西川の直ちゃん

April 04 [Mon], 2016, 5:23
多忙な業務に追われる看護専門職が違う職場を探す手立てとして、ここ数年、オンラインサービスの使用が多数派になってきました。
看護職に特化した人材派遣サイトをうまく使えば、無料ですし、時間や場所を問わず気軽に転職情報を確認することができるのです。

今よりよい仕事に就くためには、たくさんの情報に触れて吟味するのが肝心ですから、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。修学旅行やツアーなどに連れ添って、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。
結婚していて、子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を望んでいます。



病院以外のところで働くのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。看護師のためだけにある転職サイトの中には、お祝い金を受け取れるサイトがあります。転職をしてお金を受け取ることができるのはラッキーですよね。けれど、お祝い金を受け取るためには条件が大抵はあるため、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。
それから、お祝い金のないところの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。
看護師は、16時間などの当直により長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとれることになっています。

月に8回までと国の指針で定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
勤めている病院の勤務シフトによっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、体調を崩しやすいのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。



看護職の人がジョブチェンジする動機としては、キャリア開発としておくのが賢明です。
前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、待遇が良くなかったといった、マイナス要素をあげてしまうと、不本意な評価をされかねません。



要因として現にあったとしてもストレートに伝えることはないですから、ポジティブな印象を与える応募動機を表明してください。

看護師として働く人が転職しようとする時、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。しかし、大変な思いをして看護師資格を得たのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。全然異なった職種だとしても、有利となる職場は非常に多いです。
努力して得た資格なのですから、有効に使わないのは損をしますね。
看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが応募理由です。どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好印象となるように示すのはそう単純なものではありません。たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、やる気を印象付ける言い方をしたほうが採用に結びつきやすいと思います。看護師が転職する時のポイントは、辞めるより先に次の仕事を決定しておいた方がいいですね。それに加え、3ヶ月程を使って丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。
急いで決めた仕事だと、次も辞めなければならなくなることもあるので、自分の希望に合う仕事を注意深く確認し探すようにしましょう。このため、自らの条件を明確にしておきましょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:琉生
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる