80年代アイドルを中心に、心に残る素敵な音楽を紹介するレビューサイトです!

2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アイドル・芸能ランキング
WEBランキングに参加中!ぜひ1票をお願いします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:idol-pops
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:岩手県
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 中森明菜Live2005「Empress at CLUB eX」 | Main | 松本典子「THE BEST Purity」 »
番外編 工藤慎太郎「シェフ」 / 2006年01月30日(月)
 今回は80’sアイドルではなく、番外編として現在のミュージックシーンから「工藤慎太郎」というシンガーソングライターをどうしてもご紹介したくて、レビューさせていただきたいと思います。

 彼は1980年生まれの現在25歳。幼い頃から松山千春さんなどのフォークソングを聞きながら育ち、「将来は歌手になる!」という夢を抱きます。16歳でロンドンに語学留学し、その際に現地のミュージシャンとセッションしたりして、ギターの腕前と歌声を磨いてゆきます。どうしても歌手になりたい、歌を伝えたいという気持ちと、厳しい現実が交差し、途中挫折しそうにもなりますが、川口駅前での路上ライブを始める事によって、たくさんの事を吸収する事になります。そんな折、テレビのオーディション番組に出演する事になり、10週連続勝ち抜き、メジャーデビューへの切符を勝ち取ったのです。演歌歌手の八代亜紀さんが、テレビで歌っている彼の姿を見て感動し、「うちにいらっしゃい。」という事で、八代さんの所属事務所「ミリオン企画」へ。そしてコロムビアレコードから1月25日にデビューが決まりました。

 そんな彼と、数日前はじめて出会う事ができました。東京・秋葉原駅前の路上ライブでした。私は、その日から数日間所用があった為、岩手から上京いたしました。たまたま、出発の前日に、インターネットで彼の記事を見つけ興味を持ち、ぜひ彼の歌声を生で体感してみようと思い立ち、会場へ足を運びました。ちょっと早い到着で、まだお客さんはいませんでしたが、そのままその場で待つ事にしました。そして、ライブがスタート。はじめて見る彼の姿と、はじめて聞く歌声。ギターの弾き語りで、甘くて、そして素直で真っ直ぐな歌声。彼の音楽のルーツとする、70年代のフォークサウンドが蘇ります。

工藤慎太郎オフィシャルサイト

 

 なんだかすごく懐かしくて、それでいて新鮮な感覚を受けました。こんなにも直で心に伝わってくる歌を聞いたのは、いつ以来だろうと・・・。彼の歌に対する愛情がビンビンとこちらに伝わってくるのです。歌っている事が大好きで、生きている事がとても素晴らしいという気持ちが見てとれました。今の時代、こんなピュアなアーティストがいるのかと圧倒されました。途中、雨がポツリポツリと落ちてきましたが、そんな冷たさなども忘れ、いつしか鳥肌が立つほどの感動を覚えました。

 ライブ終了後、デビューCD「シェフ」の即売会&サイン会があり、迷わずCDを購入する私がいました。あんなに心が洗われたのは久しぶりでした。順番待ちをしているうちに私の番が来ました。目の前の彼に「岩手から来ました。」と伝えると、びっくりしていました。サインをジャケットに書いていただきながら、少し言葉を交わし、握手をして別れました。この時に私はすごく運命的なものを感じたのです。実は、私も以前から抱いていた夢があって、その夢が少しずつですが、手の届きそうなところまで来ているんです。なので、ずっと歌手になるという夢を抱いていて、その夢を実現した彼と、自分を重ねてしまったんだと思います。

 そんな彼のデビュー曲「シェフ」は、自身のバイト体験を歌詞にした楽曲で、バイト先のイタリア料理店のシェフとのふれあいと、彼の当時の心境が痛いほど伝わる名曲です。歌詞に「夢を捨てちゃいけねえ」「一生懸命やる事さえも〜バカにされてしまう世の中だから人は素直になれなくて・・・」とあるんですが、現代の閉塞感漂う社会や、「夢・目標」を持たない若者が多くなってきている中で、この歌は本当に前向きで、彼の一生懸命さがひしひしと伝わってきます。曲の雰囲気としては、さだまさしさんの「関白宣言」のような懐かしさに、尾崎豊さんの歌魂を乗せた感じとでもいいましょうか。

シェフ 歌詞

 カップリング曲の「Message」は、せつない直球のバラード曲なんですけど、福山雅治さんの大ヒット作「桜坂」をはじめ、多数の福山作品や、一青窈さん、中西保志さんなどの楽曲アレンジを手がけている富田素弘さんが演奏する静かなピアノと、あの本田美奈子さんの「新世界」などでも演奏されている、金原千恵子さん等によるバイオリンの音色がとても素晴らしく、完成度の高い1曲に仕上がっています。この曲では、より優しく、透明感溢れる彼の歌声が響いてきます。

 横浜でのインストアライブのアンコールでは、あの「アメイジング・グレイス」を熱唱し、本田美奈子さん、中島美嘉さん、綾戸智絵さんとも違う、「工藤慎太郎」の人間性が出ている「アメイジング・グレイス」でじっくりと酔いしれる事ができました。男性アーティストの解釈でのこの曲も良いものだなと感じました。

 まだデビューしたばかりの新人「工藤慎太郎」。様々なタイプの楽曲を器用に歌いこなすその力は、まだまだ未知なる可能性を感じずにはいられません。今の時代、少々珍しいタイプの直球型。このようなピュアな心を持つアーティスト、そして音楽が、人々の心のオアシスになれば。そう願ってやみません。ぜひ彼の音楽に触れてみて下さい。そんな優しい気持ちになれるはずだから・・・。
Posted at 20:50/ この記事のURL
コメント(14)
この記事のURL
http://yaplog.jp/idol-pops/archive/58
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

縲?? 縲?縲?l縲?⊇繧牙慍蝗ウ縺ョ縺薙%縲∝?縺」蠑オ縺」縺ヲ繧句嵜縺?h \r\n\r\n縲?縲?縲?
Posted by:Jual Tas online murah di semarang at 2013年11月15日(金) 18:55

TKさん、遊びに来てくれてありがとうございました。
プロフ見て、びっくりしました。住所が埼玉じゃないんですね。(;;・∀・;;)
川口まで足を運ばれたなんて、流石です。
私は今回行かれなかったんですが、また川口で行われることがあれば、ぜひ行ってみたいと思っております。
慎太郎さんの声とメロディーとマスクに惚れてしまいました。懐かしいようで温かい。人柄が表れてるような気がします。昔、好きだった人にちょっと似てるんですよね〜(滝汗)
Posted by:りょう☆ at 2006年04月04日(火) 19:15

「夢を捨てちゃいけねえ」
「おまえを皿洗いで雇ったわけじゃない」

 涙を誘う歌です。

 今の職場で理解者となってくれた人も、「無理に仕事を請けるなよ」「お前にばかり仕事が集中するのを、上に追及してきたよ」とフォローしてくれました。

 その人も、今年度で転勤だそうです。
Posted by:はたやん at 2006年03月30日(木) 02:01

コメントありがとうございました。シェフには私も懐かしい気持ちにさせてもらいました。それでは、失礼します。
Posted by:LU at 2006年03月24日(金) 13:08

ブログへのコメント有難うございました。
実はあれからCDを探しに出掛けたのですが、遂に見つける事ができませんでした…_| ̄|〇
注文するしかないのかなぁ…どうも、私が好きになったアーティストの方達はデビューしたてだったり、マイナーな方だったりで、CDを入手するのも一苦労だったりします(;^_^A
あ、『シェフ』のような曲が好きならば、ちょっと古いですが、エムラミノルの『恋花火』とか気に入ってもらえるかもしれませんよ。おすすめです(^-^)
Posted by:バグ at 2006年03月21日(火) 00:35

こんにちは、ブログに書き込みしていただいてありがとうございます。うちのブログは普段あんなマジメなことは書かないので見ないことをオススメしますが、工藤慎太郎さんのこと、コメントしていただけて本当に感謝しています。
とあるラジオ番組の、マンスリーテーマになっているらしく、そこで初めて聴きました。そしたら危うく泣きそうになってしまって、こんな気持ちは久し振りでした。是非これから活躍して欲しい唄い手さんです。こんな素敵な歌を作る人がいるのだから、世の中捨てたもんじゃないと思えます。
それでは、長々と失礼いたしました。
Posted by:小金井 at 2006年03月20日(月) 15:23

TBありがとうございます。工藤さん(先輩)のステージはまさに感動的でした。うちの卒業生というだけで、超目の前で歌を聴けたことを嬉しく思います。これからも応援していきたいです。
Posted by:O&W at 2006年03月19日(日) 21:57

はじめまして。TBありがとうございます。
自分は何の前情報もなしにいきなり生歌を聴いたのですが、工藤さんの歌唱力には脱帽です。
今後が楽しみですよね。
Posted by:てぃーる at 2006年03月13日(月) 12:37

>なおさん
 いつもどうもありがとうございます!
 彼の歌声は、人の心を打つものがありますよね。
 ぜひブレイクしてもらいたいです。
 なおさんも、もし良ければ一緒に応援してくださいね!よろしくお願いします。

>ネクシー1号さん
 はじめまして。
 様々なタイプの楽曲を歌いこなす彼。
 「シェフ」はもちろんですが、これからの楽曲にも期待したいですね!

>ゆこさん
 はじめまして。
 彼の歌声は、ぜひラジオとか有線でふと耳にしたいですね。たくさんの人たちの耳に届くと嬉しいです。

>yuさん
 工藤さんと古い付き合いなんですね! 
 彼が作り出す音楽は、本当に癒されます。
 これからもいろんなタイプの楽曲を聞かせて欲しいです。

>K-Marineさん
 「工藤慎太郎」、ぜひチェックしてみてください!
 これからジワジワとブレイクする事、間違いないですから!!
Posted by:TK at 2006年02月15日(水) 22:44

TKさん>こんにちは。
私が住んでいる栃木県のFM放送局「RADIO BERRY」に、「B-POP ルーキーズ(だと思います)」という毎月注目の新人アーティストを紹介するコーナーがあるのですが、今月のアーティストが工藤慎太郎さんなんです。
毎日、午後1時55分になると、「シェフ」が県内中に流れます 一昨日知りました。
一青窈さんのように、このコーナーで紹介された後、メジャーになったアーティストも多いんですよ。多くの人に聞いて頂けると良いですね。素朴で古い感じがかえって凄く新鮮に聞こえる、素敵な歌声だと思います。
Posted by:茶来恋なお at 2006年02月15日(水) 14:51

TBいただきありがとうございました。
これからの彼の活躍に期待しています!
あの、音楽センスならばこれからも確実に
心にしみる曲、提供してくれそうです。
Posted by:ネクシー1号 at 2006年02月15日(水) 06:34

TBいただきましてありがとうございました。
工藤慎太郎さんの歌、本当にいいですよね。
ラジオで一度聴いただけで深く心に刻まれました。
Posted by:ゆこ at 2006年02月14日(火) 20:55

工藤さんの歌はすばらしいですね。彼とは古い付き合いなのですが、昔から良い歌を歌っていました。ここまで芽がでなかったのが不思議なくらいです。でもそういった挫折が、今回の曲をつくるきっかけにもなったと思いますし、結果的に良かったとかなと遠くから見守っています。もちろんこれからも!
Posted by:yu at 2006年02月02日(木) 01:19

 はじめまして。私のブログにTB頂いてありがとうございます。お手数ですが、なぜか同じTBが3つ届いてる状態になってますので、その重複分は消しといてください。本当にすいません。

 工藤慎太郎…チェックしときます。ただ者ではなさそうですね。
Posted by:K-Marine at 2006年01月31日(火) 23:18

   
Powered by yaplog!