老化と劣化と

June 08 [Wed], 2016, 7:49
年を取るという事は 少しずつ体力が衰える事だとは知っていたけれど、

ここまで自分が劣化して行くことだとは思わずにいた。

ああ 人間って 本当に なってみないと分からない。

体力と記憶力の劣化は それはもう あちこちに老人と呼ばれる人々はずっと昔からいたわけだし

その方々を見ながら私も年を取ってきたわけなのだらか、ある程度は理解していたけれど

一見して わからない部分については 本当に無理解なままに生きてきたような気がしている。


祖母が生前「何もしたくないのよ」とっ言っていた事。

ずっと座って動かなかった事

「早く死んでしまいたい」と 時折口にしていた事も。


ああ そうか

そうだったのか・・と ね。今の私なら 少しばかり理解できる。


そうは言っても、それらを口にしていた祖母の年齢までは 私はまだ20年以上もある訳なので

今 その境地に至るわけにはいかないけれど。


少しばかりの健康に対する不安や記憶力の劣化はあるものの、今の私は至って元気で

行きたい場所へ行きたい時に行ける時間の自由と 金銭的なゆとりと それらをこなせる体力がまだあって。

そして 何より 心の自由を謳歌させていただいていると思う。


その代償は 孤独に耐える と言う事ではあるけれど。


でもね、・・

多少の 時には多大にも感じるこの「孤独」ではあっても

落ち着いて周囲を見渡せば、私を気遣ってくれる身内も居てくれるわけではあるし

やはり、今は・・

私の人生の中で2度目に嬉しい時間なんだと思える。ありがたい事に。


1度目の幸せな時間は それはね

誰にでもあったはず。

赤ん坊の時、子供の時、

安心しきって父母の 胸で 背中で寝入る事の出来たその時代の事。


2度目の至福の時間がいつまで続くのかは分からないけれど

大切に ありがたく思いつつ 過ごして行けたら 本当に嬉しい。

・・うん・・ そう思う。





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:グレース
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる