浅尾の統(おさむ)

May 09 [Mon], 2016, 13:30
妊婦にとって葉酸は最も大事な成分ですが、もし葉酸が不足したら、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、赤ん坊に葉酸が欠乏した結果、先天的な障害を発症しやすくなるという研究結果が報告されました。

こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてちょうだい。


妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠しやすくなるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。葉酸で血液が増産されると、血行が良くなるだけでなく生殖機能が正常化して活発になり、妊娠しやすい体作りが出来るでしょう。

大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが一番興味あるみたいです。葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと知っていたので、友達にアドバイスしました。
友達が妊活をがんばっている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、赤ん坊を無事に出産してほしいとねがっています。


妊活中には食事の内容にも気を配りますが、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。
妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶やルイボスティーが良い沿うです。
これらはノンカフェインなので、妊活中の女性にも赤ん坊にかなり優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。

中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると言われているのですので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲みつづけてみましょう。妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、育児や赤ん坊製品で有名なピジョンのサプリでしょう。

こちらの葉酸サプリは複数の種類のものがありますよね。



それに葉酸だけが入っている製品は少ないですが、その換りに鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるという訳なんですよね。



こうした複数の成分を配合した葉酸サプリを使えば、何錠もサプリを飲む必要がなく、簡単に一日分の栄養素を補給できますから、ぜひ活用するのをお薦めします。

ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてちょうだいね。葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも食べ物から摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも大勢居ます。しかし、実は葉酸は熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。総合的な摂取量としては十分に摂取出来ていないかもしれませんから、注意してちょうだい。ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。

体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは不妊に繋がる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。

妊娠を望む家族の声や、焦りといった感情が不妊治療に通ううちに重積してくることもあって、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが赤ん坊を授かるためには良いことだと思います。

葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。その中でも赤ん坊が先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は忘れてはいけません。



ですから、妊娠を計画をしている方は、母子いっしょに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大事だと思います。


ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。
葉酸のサプリならば計算や摂取も簡単です。

簡単に葉酸を摂取したい方には一番簡単な方法だと言えます。