乳児が井戸水を口に入れるのは危険です。 

July 19 [Sat], 2014, 14:34
乳児に井戸水を使用してミルクを作って飲ませたり、
また井戸水をそのまま飲ませせるのが不安に
なることはありませんか?

まわりがみんな飲んでいるから大丈夫なような
気になったり、わかせば大丈夫かなと思ったりする場合も
おおいようです。

井戸水はいわば管理されていない水と言え、
水道水のように安全基準にしたがって衛生を保っている
ものではありません。

井戸水はさまざまな有害物質にさらせれていて
大腸菌、ピロリ菌、ボツリヌス菌、硝酸性窒素などがあります。

井戸水を飲用にする場合で、心配な方は沸かしてから飲むのが
一般的で細菌類はある程度、死滅させることはかのうですが
ボツリヌス菌などは100℃で10分以上も沸騰させないと
死滅しないので毎日の生活の中でそれをするのは
難しいかもしれません。

また硝酸性窒素に関しては沸かすとその物質は
増幅してしまうのでやっかいな性質です。
この物質は体内に入ると酸欠状態になり、
ブルーベイビーの原因になります。

井戸水の環境は常に変化しており、
季節に応じて細菌類の増え方も当然変化はあります。
たとえ以前は大丈夫だったとしても今はわかりません。

こういった事から対策としては、乳児も口に
入れる水はすべて安全基準をクリアした水を調達
したほうがいいと思います。

スーパーやコンビに行くとペットボトルに入った水が
売っていますので、それを利用されるのも良いですが、
難点はペットボトルが重くて持ち運びや空いたペットボトルの
ゴミだし処分に大変な事です。

そういった事を不便に感じるようでしたら、お水の宅配を
おすすめいたします。(今は宅配料やウォーターサーバの
設置料が無料のところもたくさんありますので)

日本最大級のウォーターサーバ比較サイトをみますと、
売れているものや価格順、または用途別
(乳児に適したお水の紹介など)で紹介されていますので
気になる方は下記からご覧ください。
▼ ▼ ▼