関でそれぞれ異なるようです。
中でも3交代勤務の職場においては、シフトを組んで働きますので、出勤や休日がカレンダー通りではないことも一般的です。


むしろ、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、そういう意味では働きやすいと言えますね。


かなり以前は、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入ると人々に捉えられていたようです。
でも、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、介護士はそれに相当する給金の獲得が可能であるといった事実について、急激に周知されてきているようです。
何しろ介護士の給料といえば、女の人であっても、その稼ぎでもって、家族が食べていけるようにできる程です。要するに介護士はかなりの高給を期待できる仕事なのです。法律において、介護士というものは医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。

しかしながら、患者さんの容体が突然変わってしまったり、急を要する場合には、経験豊富な介護士であれば、介護行為も少しぐらいは認められる必要もあるのではないかと考えます。



介護士としての働き方はいろいろあります。



正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。


具体的な金額としては日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが相場のようです。パートとしては良い時給なのかもしれません。しかし、専門職である人命に関わる介護士であり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、あまり良い時給ではないのかもしれません。

昨今の介護士不足は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。原因は様々ですが、その一つとして過酷な労働環境があります。



近年、介護士の介護行為が解禁されたことで介護士にかかる負担が増え、勤務時間も長時間になって、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。


また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に職を辞する人も多いのです。


普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。他にも、介護施設や保育園に介護士が常駐しているケースがあります。
給料は勤めている会社によって違うものですが、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。
地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり年収にも差が出てきます。


こうしたことを踏まえても、一口に介護士といっても、平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。

一般的に、介護士は離職率が高いです。そのため、転職率も同じように高い傾向があります。ですので、介護士だけを対象にした転職サイトなども増えつつあります。これらの転職サイトを積極的に活用すれば、手間なく自分の希望する条件の求人を探せますから、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。

たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉子
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ieeraemnsrhtie/index1_0.rdf