そうさく畑66に行ってきました!

April 05 [Thu], 2012, 21:37
冬コミで委託分の情報吸い上げに手間取って、レポート書き込みの時期を逸してしまった感があって以来、諸々で、今年に入ってはイベント自体参加しておらずでしたからして久々のイベントレポートであります。
去る4月1日エプリルフール、酔ヒサンボーホールにて開催のオリジナル同人誌即売会そうさく畑66に参加してきました。
年に一回の矢島家サークル関西遠征なのですが、畑そのものもいまは年1開催となっておりましてまあ、そういう意味では年1でも欠かさずに参加できる、個人的に都合のいいペースな即売会だったりいたします。
関西のオリジナルオンリーとしては関西コミティアをおいて最老舗とのことでイベントそのもののファンも多く、主催武田氏のお人柄もあってか、至極ゆったり等身大ペースの空気が特徴のイベントであります。
個人的に大阪開催の時分からいろいろなサークル笑で参加してきておりますが、遠征していっての儲け話参加のしやすさ違和感感じさせない居心地のよさでは、出かけやすいイベントであります。
逆に言うと、創作作品を制作していくシビアさやストイックさ、制作者として持つべき姿勢やその上で成り立つ精瑞ォの類では、はっきり言ってぬるぬるな場所な感は否めないところでして創作同人誌制作を頑張る人、と、いうよりは、趣味で創作同人やってる人入門者が即売会参加を試みるときの登竜門的なイベントととらえるのがよい場所かと思われます。
んだからわたしにとって畑は、そこをターゲットとして勝負かける即売会じゃあなくその年度1年に出た本を、関西方面のお友達にご紹介にあがるというのが主な参加目的になるのですもの。
そんなこんなで毎度気負わずに出かけているのに輪をかけて今回、直前10日前からじゅりいのヤツが2回も不摂生原因で救急車で運ばれる、なんぞという事態がありっっoそれでなくても4月第1週は週末土曜朝一に妹の結婚式など控えてたり、それで精枢s安定になったか母親がいきなりマンション買っちまって引っ越しがどうこうと言い出したり、とoいろいろそれでなくても年度末だっつーにっっ、主に精嵩Iに休まる間もない中。
つうかっっじゅりいが急性アルコール中毒で運ばれちゃって、お客さんに呼ばれて病院に拾いに行ったのって、出発前夜の金曜日よっ、前日夜っっっしかも、じゅりいのヤツは相変わらずのサボりんぼ準備後回しの搬入荷物の荷造りもちゃんとできていない状態でっっoooもうっっoなんだかぐちゃぐちゃのまま、そこらへんのものかき集めてっっoとりあえず、サークル入場証と新幹線切符だけ持ってれば、あとはなんとかなるなで、家を出たというoooね、もー家出て祐天寺の駅つくまではじゅりい、道々おえろげろげろげろげろ、とかあちこちでやらかしてるしねっっもーっ、どーにでもなれっっつー感じですわいっっ宿につき、お外へ遊びに出ることもせず、ひたすら翌日図書館見本スペースに並べる見本誌の帯つけや台紙準備など、出来ていなかった作業をこなしなんとか晩御飯待ち合わせの時間までにやり終えてつうかっっっこの時唐ナ、搬入冊数のあまりの少なさに頭を抱えるっっoいやっっo、とにかくじゅりいの状態と、あと、時間がなかったのでっっoいつもはキャスターバッグのほか、でっかいナイロンの旅行鞄と、さらに段ボールに詰めて持っていく荷物を減らしたのは、まあ、わかってはいたことなのですねなので、今回はここのところ図書館で人気だったサイのお手製アクリルラックなどの什器笑は敢えて持たずに出たは出たのですけれどもoRhinology、売る本が、ぜんぜんないぢゃないかっっoオフ誌は、総集編の発行を延期した関係で、発行そのものがないのですけれども代わりというか、売れ線主力で関西初お目見えになるはずの動物園本ほかコピー誌が、ないっっっっo売り切っちゃってるってのに、増刷しなかったのかっ、じゅりいはっっo何か前のコミケだかで若干部数売れ残ったコピー誌がおざなりにあるばっかりでoそれもなんだか半端な冊数o下手すると見本誌しかなくて、売り物皆無の本とかっっoooもー、ねその日の晩御飯、焼肉で、やけくそに肉食ってたのはいう間でもありませんっっっっっっなぁんかもう、そんな状態だったもんだから当日朝力いっぱい図書館設営いったら、あとはやることないなー、なあんて思っていたところが、後から数えてみれば、意外に本はさばけていたりしていや、わたしもじゅりいも、あぁんまり売った自覚はないのですねなんだけど、なんだか地味に適当部数ずつ既刊がオーナーを得られた模様でこれを決して喜ばしい結果と言ってはいけないのですけれどもっっo何か畑の畑らしい部分に救われた感はあるのでした。
矢島家本をお買い上げくださったみなさま、どうもありがとうございましたmm本そのものは悪いものではないと思われますので笑次の機会には、もうちっとラインナップ揃えていきたいかと思いますmmいや、確かに開場中、気が付いたら見本誌しかなくなっている本がさらに続出してはいたのは事実で何か、お呼びがかかる本が見本シール貼っちゃっているのしか残っていないで、別物もってってもらったり、などいろいろやってたような気はするのですもの。
で、また、Rhinologyの本は薄いからっっ十部減ってもあんまり残り全体のかさが変わらないように見えるんですよねonorthwestも、今回新刊がコピー誌だったうえに、来月GWのティアと文フリにも搬入しようと、その分余計に作ってたりしたのを分けておいていく余裕もなく搬入していたりしたせいか新刊コピー誌、いつまーでも売り残していたから気が付いていなかったんだけど畑での予定頒布数以上にとっととなんだか売れてたりなんかしたようで気が付いたら帰りの荷物はすっかすかよくわからないけれども、搬入ぐちゃぐちゃだったわりには成績は悪くなかったのかもoただまあ、お求めの本が売れちゃっててなかったぶんを鑑みると、この倍は頒布数伸ばせたはずだったとは思うのでした。
次からは、じゅりいも心を入れ替えて、人が準備全部すんでから自分の割り当ての作業を始めようとする態度は改めてちゃんとわたしの作業と並行して自分の受け持ち分の準備進めるようにねわたしが考えてやらなきゃ、搬入タイトル種を計画準備することすら出来ないで、縄張り根性出してたって馬鹿にすることしかできないからよくもまあ、このわたしに対してそんな料簡持ち出せたものだわななんだか愚痴に成り果てましたがo畑関係、売り子していたときの感触とか、あと、買いに回ったほうの印象とかもうちょっとお話したいことなどありますので今回はここで切って、またもうひとつぐらい別エントリィであげたいかと思います。
まずはご参加の皆様方にはお疲れさまでありました。
すでにご感想なども頂戴しております。
お返事など、順を追ってやってまいりますので、しばしお時間くださいませ。
ではでは。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:idmhb93m9f
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/idmhb93m9f/index1_0.rdf