80年代アイドルを中心に、心に残る素敵な音楽を紹介するレビューサイトです!

2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
アイドル・芸能ランキング
WEBランキングに参加中!ぜひ1票をお願いします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:idol-pops
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:岩手県
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« LOVELY MELODY MAKER Vol.2 小室哲哉〜後編〜 | Main | 荻野目洋子「VOICE NOVA」 »
LOVELY MELODY MAKER Vol.2 小室哲哉〜前編〜  / 2006年02月25日(土)
 久しぶりのこのコーナー「LOVELY MELODY MAKER」。第2回目の今回は、本日誕生日を迎えた私が、こよなく愛するメロディメーカーである小室哲哉さんをご紹介します。

 小室さんといえば、90年代半ばからの「TKプロデュース」として、ムーブメントを巻き起こし、数々のミリオンアーティストを生み出した事で有名ですが、80‘sアイドルへ楽曲提供をしていた時代を忘れてはいけません。まだ、TM NETWORKとしての活動がメインだった80年代半ば、渡辺美里さんの「My Revolution」を作曲し大ヒットを記録。このあたりから、小室さんのメロディーメーカーとしての認知度がグッと上がったのではないかと思います。

 彼が楽曲提供したアイドルは数知れず。松田聖子さん、中森明菜さん、小泉今日子さん、中山美穂さん、岡田有希子さん、堀ちえみさん、荻野目洋子さん、岩崎良美さん、八木さおりさんなどへ良質のアイドルポップスを提供していました。もともと、私の姉がTM NETWORKのファンでして、当時から彼等の音楽を耳にしていたので、小室さんが作り出す綺麗なメロディラインは注目していました。

 そんな小室さんがはじめて楽曲提供したアイドルが岡田有希子さんだったんですね。85年10月にリリースされた「十月の人魚」に収録されている「Sweet Planet」と、「虹色プリンセス」の2曲を作曲。非常に優れた作品ばかりが揃ったアルバムなんですけど、こちらは後日アルバムレビューとして、お話したいと思います。


 そして、86年1月の美里さんのシングルヒットがあり、作曲家としても徐々に注目を集めていきます。86年7月にリリースされた中山美穂さんの「JINGI・愛してもらいます」、そして翌年7月リリース「50/50」は、すごくアイドルらしいポップな曲なんですが、アレンジが小室さんではないので、あまり「小室色」は出ていません。ちょうどその頃発売された美穂さんのアルバム「ONE AND ONLY」に収録されている「LINNE MAGIC」の方は、アレンジを鷺巣詩郎さんが手がけていて、「これぞ!小室サウンド!」という印象で、うまく小室メロディの魅力を引き出した作品になっています。

 86年にリリースされた荻野目洋子さんの大ヒットアルバム「ノン・ストッパー」。このアルバムに収録されている「NONSTOP DANCER」も彼の作品。こちらも、当時「ダンシング・ヒーロー」でブレイクした彼女の魅力をうまく引き出したダンスポップで、アルバム収録のカバー曲に全く引けをとらない名曲です。87年にリリースされた松田聖子さんのアルバム「Strawberry Time」には、「Kimono Beat」という曲を提供しています。聖子さんへの提供曲はこの1曲だけなんですけど、意外と聖子さんとの相性は良かったように思います。作詞は松本隆氏。

 そして、先日レビューした堀ちえみさんの87年リリースのラストシングル「愛を今信じていたい」。個性のある作家陣の楽曲を多く歌ってきたちえみさんが、引退直前に小室さんの楽曲を歌ってくれた事は、当時すごく嬉しかったです。この曲は、後に小室さん本人も「思い出を置き去りにして」というタイトルでセルフカバーしていますが、彼自身、ちえみさんが引退する直前の最後の歌番組で、唇を震わせこの曲を歌っていた姿がすごく感動的だったそうで、この曲への思い入れがうかがえます。

 〜後編へ続く〜
Posted at 21:30/ この記事のURL
コメント(3)
この記事のURL
http://yaplog.jp/idol-pops/archive/70
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

こんにちは。
とても興味深い記事で、楽しめました。
「岡田有希子さん」にも楽曲を提供されていたとは、知りませんでした。
岡田さんは、遠い記憶の中でうっすらと覚えているんですが、とてもカワイイ人だったような気がします。
今度、音源を捜して聴いてみたいと思います。
Posted by:pandaga at 2006年03月18日(土) 15:09

>ひとひとさん
 ご無沙汰してます。
 有希子さんの楽曲は、しばらく封印されていましたからね・・・。自分も数年聴けずにいましたし。
 けど、あのような名曲が流れなくなったというのは、本当に残念な事ですよね。
 小室さんも初のアイドル提供曲として、よほど力が入っていたでしょうし。本当に完成度の高い名曲だと思います。
Posted by:TK at 2006年03月01日(水) 11:46

お久しぶりです。

小室さんが初めて楽曲を提供したアイドルがユッコであることはある雑誌に載ってましたが、一応彼女も小室ファミリーの一員になるんでしょうね(しかも初代の)。
提供したのはたったの2曲だけですが、どれもが遜色のない出来で、小室節が曲の中に満ち溢れていると思うし、それを難なく歌うユッコもすごいといつも思います。(「水色プリンセス−水の精−」は難しいと毎回聞くたびに思う)
また、彼女の全55曲の中でも、小室さんの曲が一番特色が出ていると思います。

そういえば、どこかで聞いた話なのですが、あるラジオでゲストに出ていた小室さんが、ユッコへの提供曲『水色プリンセス』について、
「自分がとても大事にしていた曲なのに事件のせいで流せなくなった。」
と残念そうに紹介していたらしいです。初めてアイドルに提供した楽曲でもあるためか、彼にとってはやはり思い入れのある曲なのでしょうね。
Posted by:ひとひと at 2006年02月28日(火) 12:59

   
Powered by yaplog!