80年代アイドルを中心に、心に残る素敵な音楽を紹介するレビューサイトです!

2016年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アイドル・芸能ランキング
WEBランキングに参加中!ぜひ1票をお願いします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:idol-pops
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:岩手県
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
思わず何度もリピートしてしまう名盤!工藤静香「My Heartful Best-松井五郎コレクション-」 / 2016年03月20日(日)
 今回は、3月9日にリリースされた工藤静香のニューアルバム「My Heartful Bestー松井五郎コレクションー」をご紹介したいと思います。

 この作品は、タイトル通り、これまで彼女の作品を数多く手掛けてきた作詞家・松井五郎が彼女に提供した楽曲を完全収録したベストアルバムです。松井五郎という名前は以前からよく見ていましたが、やはり松井五郎=工藤静香というイメージが強いですよね。

 正直、このベスト、リリースアナウンスがあった頃には、さほど気にも留めていなかったんです。昨年、中島みゆき×後藤次利コレクションによるベストをリリースしていましたし、「またベスト?」という気持ちと、ぶっちゃけアーティスト・工藤静香への思いがすっかり薄れていましたので、興味がなかったんですね。しかし、最近やたら「恋一夜」が聴きたい衝動に駆られていて、僕が彼女の作品にハマっていた頃の楽曲が聴きたいなあって思っていたところだったんです。 

 そんなタイミングでリリースされたこのベスト。買うつもりはなかったんですが、Twitterでも評判が良く、久々に彼女の懐かしい楽曲をまとめて聴けるし、お値段も3枚組にして2778円(+税)というお得感があったので、思わずポチッとしてしまいました。

 今回のベストは、「Bloom」「Aqua」「Crescent」とDisc3枚に分かれていて、それぞれの世界観が繰り広げられています。個人的に、一番気に入ったのが、Disc2の「Aqua」。この「Aqua」は、彼女の真骨頂とも言えるロック色の強いナンバーが収録されたDiscとなっています。

 1曲目の「天使みたいに踊らせて」。こちらは、1989年3月にリリースされたアルバム「JOY」の1曲目に収録されているロックナンバー。この曲、超久しぶりに聴きました。おそらくリリース当時以来。こんなに良い曲でしたっけ!?この曲がリリースされた頃は、レコードからCDへと移り変わろうとしていた時期で、僕はこのアルバムをカセットで購入し、よくラジカセで聴いていました。なので、CDで聴いたのは、正直これが初めて。こんなにカッコいい曲だったんだ!ってびっくりしました。続いて、シングル曲「ぼやぼやできない」。この曲、当時から大好きでした。それまでのシングルはちょっと重厚感たっぷり系の楽曲が多めだったので、軽やかなバンドサウンドが心地よかったです。同時期にリリースされたアルバム「mind Universe」は、今でもこの時期になると必ず聴きたくなる名盤です。

 3曲目「Mirageの虜」。こちらは90年4月リリースのアルバム「rosette」からの1曲。「rosette」も当時聴きまくりましたね〜。ちょうど高校へ上がる時のリリースで、新しい環境へと飛び込まなければならない時期で、不安と期待が入り混じる不安定な気持ちの中、このアルバムを聴きながら自分自身を励ましていた事を思い出しました。これもカッコいい曲なんですよね〜。静香のシングル&アルバム共に、特にも89年〜91年はホント神曲ばかりでした。4曲目の「バロックパール」は、2012年にリリースされたシングル「キミがくれたもの」のカップリングとして収録されていた楽曲。このDiscの中では、この曲だけ最近の楽曲となるんですが、他の80〜90年代の楽曲と比べさほど違和感無く、往年の静香節が堪能できるカッコイイナンバーです。

 5曲目「Non-Stop」。これも久しぶりに聴きましたね〜。「恋一夜」のB面曲なんですが、初期の静香らしい疾走感あふれるナンバーです。アレンジも「Again」っぽくて懐かしいです。6曲目「とても小さな傷心」もアルバム「JOY」からのナンバー。「JOY」って何気に良いアルバムだったんだ!と思い直しました。久しぶりに聴いてみなくちゃ・・・。7曲目「わたしはナイフ」は、93年2月にリリースされた大ヒットシングル「慟哭」の次にリリースされたシングル。非常にわかりやすいメロディラインによる歌謡曲路線のナンバーなんですが、今改めて思ったのは、この曲ってうしろ髪ひかれ隊に歌わせても違和感が無いなあと。「わたしはナイフ」のうしろ髪Ver.、かなり良さそうですよね!!

 8曲目「うらはら」。こちらは92年リリースのシングルなんですが、ぶっちゃけ当時はこの曲あまり好きじゃなかったんです。他にも「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」「あなたしかいないでしょ」「声を聴かせて」のようなメジャーコードによるバラード楽曲が苦手で・・・。当時、本人はこの路線めちゃくちゃ気に入ってたみたいですけどね。ただ、今改めて聴いてみると、悪くないなあと。この頃、すでにこの路線を確立していた工藤静香って何気に凄かったんだ!って思わされました。ラストは「さよならLONELY これっきりLONELY」。こちら、静香お得意のロッカバラードなんですが、これもいいなあ。Discのラストに相応しい楽曲です。

 というわけで、Disc2は、あっという間に聴き終えてしまって、何度も何度もリピートしてしまってます・・・。まさか、こんなにハマってしまうとは誤算でした。工藤静香の楽曲って、いつの間にかクセになる「何か」を持ってますよね。

 Disc1と3も紹介したいのですが、書き出すと延々と長くなってしまうので・・・。Disc1だけちょっとだけ。2曲目に収録されているのは、僕が久々に聴きたかった「恋一夜」。これ、本当に大好きな曲なんですよ。彼女の曲の中で一番好きです。初めてこの曲を聴いたのは、TBSラジオの歌番組の新譜コーナーでした。イントロの時点でヤラれた!と感じ、最初から最後の最後まで全く飽きさせないドラマティックな曲展開は感動すら覚えました。これは大ヒットする!と確信しましたね。この曲があったからこそ、その後の歌手生命があるといっても過言ではないと思います。

 このDisc1の中で、僕が特にもオススメしたい楽曲が2曲ありまして、1つは3曲目に収録の「ちょっとしたGUILTY」。93年リリースのシングル「あなたしかいないでしょ」のカップリングに収録されていた楽曲なんですが、実は初めて聴いたんですよ、この曲。94年リリースのシングル「Blue Rose」からの路線で再び彼女の音楽にハマっていった僕でしたが、92〜93年は、バラード楽曲が多く、バラードがあまり好きではなかった僕としては、当時の静香のシングルはレンタルすらしていなかったんです。なので、この「ちょっとした〜」は初聴きでした。いやあ、この曲、かなり良いですね!当時のバンドサウンドの中歌われる、静香らしいドラマティックで疾走感溢れるマイナー調路線。このテの曲が好きなんですよ!

 そして、ラストに収められているのが、「Without Your Love」。こちらは93年にシングル候補として録音されながら、お蔵入りとなっていた未発表曲なんですが、これがまた良いんですよ!ギターの音色がしびれるマイナー調のブルースナンバーなんですが、これまでの彼女にはなかったメロディラインですよね。パッと聴き、演歌調でもあり。「雨のブルース」ってタイトルでもおかしくないくらい。坪倉唯子さん達による重厚なコーラスが、この曲のアクセントとなってますよね。おそらく「わたしはナイフ」「あなたしかいないでしょ」の頃にリリースされる予定だったんでしょうが、お蔵入りはもったいなかったですよね。こんなハイレベルな楽曲がお蔵入りになっていたなんて・・・。今回を機に、日の目を浴びる事となってホント良かったです。この1曲だけの為に、このベストアルバムを買っても全然損はさせない程の名曲だと思います。もし、この時期にこの曲をシングルリリースしていたら、その後の路線も、もしかすると変わっていたのかな?と思わせるほど、影響力が感じられる1曲です。

 ひと通りアルバムを聴いてみて特に感じた事は、とにかく、ファンのツボにハマるDisc分けと曲順になっている事!これには、本当に参りました。松井五郎氏自身が考えられたそうなんですが、流石です!「この曲の次には、あの曲が来て欲しい!この曲の次には、さらに疾走感あふれるノリノリの楽曲でガツンと!」とか、歌を聴いているとあれこれ思うものですが、そんな思惑がバッチリと見事にハマっていて、涙が出そうになります。ホント、ファン思いのセレクションです!そして、音楽マーケッターの臼井孝氏による愛情溢れるライナーノーツも見応え満点です!当時のエピソードや楽曲説明が事細かに書かれているので、それぞれの楽曲を聴くポイントをしっかりと押さえる事が出来ますよ。松井五郎氏による寄稿も、当時の入れ込み具合が窺えて、とても興味深かったです。まさか、「くちびるから媚薬」の出だしの歌詞♪ちょっと待ってよ ねぇ♪が、静香本人の口癖を取り入れたものだったとは!

 なお、Disc1の「Bloom」は、全体的に気だるさが感じられる楽曲が多く、世間一般がイメージする静香像に一番近い括りで、アーティスト・工藤静香の本質を垣間見る事が出来ます。オススメのDisc2は、ノリノリのロック集!これぞ静香の真骨頂!疾走感あふれる楽曲が多いので、ドライブミュージックにもぴったりです。Disc3の「Crescent」は、しっとりとした楽曲が多く、夜寝る前にゆっくり聴きたい仕上がりとなっています。

 今回、このベストアルバムを聴いていたら、この当時の彼女の作品をいろいろと聴き返してみたくなりました。特にも、89〜91年!!アルバム「JOY」を再びじっくりと聴き返したいし、僕が彼女のアルバムの中で名盤!と思える、90年の「rosette」と91年の「mind Universe」を聴きまくりたいと思います。これらの作品って、全て3〜4月リリースなので、ちょうど今の季節にぴったりなんですよ。

 というわけで、このアルバム。なんだかんだですっかりハマってしまい、ずっとリピートしまくり状態です。まさか、工藤静香のベストアルバムをここまで聴く事になるなんて・・・。彼女の黄金期の楽曲と魅力がギュッと詰まった本作。今回の作品をひと通り聴く事によって、彼女の歌の本質を探る事が出来ます。おそらく、僕と同じように、往年の彼女の歌は好きだったけど、今は全く興味ない!って方、たくさんいると思うんです。けど、何かのきっかけによって、このアルバムで再び彼女の歌を耳にしてしまったら・・・あら不思議!間違いなく、工藤静香の歌世界に再び呼び戻されるに違いありません。ぜひぜひ一度CDショップで手にとっていただいても結構ですし、ネットで試聴してもらっても良いと思いますので、騙されたと思ってぜひ聴いてみていただきたいと思います!






 
   
Posted at 18:01 / 80'sアイドル / この記事のURL
コメント(2)
永遠のアイドル・南野陽子デビュー30周年記念コンサートin品川ステラボール ライブレポ / 2016年02月22日(月)
 2016年2月20日、品川プリンスステラボール。この日は、待ちに待ったナンノこと南野陽子のデビュー30周年記念コンサート当日である。

 思い返せば、僕がはじめて彼女が歌っている姿をブラウン管で見たのが、セカンドシングル「さよならのめまい」で「ザ・ベストテン」にスポットライトで登場した時だ。恥ずかしながら、僕が住んでいる岩手県では、当時フジテレビ系列はネットしておらず、お隣宮城県の仙台放送が写らないと、フジ系のテレビは見れなかったのである。家では仙台放送も写らず、「スケバン刑事」は放送されていなかったのだ。(後々、IBC岩手放送で再放送される事になるが。)

 なので、南野陽子というアイドル歌手の存在は知っていても、歌っている姿も演じている姿も見た事が無かったのである。そんな流れがあっての、1986年1月の「ザ・ベストテン」。なぜか当時の第一印象は、「あまり好きじゃないかも・・・。」だった。これはおそらく、気が強そうな印象を受けたせいで、なんか好きになれなかった。テレビでお目にかかる機会が少なく、馴染がなかった為、何の思い入れもないまま普通にスルーしてしまっていた。そんな印象だったナンノに対し、思いが変わってきたのは、それから1年も先になる。1987年1月、「楽園のDoor」がリリースされてからだ。

 この頃も、まだどこか好きになれず、正直「なぜそこまで売れているんだろう?スケバン刑事効果なんだろうけど、見た事もないし。」と思っていた。しかし、オリコンでは初の1位を獲得し、ベストテンやトップテンでも上位にランクインされ、毎週のように曲を聴いて、姿を見ているうちに、とうとうナンノにハマり出したのだ。サビのフレーズ♪心ごと〜♪の後の振り付けがなんとも可愛く、いつの間にかすっかりハマっていた。楽曲も来生たかおが作曲していて、僕が大好きな「セーラー服と機関銃」や「セカンド・ラブ」と同じく、哀愁漂うマイナー調の楽曲。まさに僕好み。なんで、今までナンノを好きになれなかったんだろう?と、自分を責め立てた。



 そんな当時のさまざまな思いが去来する中、ステージがはじまった。ステージ中央にセットされたスクリーンには、彼女の代表作「スケバン刑事」が映し出された。そして、鉄仮面が外れる瞬間、ナンノご本人の登場!そこからは、怒涛のスケバンメドレー!これには、涙を流さずに居られる訳がない。気がつけば、涙が頬をつたっていた。小・中学生だったあの頃、本当に夢中になったアイドル・南野陽子が目の前に立っているのだ。デビューから30年。「楽園のDoor」以降、すっかり大ファンになり、新曲がリリースされると、必ずレコードを買い、ラジオへ電話リクエストをしていた学生時代。一時期は、もう二度と歌を披露してくれることなんてないのだろうと諦めた時もあった。そんなナンノが、またファンの前に登場し、当時と同じような華やかなドレス姿で、当時とさほど変わる事のない甘い声で歌っている。これまでの思いが走馬灯のように駆け巡る中、もう涙を流さずにはいられなかった。

 僕の涙腺が完全決壊したのは、「秋からも、そばにいて」の時だった。この曲は、当時から一番思い入れがある楽曲だ。なぜならば、どうしても「ザ・ベストテン」での歌詞忘れ事件がいまだ頭から離れないからである。忘れもしない、1988年11月3日、第3位にランクインしていた時。ゴージャスなドレスを着ていて足元を気にしすぎたせいか、完全に歌詞を忘れてしまい、震えが止まらずパニック状態に。最後は、涙を浮かべながらの「どうもすみませんでした!」。あとで、本人も語っていたが、もう彼女はこのまま引退してしまうのだろうと思い、僕も放心状態となり、眠りにつけなかった事が思い出されてならないのだ。

 もともと、彼女が歌う秋ソングが大好きだし、季節でも一番秋が好きだったので、毎日何度も繰り返し聴いていた楽曲。そこへ、そんな事件の想い出も重なり、もう歌い出しの時点で、あふれる涙を止める事が出来なかった。自分が一番大好きな歌、何よりも思い入れのある歌を、またナンノが歌ってくれている。もしかしたら、また歌詞を間違うんじゃないか?などという思いも同時に沸いてきて、ちかんじtょっと不安になりながらもステージを見つめる。しかし、今日のナンノは違う。当時よりも、しっかりとした力強い歌声で、完璧に歌い上げてくれた。これは本当に感動した。

 今日、このステージを見に来るまでの間、僕自身も様々な事があった。体調を崩し、気持ちが下向きになった事も、仕事を辞めようと思った事もあった。けど、どうしてもナンノの30周年記念コンサートが見たくて見たくて、仕方なくて、いろんな事を耐え抜き、我慢して我慢して、そんな状況をくぐり抜けてのコンサート参戦だったので、本当に感動した。生きてきて良かったとさえ思った。それほどまでに、ナンノのコンサートは、僕にパワーを与えてくれたのだ。

 この日は、90年代にリリースされたシングルも披露された。「ダブルゲーム」や「耳をすましてごらん」など。「ダブルゲーム」がリリースされた頃、時代はすでにアイドル冬の時代到来。80年代後期、ナンノ含めアイドル四天王と言われていた、中山美穂、工藤静香、浅香唯も、それぞれアーティスト路線へと変更し、アイドルからの脱皮を図っていた。「ダブルゲーム」は、テレサ・テンのような歌謡曲路線を意識して作られたものだ。

 当時のナンノは、まだアイドルイメージが強かった為、ちょっと大人すぎるなあという印象を受けたが、今回のステージで改めて聴いてみると、かなりしっくりきた。スタイリッシュなコート姿で歌われたこの曲。まさに、年齢を重ねた今だからこそ、等身大で歌える楽曲になったんだなあと感じた。

 衣装替えタイムを利用しての、懐かし映像コーナーも楽しかった。当時のアイドルCMの登竜門とも言われた、グリコのチョコ&ポッキーのCMや、JRのCMも本当に懐かしかった。そして、南野陽子は本当に美少女だったんだと今更ながら改めて実感した。

 最後は、「はいからさんが通る」「吐息でネット」「話しかけたかった」という春のイメージ満載の大ヒット曲3連発でフィナーレ。この時も、涙腺がヤバかった。これぞ、アイドル・南野陽子の極致である。欲を言えば、「はいからさん〜」は袴姿で拝見したかったが、これは欲を出しすぎである。会場からの親衛隊コールも懐かしかった。いつも、トップテンを見ていて、幼心に、大人になったら、自分も一度はやってみたいと思ったものだ。コンサートホールで、あの声援に包まれると、時代をタイムスリップしたかのような感覚に陥り、何とも心地よい気持ちになる。80年代当時に、この雰囲気をリアルで体感したかったなあと感じたが、それは欲張りというものである。

 その後、アンコールもあり、無事コンサート終了。ひと通り見てみてすごく感じたのは、彼女の歌声やパフォーマンスの完成度が高かった事。近年、テレビで歌披露していた時には、緊張やテレ隠しからか、途中で「あ〜!」とか「ごめんなさい!」とか言ってて、(そこがナンノらしいところでもあるが。)せっかくのステージもどこか「おちゃらけ」に感じてしまう事がしばしばだった。

 しかし、今回は30周年記念コンサートという事もあり、最初こそ緊張で声がイマイチだったが、本当に素晴らしいステージで、歌手としてのブランクを全く感じさせなかった。流石である。これまでも、松本伊代、堀ちえみ、菊池桃子、荻野目洋子などの30周年記念ライブを見に行っているが、みんなそれぞれに完成度が高く、激動の80年代にトップアイドルとして君臨していただけあるなあと感心した。

 最後の最後は、握手会に参加。握手前にトイレで歯磨きをしていた方もいたようだが、ナンノとの握手が近づくにつれ、手に汗が滲んできて大変だった。とうとう目の前にしたご本人は、本当に美人で若々しかった。「岩手から来ました!」「またぜひコンサートやってください!」と告げる事が出来、本当に満足した。そして、何よりも手が柔らかかった事が忘れられない。

 一通りステージを見て、改めて感じたのは、どの楽曲も彼女の声質、音域を十分に理解した上で、彼女ならではの個性や魅力が最大限に生かされるように作り込まれている事。譜割にしても、お世辞にも歌唱力があるとは言えない彼女の声の伸び方がきれいに聴こえるように仕上がっているなあと。彼女自身がよくスタッフに恵まれたと語っているが、本当にその通りだと思う。そんなスタッフ達と一緒になって作られた作品なので、本当に良質なものばかりなんだと感じた。

 そして、何よりもナンノ自身がどの作品、どの商品についても、魂と愛情が込められているなあと。MCでのグッズ紹介の時にも感じたが、昔から発揮されていたセルフプロデュース力がいかんなく発揮され、今回のダイアリーパンフも誕生したようだし。そんな部分が、周りから見れば「ワガママ」と誤解され、89年頃のバッシングに繋がったのかもしれないが、そのセルフプロデュース力があったからこそ、いまだ第一線で活躍し続けているのだと思う。

 女優としての南野陽子も、、もちろん素敵だが、往年のファンとしては、やはりアイドル、歌手としての南野陽子をずっと応援していきたい。今回のコンサートを見る限り、全くブランクを感じさせず、完璧主義な彼女らしく完成度の高いパフォーマンスが出来ている。今回の為に、よほどの努力があったのだろうが、40代後半にして、あの華やかさは、なかなか出せるものではないだろう。まだまだ、歌手・南野陽子のステージを見守っていたい。 

 今回の記念コンサート、どうやらDVD化する予定が無いらしい。が、しかし、あれだけのパフォーマンス、あれだけのお客様が詰めかけた素晴らしいステージをパッケージにしないなんてあり得ない!ぜひとも、歌手・南野陽子の記念すべきステージを商品化していただき、1人でも多くの方に見ていただければと強く願いたい。そして、今回が最後と言わず、またいつか必ずコンサートを開催してほしい。南野陽子は、僕らにとって永遠のアイドルなのだから・・・。






 
   
Posted at 20:40 / 80'sアイドル / この記事のURL
コメント(0)
金太郎飴の如く、旨味満載!中森明菜「FIXER」 / 2016年01月12日(火)
 今回は、2015年12月30日にリリースされた中森明菜のニューアルバム「FIXER」をご紹介したいと思います。

 前作「DIVA」から実に6年4カ月ぶりのオリジナルアルバムのリリースとなる本作。いやあ〜、これは本当に明菜ちゃんにヤラレました・・・。デビューから33年、50歳にして、こんな最高傑作を世に送り出すとは!!

 1曲目の「FIXER-WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING-」からして、もう度肝を抜かれましたよ。ちょっと聴きしただけだと、普通に外国アーティストによる洋楽作品だと思えてしまうほどのカッコイイ作品。80年代の明菜しか知らない方々が、もしこの曲を聴いたら、本当にびっくりするでしょうね!

 そして、その流れを推し進めるかのような2曲目の「Rojo-Tierra-」。復帰第一弾シングルとなったこの曲。浅倉大介お得意のダンサブルなサウンドなんですが、正直この曲、あんまり好きじゃなかったんです。2014年の紅白で見た時にも、あまりピンとこなくて。なんか、今の明菜に似合ってないような気がして。無理してアップテンポな楽曲を歌ってる感じがしたんですが・・・。

 いやいや、僕の考えが甘かった事を、この1曲目〜2曲目の流れを聴いて思いました・・・。何!?このあまりにもカッコイイ曲展開は!!アルバムバージョンになったからなのか、この曲展開からなのかはわかりませんが、ものすごく良い曲に聴こえるんです!やっぱり、アルバムの曲順って大事ですよね。あまり好きじゃなかった曲も、別な世界の楽曲軍に混ざると、別な雰囲気で聴こえてきたりして。今では「Rojo」は超大好きな1曲となりました!

 そして、4曲目の「unfixable」5曲目「La Vida」6曲目「雨月」の流れもいいですねえ〜。最初、アルバムの曲順を見た時には、「え〜、ただの先行シングルのメインとカップリングを無理やり並べただけじゃん。」なんて失礼な考えがあったのですが、これはこれは・・・恐れ入りました・・・。この流れもかなりイイんです!ある意味、「unfixable」は、このアルバムの肝になっている印象を受けました。そして、そのシットリとした流れを汲みつつ、「La Vida」で静かな中にも情熱を感じるシビれる展開で・・・。フラメンコギターと手拍子のみで歌う明菜様、素敵過ぎます!

 はじめに、「Rojo」のカップリングとして初聴きした時には、アレンジの薄さになんとなく物足りなさを感じたんですが、これはこれで明菜の生歌をじっくり堪能できるので、アリですよね!で、「雨月」。普通なら、「unfixable」よりもこちらをシングルのメインに持ってくるんでしょうけどね〜。いやいや、流石明菜のセンスは違いますね。この曲を聴くと、なんとなく89年頃の明菜を思い出すんですよね〜。なんとなく、懐かしさが感じられる1曲です。

 そして!僕が一番オススメするのが、8曲目「欲動」から9曲目「kodou」!!なんですか!?この神がかった怒涛の曲展開は!!明菜お得意のラテンテイストナンバーの嵐!!もう、これは、興奮せずにはいられませんでしたよ。曲の雰囲気は2曲とも似てはいるんですが、ここで注目していただきたいのは、歌唱法の違い!「欲動」では、ちょっと柔らかめにファルセット混じりで歌われていますし、「kodou」では、これぞ明菜!と言える、ゾクゾクする程の低い地声で歌われているんです。なので、同じラテンテイストの雰囲気の楽曲とはいえ、キーや歌い方が違うので、全く違う楽しみ方が出来るんです。ちょっと「花よ踊れ」に似たところはありますけどね・・。とにかく、この流れは鳥肌なくしては聴けませんよ!

 よく、世間的に、「今の明菜は声が出ない。」なんてよく言われてますが、確かに声量は落ちたと思いますが、ただ単に声が出ない訳ではないと思います。明菜といえば、ド定番の明菜ビブラートが思い浮かびますが、今の明菜は歳を重ねて行く中で、「抑えの歌唱」を手に入れたと思ってます。何も、ビブラートだけが良いってもんじゃないんですよ。もちろん、彼女のスカッとする程のビブラートは大好きですが、攻めだけではない、抑えの歌唱も味があって素敵です。まあ、個人的には、「歌姫シリーズ」でのファルセットの連発はあまり好きではないですが、往年の頃にはあまり歌われなかったタイプのメジャーコードの曲を高めのキーでファルセットを使いながら、柔らかい雰囲気で唄う彼女は好きですよ。

 ちょっと話が横に逸れましたが・・・。そして、10曲目「Lotus」、ラストの「Re−birth」で幕を閉じるわけですが、よくぞ、最後の最後まで、全曲シングルカットしてもおかしくないほどの高レベルの楽曲が詰め込まれてますよ。金太郎飴のごとく、どこから切っても美味しさがギュッと詰まってます!アルバムのキャッチコピーに「2015年ベストソング集」とありますが、ホント、その通りでした。ぶっちゃけ、ここまで最初から最後まで全曲通して、最高!!!って思えたオリジナルアルバムは、1988年リリースの「Stock」以来でした。まさか、50歳になった中森明菜が、ここへ来て、これほどまでに情熱的な楽曲群を新作としてリリースするとは思ってもみませんでした。「Stock」から28年ですよ?デビューから33年経った元アイドル(←世間的には。僕はそういう目では見ていませんが。)が、こんな最高傑作を生み出すなんて!これは、まさに奇跡ですよ。いや、中森明菜なら、もしかすると、まだまだこのような傑作を生み出せるのかもしれない。

 世間的には、80年代のイメージが強すぎて、ナツメロ歌手にすぎないのかもしれない。けど、この「FIXER」を耳にしたら、その考えが変わるかもしれない。プロモーションが一切ない本作ではありますが、ぜひとも、騙された!と思って、一度手に取ってみてほしいと思います。間違いなく、これまでの考えが覆され、まだまだ進化系のアーティストである事が痛い程わかるはずなので・・・。

 PS ビートたけし主演の映画「女が眠る時」のイメージソングとなっている「FIXER-WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING-」が、映画公開(2月27日)に合わせ、2月24日にシングルカットされる事が発表されました!このシングルカットを機に、アルバムはちょっと高くて手が出せないライトユーザーが、気軽にこの作品を耳にし、「中森明菜の音楽ってカッコイイじゃん!」って思わせる起爆剤になってくれる事を祈ってます。



 
 
   
Posted at 21:15 / 80'sアイドル / この記事のURL
コメント(1)
リリースタイミングを逃した隠れた名曲!Wink「永遠のレディードール」 / 2015年11月28日(土)
 今回は、1993年2月17日にリリースされたWink17枚目のシングル「永遠のレディードール」をご紹介します。

 なぜに、この時期にWink?そして、なぜにあれだけのヒット曲の中からこの曲?とお思いの方も多いかと思います(笑)。つい先日、スカパーの「歌謡ポップスチャンネル」で「クロスカヴァーソングショー」という番組で相田翔子が歌っている姿を久々に見たら、無性にWink楽曲が聴きたくなって・・・。

 この「永遠のレディードール」という曲、最高位19位で7万枚。「愛が止まらない」から「リアルな夢の条件」まで14作連続でベストテン入りしていた記録が途絶えてしまい、Winkとしては全くヒットしなかったといっても過言ではないほど惨敗を喫した作品なんです。個人的にも、リアルタイムで聴いたときに、「あ、これは売れない!」と直感したものでした。

 というのも、当時はWANDSやZARD、TーBOLAN、大黒摩季といったいわゆるビーイング勢が台頭しはじめた頃でミリオンヒット連発!カラオケブーム到来!といった時代だったので、この曲のようにぜんぜんキャッチーではなく、時代遅れのユーロビートではまるで売れる気配もなく・・・。この時期にリリースしたキョンキョン、中山美穂、工藤静香といった元アイドル達も、皆自身主演のドラマ主題歌で大ヒットを飛ばしており、目立ったタイアップなしで純粋にリリースしてヒットする時代では、もう無かったのです。時、すでに遅しです。

 しかし!!!そんな曲でも、後々に聴いてみると、すごく良かったりするんですよね〜!最近、無性に聴きたくなったWinkの楽曲が、「愛が止まらない」でも「淋しい熱帯魚」でもなく、なぜかこの曲だったんですよ。この曲は、フランスのデザイアレスが1986年にリリースした「Voyage Voyage(夢の旅路)」のカバー。89年夏に「淋しい熱帯魚」がリリースされた際のシングル候補となっていて、4年前に作られたそのままの音源でリリースされたものなんだそうです。確かに、この曲のアレンジは船山基紀さんで、Winkの全盛期の楽曲アレンジを主に手掛けていた方です。すでに、90年3月リリースの「Sexy Music」以降のシングル作品のアレンジは、全て門倉聡さんが手掛けていたので、なるほど!といった感じです。

 そういった裏事情を汲んで、改めてこの曲を聴いてみると・・・なるほど!確かに89年頃のWinkサウンド全開ですもんね!!船山氏が手掛けるユーロビートアレンジが大好きで、アルバム「Twin Memories」を何度も何度も聴きまくっていた時代が懐かしいです。

 もし、この曲が89年頃にリリースされていたとしたら、大ヒットしていたと思います。ただ、前述したとおり、お世辞にもキャッチーな楽曲ではないので、「淋しい熱帯魚」ほどのインパクトを与えたか?レコード大賞を受賞していたのか?となると、それは厳しかったかも知れませんね。けど、リリースが4年ずれてしまっただけで、この楽曲の印象が大きく変わってしまった事は残念に思えます。

 だからこそ、そんな時代背景を全て取っ払って、全て無にして、改めて楽曲そのものだけをじっくりと聴いてみると・・・この曲、やっぱり良いんですよ!!キャッチーさはないですよ、確かに。けど、もの悲しげなメロディーラインが絶品なんです!!いつもよりさらに増したウィスパーボイスもゾクゾクさせられますし・・・。

 いずれ、カラオケ全盛!ビーイング&タイアップ全盛時代にリリースされては、どんな良い楽曲でも、歌いにくく、難解な歌ならそりゃ埋もれますって・・・。

 けど、リリース時はヒットしなかったけど、あとから聴いてみたら、実は良い曲!って結構ありますよね。ぜひ、曲のヒットの有無にかかわらず、純粋に音楽・作品を楽しんでほしいなと思う今日この頃です。




 
   
Posted at 10:00 / 80'sアイドル / この記事のURL
コメント(0)
進化した歌唱力!酒井法子「Truth〜飛べない鳥よ〜」 / 2015年11月17日(火)
 今回は、11月11日にリリースされた酒井法子のニューアルバム「Truth〜飛べない鳥よ〜」をご紹介したいと思います。

 前作「涙ひとつぶ」から1年10カ月ぶりとなる新作は、タイトル曲を含むオリジナル曲3曲と、カバーとセルフカバー各1曲ずつが収録された全5曲入り。(発売元は所属事務所であるNIGUN NIIBA、販売元は潟Xペースシャワーネットワーク)これが結構良い仕上がりとなっているんですよ!

 1曲目「Truth〜飛べない鳥よ〜は、小柳ゆきの「あなたのキスを数えましょう」などでお馴染みの中崎英也がプロデュースした新曲なんですが、これがまた良いんですよ!徐々に盛り上がっていく感じのバラードなんですが、意外とのりPにとってこれまでになかったタイプの曲かも?90年代にリリースされたシングルの中にも、「横顔」や「涙色」「鏡のドレス」のようなしっとりとしたせつないタイプの楽曲がありましたが、バラードではなかったですからね。

 この曲を聴いて感じた事は、間違いなく歌唱力がアップしている事!!これはのりP作品をデビューからずっと聴いている者ならすぐ分かります。今もボイトレしてるんでしょうね!ぜひ生で聴いてみたいなあ〜。となると、ディナーショーに行かなければ聴けないわけですが・・・。

 他のオリジナル曲「As time goes by」は、彼女の楽曲(中山美穂&WANDSの大ヒット曲のカバー)「世界中の誰よりきっと」のイントロを思い浮かべるようなPOPな楽曲ですし、酒井ミキオが楽曲提供した「レモンの涙」は、ゆっくりとお茶などを飲みながらのBGMに相応しい感じの楽曲です。本作でも、前作同様カバー曲が収録されておりまして、(前作ではテレサ・テン「時の流れに身をまかせ」と今井美樹「PRIDE」をカバー)今回は、アン・ルイスの名曲「グッド・バイ・マイ・ラブ」をカバーしていて、さらりと歌いこなしています。そして、ラストの「碧いうさぎ-2015 Ver.-」については、やはり歌唱力と表現力がアップしたなあと実感できる仕上がりとなっています。

 このアルバムには、DVDもついていて、「Truth〜飛べない鳥よ〜」と「碧いうさぎ-2015 Ver.-」の2曲が収録されています。相変わらずお美しいのりPの動く姿が久しぶりに見る事が出来ますので、要チェックです!ぶっちゃけ、最近更新されたオフィシャルのアーティスト写真がちょっとケバい感じになっていたので、あら?もしかしてのりPさんもとうとう劣化しちゃった??なんて失礼な事を考えていたのですが、PVでは相変わらずの美貌で安心しました。化粧の問題だったんですね・・・(笑)。

 いまだになかなかメディアでお目にかかる事はありませんが、11月23日(祝)には、池袋にてアウトストアイベントを開催、今年の年末は6か所でのディナーショーも控え、地道に着実に活動の幅を広げつつあります。いろんな事がありましたが、今回の新作を聴くところ、まだまだ歌手として進化しています。様々な事情があるにせよ、そういった理由でごくごく少数の方にしか聴いてもらえないのは残念ですね・・・。もし、まだ少しでも酒井法子の音楽に触れてみたい!と思っている方がいらっしゃるようであれば、ぜひネットでポチッとしていただいて、今現在の酒井法子の歌声を聴いてみてほしいと思います。何があっても、歌声だけは嘘をつかないと僕は信じていますので・・・。

所属事務所オフィシャルページ



 
   
Posted at 20:00 / 80'sアイドル / この記事のURL
コメント(0)
中森明菜 6年ぶり待望のオリジナルアルバム「FIXER」(仮)リリース決定&DVD「PREMIUM BOX LOCUS」 / 2015年11月11日(水)
 昨年末の「NHK紅白歌合戦」で電撃復帰を果たした中森明菜。1月に久々のシングル「Rojo-Tierra-」、カバーアルバム「歌姫4」、9月には「unfixable」と、近年にないハイペースなリリースで大復活を遂げ、往年のファンを喜ばせていますが、ここへ来て、超ビッグニュースが飛び込んできました!

 なんと、今年の12月23日に、約6年4カ月ぶりとなるオリジナルアルバム「FIXER」(仮)のリリースがアナウンスされました!今年1月にNHKで放送された「SONGSスペシャル「中森明菜 歌姫復活」」でも、年内にアルバムがリリースされる旨話があったので、いつ出るんだろう?いつ出るんだろう?「unfixable」がニューアルバムのパイロット的シングル?となると、次のアルバムは全編英語詞の洋楽志向?前作「DIVA」の続編?などと、いろいろと考えていたのですが、正直年内リリースは諦めかけていたところ、まさかのアナウンス!いやいや、めちゃくちゃ驚きましたよ。

 収録曲は、「Rojo」「unfixable」とそれぞれのカップリングだった「La Vida」「雨月」も含む全11曲を予定。ラストに収録予定の「Re−Birth」とか、ものすごく気になりますね〜。まさに今の彼女にピッタリ!といった感じではないでしょうか?

 9月30日にリリースされた、DVD「PREMIUM BOX LOCUS〜NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤングetc. 〜」の中のインタビューで、彼女はこう語っていました。「基本の考えは、とにかくみんなを喜ばせたい。びっくりさせたい。飽きさせない。あ、またこんな感じねっていうのは嫌。可能な限り、自分を変えて、歌い方を変えて、常に新しい中森明菜を見てもらおうっていう気持ちが一番。」と。

 確かに、80年代の明菜は、本当に次から次へと七変化し、まるで別人か思うほど、いろんな明菜を見せてくれました。それも、全てセルフプロデュースによって。この考えは、いまだに変わらず、全くブレず。この4枚組のDVDを見ていても、本当に様々な衣装で歌い、踊る中森明菜を楽しむ事が出来て、あっという間の380分なんです。「DESIRE」での度肝を抜くおかっぱヘア&着物ドレススタイルだったり、「難破船」での張りつめた空気感・緊張感が痛い程感じられる雰囲気だったり・・・。
 

 そんな中でのアナウンスですから、これはホント期待せずにはいられません!きっと、またファンの度肝を抜くような事をやってのけるはずです。ファン思いの明菜ですから!デビューから33年。今年で50歳を迎えた中森明菜は、まだまだ進化系。往年の大ヒット歌手・ナツメロ歌手という安定した位置には留まらず、まだまだ攻めの姿勢を貫き通します。リリースまで約1ヶ月半ありますが、とりあえずはDVDを見ながらゆっくりと待つ事にしますか。
 

 
 
   
Posted at 21:45 / 80'sアイドル / この記事のURL
コメント(1)
懐かしのラジオ番組えとせとら / 2015年11月08日(日)
 こんにちは!TKです!
 今日は、いつもとはちょっと趣向を変えまして、80年代によく聴いていた懐かしのラジオ番組についてあれこれ語ってみたいと思います。

 僕の地元は岩手県なんですが、幼少期は岩手のIBCラジオを主に聴いていたんですが、小学4年生くらいになると、やはり関東圏のラジオ番組にも興味を持ち始め、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送と、代表的な3大ラジオ局(!)も必死にエアチェックし、聴き始めるのでした。

 地元のIBCラジオでも、毎週日曜日の午後2時から「IBCTOP40」というヒットチャート番組があったんですが、オリコンを毎週穴があくほど読み続けているうちに、ありとあらゆる角度からヒットチャートを研究したくなり・・・。

 小学4年生で関東圏のラジオを聴き始めるとは、かなりのオマセさんなんですが、当時は雑音(韓国のラジオ?)と闘いながら真剣に聴きましたね〜。周波数が同じなんでしょうかね・・・。ホント、午後7時くらいにならないとなかなかクリアに聴こえなかったので・・・。よく聴いていたのは、TBSラジオで野球のオフシーズンに放送されていた、「毎日がベストテン」ですね〜!午後7時からで、月曜日がヤングアイドル、火曜日が有線、水曜日がニューミュージック、木曜日が演歌?金曜日が総合だったかな??毎週、月曜日だけは真剣に聴いてたんですよ!小川哲哉が司会で毎週アイドルが登場するんですが、そのやりとりがものすごくて・・・。常に呼び捨て!明菜〜!とか、ちえみ〜!とか・・・。なんて馴れ馴れしい司会者なんだろう?っていっつも爆笑(失笑?)しながら聴いていました。この番組って、まだ発売前の新曲がランクインしたりしていたので、聞き逃せなかったんですよ!これは本当に大好きな番組でした。

 他局だと、文化放送で日曜正午に放送していた「全国歌謡ベストテン」。高島忠夫が司会していたんですよね〜。評論家の伊藤強さんのコメントが的を得ていて、いつも感心しながら聴いてました。日曜のこの時間はなぜか電波が結構クリアで聴こえたんですよね〜。そして、「全日本歌謡選抜」!あ、こちらも小川哲哉でしたね・・・。この番組は、いかにもたった今ランキングが決定されたんですよ!っていう感じの超リアリティ溢れる感じが、かなり興奮したんですよね〜。いつも地元の「IBCTOP40」と合わせて、ラジオ2台並べて雑音と闘いながら聴いていたのが懐かしく思い出されます・・・。

 あ!実はこの時間帯、もうひとつ聴いていたラジオがありました!仙台放送の「サンデーテレフォンリクエスト」。こちらもリリース前の新曲が多数ランクインしていたので、聞き逃せない番組でした。よく電話リクエストしていたのも懐かしいですね〜。

 ニッポン放送は?というと、やはり土曜、日曜夜のアイドルDJ番組ですね。菊池桃子の「あなたと星の上で」とか!たぶん、桃子の番組を一番よく聴いていたように思います。日曜夜に聴く桃子のウィスパーボイスはとてもいい感じで子守唄にもなりましたからね!中山美穂の「P.S. I LOVE YOU」とか、工藤静香の「Yes,It's You」もよく聴いてたな〜。土曜日だと少年隊とか!

 中学時代になると、関東圏だけでは飽き足らず、大阪OBCラジオも聴くようになります。夜10時からの「ブンブンリクエスト」の「ブンブンベストテン」は、毎日聴いてました。ハイヒールモモコを知ったのもこの番組でした。ランキングがハンディキャップ制になっていて、1位を取ってしまったヒット曲が一気に圏外にランクダウンしたりするのが面白かったですね〜。

 FMもよく聴いてまして、土曜日午後1時の「コーセー歌謡ベストテン」は、大好きな番組でした。宮川泰と相本久美子コンビ!いろんなからくりもありまして、コーセー化粧品CMソングは常にランク上位になったり、初登場以外の楽曲は絶妙な「コーセーマジック」(!)により、2番がカットされたショートバージョンとなっていたり。よくエアチェックしていたんですが、カットされたのが最初は全然気がつきませんでした。

 あとはNHKFMの月〜金のお昼に放送していた「ひるの歌謡曲」。DJをしてらした中江陽三さんの語りが渋い事・・・。これは前半5曲、後半5曲といった感じでオンエアーされるので、カセットテープに録音するには、ちょうどいい感じの番組だったんですよ。ただし、前半5曲が終わった時点で、急いでテープを巻き戻し、早送りして、B面にセットしなければならないんですけどね・・・。この早業でいろんな意味で鍛えられました・・・。

 80年代は、本当にランキング番組が全盛でしたからね。いろんなラジオ局でランキングが発表されていて、どれもこれもチェックしてノートに記載していた頃が懐かしいです。最初は、ただ聴いて記録しているだけでしたが、だんだん参加したい!という気持ちが強くなり、電話やはがきリクエストをせっせと出すようになるんですけどね。(当時よく公衆電話にこもっていた事が思い出されます・・・。携帯電話なんてない時代でしたからね!)

 いろいろと書いてみましたが、80年代〜90年代前半は、本当にラジオが楽しい時代でしたよね〜。今のようにインターネットが無い時代でしたから、ラジオで最新情報を入手する事がすごく多かったように思います。特にも、関東圏のラジオを聴けば、音楽の最新情報が分かる!と思っていたので、人気アイドル達のまだ耳にした事が無い新曲を「本邦初公開!」でオンエアーされると、小躍りしたくなるような興奮が常にありました。

 あ〜!懐かしいなあ〜!こうやって書いているうちに、当時必死にエアチェックしていた頃が思い出されて、あの頃にタイムスリップしたくなっちゃいました!本当に良い時代でしたよね・・・。

 もしよければ、皆さんが当時聴いていたラジオ番組の想い出など書き込んでいただけたら嬉しいです!
 
   
Posted at 11:20/ この記事のURL
コメント(4)
隠れた名曲多数も100位圏外・・・不運な80’sアイドル網浜直子「Amie's 2nd Avenue -Singles Collection-」 / 2015年11月05日(木)
 今回は、今年歌手デビュー30周年を迎えた網浜直子を取り上げてみたいと思います。

 なんで今更網浜直子!?って思われた方もいるかもしれませんが、一昨日森口さんの記事をアップして、今年デビュー30周年の85年組のアイドルをあれこれ浮かべていたところ、ふと彼女が浮かんだんです。

 網浜直子は、1984年にミス・セブンティーンコンテストで松本典子と一緒にグランプリを獲得し、1985年4月にシングル「竹下涙話」(オリコン最高位45位)で歌手デビューを果たしました。正直、この当時は、ボーイッシュな彼女に全く興味ありませんでした。僕の中でアイドル=髪が長く、可愛らしい女の子。っていうイメージが出来ていたので、ショートカットのアイドルってあまり興味なかったんです。おまけにツッパリイメージのアイドルは特にも嫌いでした・・・(苦笑)。※デビュー当時の中山美穂も大嫌いだったので・・・(苦笑)。

 そんな彼女が気になりだしたのが、セカンドシングル「恋は微熱」。デビュー曲と同じく、中崎英也が作曲したクールなナンバーなんですけど、この曲本当に大好きな曲なんですよ!当時、僕の地元の岩手のチャート番組ではTOP40入りを果たしたんですが、なぜかオリコンチャートでは最高位120位!!デビュー曲から4カ月のインターバルは、当時のサイクルとしてはちょっと長かったのかもしれません。けど、こんなに良い曲なのに、なぜヒットしてないの!?って、当時本当に不思議で仕方なかったです。この頃のヒットチャートって、こういった摩訶不思議なチャートアクションがあったんですよね〜。かなり良い曲でメディア露出も大量にあったり、CMでバンバン流れていたのに、100位入りしていなかったりとか・・・。



 
 アイドルなのに、あまりにクールなナンバーだったのが逆効果だったのか?この曲、今聴いてもやっぱ名曲ですね〜。網浜の艶っぽい歌声がクールなサウンドにマッチしています。後に中崎英也本人がセルフカバーしてるんですけど、こちらもいい感じに仕上がっています。

 3枚目のシングル「シリアス」がリリースされるまで、またしても半年のブランクがありました。こちらはCMソングに起用され、久々に100位入り(最高位79位)を果たしました。この曲は、石川秀美ちゃんや後期のミッチョンあたりに歌わせたい感じのビートの利いたナンバーとなってます。

 そして、企画モノの「愛してPAX」を挟み、4枚目のシングルは5ヶ月後の1986年7月にリリースされた「ホット・サマー・ナイト」。この曲は、マイアミサウンドマシーンのカバーで、自身も出演していたドラマ「夏・体験物語2」の挿入歌となり、ヒットが期待されたのですが、最高位104位・・・。荻野目ちゃんが1985年末に「ダンシング・ヒーロー」をリリースしヒットさせた以降、日本の歌謡界は、アイドルが洋楽楽曲をカバーする=ヒットするっていう風潮があったので、そこに乗っかったんでしょうけど・・・。正直、これは売れると思ったんですけどね〜。ただし、今改めて聴いてみたら、それほどでも無かったかも・・・(苦笑)。当時ヒットした洋楽カバーと比べ、キャッチーさが感じられなかったのが失敗の要因かも。

 そんな中、2ヶ月後に12インチシングルリリースという暴挙(!)に出たのも、謎すぎますね・・・。100位入りしなかったシングルを12インチ化するとは!どんな勝算があったのか??ホント、ビックリです。ただ、思い起こせば、当時のアイドルがリリースした洋楽カバー曲って、大抵12インチ化されてましたね。秀美ちゃんの「LOVE COMES QUICKLY」とか勇ちゃんの「BOOM BOOM BOOM」とか。

 という訳で、改めて「ホット・サマー・ナイト」の12インチVer.を聴いてみましたが、特に7インチVer.と変化もなく・・・。もうちょっと当時流行りのディスコナンバーだったら、もうちょっと売れたかもしれませんね。

 そして、彼女の実質ラストシングルとなったのが、1987年5月にリリースされた「夏は目の毒・恋の毒」。これは、本当にヒットする!と確信していたんですけどね〜。本人出演のコーセー化粧品のCMソングとなり、大量スポットで大プッシュ!といった感じだったんですけどね。当時よく聴いていたFM「コーセー歌謡ベストテン」のCMでもバンバン流れてましたし。この曲、今はAKB48楽曲のメロディメーカーとしても有名となった井上ヨシマサが作曲で、アレンジは僕が大好きなアレンジャーである鷺巣詩郎さん!

 鷺巣さんがアレンジを手掛けた80年代アイドルの楽曲ってたくさんあるんですけど、どれもこれもド派手で煌びやかな打ち込みサウンドとなっていて、最高なんですよ〜。そんなゴキゲンなナンバーが、なんと最高位122位・・・。これにはさすがに驚きを隠せませんでした。なぜ!?の嵐ですよ(笑)。超ビッグタイアップありで、これほどまでの良曲が100入りを逃すなんて・・・。まあ、当時はデビュー3年目。もうアイドルって感じではないですし、だからといってアーティストでもない。女優としては知名度があっても、歌手としてはまだまだ。陣営としては、高見知佳、香坂みゆきあたりの起死回生ヒットを狙ったのかもしれませんが、残念ながら全くひっかかりもしませんでした・・・。これには、おそらく本人もがっかりしたでしょうね。

 この曲のB面は、「Mellow Mellow」という楽曲なんですが、この曲、実は最近はじめて聴いたんですよ!2007年にソニーのオーダーメイドファクトリーにて彼女のベストアルバム「Amie's 2nd Avenue -Singles Collection-」がリリースされ、その中に収録されていたんですが、このCD、予約購入してずっと所有していたんですが、開封するのがもったいなくて、ずっと開けてなかったんですよ。けど、無性に「恋は微熱」が聴きたくなって8年越しで開封したという・・・(笑)。この曲、ホント最高ですね!!これまでのシングルにない感じの爽やかなアイドルポップス!といった感じ!どことなく中村由真の「水に落ちたヴァイオレット」(1987年リリース)に似てますよね。キラキラした感じとか!こんな素晴らしい2曲がカップリングされていたのに、全くヒットしないなんて・・・。

 というわけで、レベルの高いシングル作品をリリースし続けながらも、全くヒットしなかった網浜さんですが、数十年の時を経てベスト盤がリリースされたのは、本当に嬉しい限りでした。今年はデビュー30周年なんで、どこかでまた歌を披露してほしいんですけどね〜。ちなみに、そんな彼女のファーストアルバム「Amie's 1st Avenue」(1986年リリース)がソニーオーダーメイドファクトリーにて、つい先日復刻されました!まだ聴いた事はありませんが、アイドルらしからぬクールなナンバーが多数収録されている名盤らしいので、ぜひ聴いてみたいと思ってます。


 
   
Posted at 18:50 / 80'sアイドル / この記事のURL
コメント(0)
歌手デビュー30周年!「泣き」の歌声健在!森口博子「I wish〜君がいるこの街で〜」&〜30年の軌跡&マイベストソング5〜 / 2015年11月03日(火)
 今回は、今年歌手デビュー30周年を迎えた、森口博子の記念シングル「I wish〜君がいるこの街で〜」(2015年6月17日リリース)について触れてみたいと思います。

 1985年8月5日にシングル「水の星へ愛をこめて」で歌手デビューしてから30年。80年代後半にバラドルとしてブレイクし、1991年には「NHK紅白歌合戦」への初出場を果たすきっかけとなった大ヒットシングル「ETERNAL WIND」をリリースし、本来の歌手としても大ブレイクを果たした彼女。その後も、コンスタントにリリースを続け、デビューから30年経過した今年も素敵な作品をリリースしてくれています。

 そんなデビュー30周年記念シングルとなった「I wish」は、往年のヒット曲を数多く手掛けた西脇唯が作詞を手掛け、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」などを手掛けている伊藤心太郎が作曲を手掛けた、ポジティブなミディアムナンバーに仕上がっています。

 マイナー調のメロディに森口の優しくてせつなく、そして情感あふれる歌声が乗っかると、本当にグッときますよね。泣きの歌声というか、本当に声に表情があって素敵です。この曲のようなマイナー調の楽曲でこそ、彼女の「泣き」の歌声が冴えますよね!今の現役歌手で、ここまで歌に情感を込められるポップスシンガーはなかなかいないんじゃないでしょうか?

 個人的には、彼女のフェイバリットソングランキングのベスト5に入るくらいの楽曲なんですけど、一般的にあまり知られていないのが残念です・・・。といっても、オリコンチャートでは最高位43位だったので、近年の作品の中でも、結構上位ではあるんですけどね。(Blu-rayDISCがプラスされたBOX仕様だった事もありますが・・・。)

 今の音楽チャートを見てみると、アーティスト名を見ただけでは、それが日本のアーティストなのか?バンドなのか?KーPOPなのか?はたまたアニソンなのか、全く分からなくなっている現状ですが(年を取ったのもありますが・・・。)こういった本当に人の心に沁みわたるような素敵なポップスナンバーが1人でも多くの人の耳に届く状況だと嬉しいんですけどね〜。こういった作品こそヒットしてほしいのですが、なかなか難しいですね・・・。そんな気持ちにさせるくらい本当に素敵な作品なんで、まだ耳にした事が無い方、ぜひ一度聴いてみてほしいです。

 さて、ここで終わりにしようかな?とも思ったのですが、素敵な作品がたくさんある森口さんのフェイバリットソングベスト5作品をご紹介させてください!

 まずは、5位「あなたといた時間」(最高位17位)。こちら、1995年にリリースされたシングルで、西脇唯楽曲提供の作品でした。こちら、今の季節に聴くと本当にハマりますよ!さきほどの「I wish」にも匹敵するような「泣き」の森口を堪能できるせつないナンバーです。

 そして、4位「Last,Last Dance」。こちらは、1989年にリリースされたアルバム「Prime Privacy」に収録されているナンバーなんですが、当時ちょくちょくテレビ番組で披露していたので、ご存知の方も多いかも知れません。僕個人的には、デビュー時からのファンなので、86〜89年という、いわゆる低迷期時代の楽曲もしっかりチェックしていました。そんな中、89年頃からバラドルとして頭角を表したと同時に、バラエティ番組で歌披露をする際、この曲を披露していたんですね〜。たとえば「加トケン」とか!この時にビデオ録画していたので、その後何度も何度も繰り返し再生して、森口の歌のうまさに浸っていた事が懐かしく思い出されます。アルバムの1曲にしておくにはもったいないくらいの名曲です。



 ベスト3に入るまえに、番外編!バラエティだけではなく、「歌える」アイドルである事を証明した楽曲「恋はタヒチでアレアレア!」(90年8月リリース:最高位32位)。この曲、こないだ夢の中に突然出てきたんですよ!「ETERNAL〜」で歌手としてブレイクを果たす前の「バラドル・森口博子」としては、彼女の天真爛漫なキャラクターと伸びやかな歌唱力をうまく引き出す事に成功した最高の楽曲だったと思ってます。♪髪の先まで深呼吸〜♪のフレーズ部分が特にも好きです。はっちゃけまくりの振り付けも結構好きでした(笑)。その半年後に、「ETERNAL〜」でブレイクするとは、全く予想がつきませんでしたけどね。

 さて、3位からの発表になります!3位は「もっとうまく好きと言えたなら」(95年3月リリース:最高位17位)。この曲、本当に大好きで仕方ないんです!実は、この曲がリリースされた1995年。彼女のライブを見に行ったんですよ。その時に見た(聴いた)この曲は、本当にテンションがMAXでしたね〜。ここまで激しい楽曲ってそれまであまりなかったんですけど、彼女のクールな歌声とアップテンポなバリバリの打ち込みサウンドが意外にもマッチしてました。ダイハツのCM曲にもなっていた影響もあり、当時しょっちゅうドライブミュージックとして大音量で聴いていました。

 そして、2位「君をみつめて」。この曲も本当に大好きなんです。一時期はメインの「ETERNAL〜」よりもヘビロテしてましたね〜。彼女の歌声はメジャーでもマイナーでもアップでもバラードでも合いますが、個人的には、この曲のようなアップテンポのマイナーコード路線がめちゃハマリです。こっちをメインにしてもよかったのに!とも思いましたが(実際、そういった話もあったはず。)後のブレイクを考えると、「ETERNAL〜」がメインで良かったのだと思います。この曲を歌っている姿を見た事が無いのですが、ぜひ今の歌声で一度聴いてみたいものです。

 そして、1位はやっぱりこの曲「ETERNAL WIND」(91年2月リリース:最高位9位)。これは本当に永遠の名曲です。リリースから約25年が経過した今でも、全く色褪せません。最新曲「I wish」のカップリングとして2015年Ver.が収録されていますが、さらに進化していますよね。この楽曲が生まれたからこそ、今の歌手森口博子が居るといっても過言ではないほどの運命的な作品だと思います。リズム隊が徐々に増えてきて、2番から3番の間奏でスケールアップする瞬間が最高なんですよね!あそこでテンションがMAXになります。当時、部屋の窓からシンシンと降り積もる雪を見ながら、この歌を聴いていた学生時代が懐かしく思い出されます。そんないろんな意味で素晴らしいこの楽曲を、彼女自身が本当に大切に歌い続けている事が本当に嬉しく感じられます。

 という訳で、かなり長くなってしまいましたが、森口博子の30年の軌跡がギュッと詰まった作品が2作品リリースされています。まずは、記念シングル「I wish」と過去のLIVE映像をBlu-ray化したDISCをプラスした30周年記念BOX。そして、10月28日にリリースされたデビュー30周年記念LIVEの模様を収録したDVD「30th Anniversary Concert I Wish 〜君がいるこの街で〜 」。デビューから紆余曲折がありながらも、さらにシンガーとして輝きが増している彼女の姿、歌声が存分に堪能できる作品となっています。ぜひ一度チェックしてみてほしいなと思います。





 
   
Posted at 20:30 / 80'sアイドル / この記事のURL
コメント(1)
松本隆×呉田軽穂×松田聖子のゴールデントリオ復活!松田聖子35周年記念シングル「永遠のもっと果てまで/惑星になりたい」 / 2015年11月01日(日)
 今回は、10月28日にリリースされた松田聖子のニューシングル「永遠のもっと果てまで/惑星になりたい」をご紹介します。
 1980年に歌手デビューした松田聖子ですが、今年は35周年というアニバーサリーイヤーとなっており、例年以上に勢力的な活動をしています。本作は、作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂(松任谷由実)というゴールデンコンビによるもので、1984年リリースの「時間の国のアリス」以来、実に31年ぶり!という、以前からのファンとしてはまさに涙モノの作品となっています。

 「永遠〜」については、 ハリウッド超大作映画『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』日本語吹替版の主題歌となっており、すでに全国のスクリーンで大量に流れております。この曲については、以前からオフィシャルHPでサビの部分は聴いてましたが、正直なお話をすると、微妙な印象でした。と言いますのも、松本×呉田という超ゴールデンコンビによる作品だったので、往年の大ヒット曲「赤いスイートピー」「渚のバルコニー」「秘密の花園」「Rock’n Rouge」のようなポップでキャッチーな作品を期待していたので、サビだけ聴くと、ここ数年のセルフ作品となんら変わりない印象を受けてしまって・・・。定番のバラードナンバーじゃん!くらいの。

 そんな印象がガラッと変わったのが、金曜夜に放送されていた「SONGSスペシャル 時を超える青春の歌 〜作詞家・松本隆の45年〜」でした。番組の最後で歌われたこの曲。最初の歌詞♪夕陽を絞ったジンジャーエール〜♪からヤラレっぱなしで・・・。この甘酸っぱい感じ、これぞ松田聖子!!メロディラインは地味ながらも、往年の楽曲を思い起こさせるスパイスもあり、じっくりと聴きこめば聴きこむほどに良さがわかってくるスルメ曲だったのです!!まあ、欲を言えば、もうちょっとキャッチーなサビだったら良かったのかなあ〜とも思いますが、今の彼女の年齢にはピッタリの落ち着いたナンバーといった感じで、これはこれで良いのではないでしょうか。2015年版「小麦色のマーメイド」といった感じもありますよね。

 そして、両A面扱いとなる「惑星になりたい」ですが、これがクセモノなんです!!布陣は、松本×呉田によるものなんですが、アレンジがなんと中田ヤスタカ!!聖子のボーカルにも得意のボコーダーがかけられ、Perfumeやきゃりーかみゅぱみゅばりのテクノサウンドに仕上がっています。これ、街中やラジオでふと耳にしたら、中田サウンドだとは分かりますが、すぐには松田聖子とは分からないかもしれません。それだけ、中田色が色濃く出た楽曲となっています。しかし、デビュー35周年にして、テクノサウンドにチャレンジするとは、まだまだ松田聖子は進化系のアーティストだと再認識できました。

 先日、レコチョクで1位を獲得するなど、久々のヒットとなっている本作。おとといの「SONGS」効果もあり、今後セールスを伸ばすかと思われます。やっぱり、メディア効果って大きいですよね!「SONGS」でフルで楽曲を聴いた事で、本作の良さに気がついた方って本当に多いと思うんです。それがセールスにも直結すると思いますし。聖子さんには、今後も出来る限りメディア露出してほしいです。まだまだ健在!っていうところを見せつけてほしいです。このまま年末へ向けて勢いに乗って、年末の「紅白歌合戦」でも聴く事が出来るかな?今後の動向に期待したいですね!



 
 
   
Posted at 17:00 / 80'sアイドル / この記事のURL
コメント(2)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!