俺より卑猥奴に会いに行く…。 

June 26 [Mon], 2006, 21:04
どうも文字数制限が使いかって悪く。

新たにブログを立ち上yoーと。

思い立ったが吉日。


次へ…。

責任転嫁。 

March 02 [Thu], 2006, 14:16
知っていましたよ、ずぅ〜っと…。

何が悪いか、なんて。

逃げて、逃げて、逃げて……。


でも、ただ逃げていたんじゃなく、そうしなくて済むよう……


次は逃げなくて済むよう……


逃げてきたんだよ


ここまで…。




だけどもさ、とんだお笑い種


アレも、コレも、


手に入らなかったよ。(笑)



立ち向かう術が見つからない……。






嗚呼、

私は何一つ、

何一つとして、大地に返していないのに……。









『自分のことを考えないで人のことばっかり考えてるから、

自分を優しい人間だって勘違いしてる。』




↑ある方が書いていました。







逃げ込む先を失くしてしまいました。


「人のためになる生き方をしよう!」


なんて、

シェルター掘ってたんです、ハハハ……。






いざとなればそこへ駆け込めば良いね、と。







ボーダーレスな大儀が守ってくれるよ、と。






なんだ、自分(笑)





氏んだ方がいいよね。



【〜抜けゆく髪の中で。〜メッシュ】


次は、ない。

南方。 

February 19 [Sun], 2006, 23:32


                 『打岩。』





                 『今流。』

写ut うp!!指咥えて……。(You’ll be quiet.) その1 

February 10 [Fri], 2006, 22:08


『だまれ小僧 !!』

だの、

『だまらっしゃい!!』

なんかが好み。
ニュアンス的に。

前者⇒モロの君(美輪明宏氏) 『もののけ姫』

後者⇒Dr.イーブル(山寺宏一氏) 『オースティンパワーズシリーズ(吹き替え)』

で、っていう。



【沈黙には十度の後悔がある〜】
などと世間では申しますが、
………世捨て人な私もしょっ中やっております。


『髪形変えたのですね、素敵です♪』


幸い、発声の仕方やら抑揚のつけ具合、
倒置法やらなにやら、数パターンのレトリックを懸案出来る時が設けられておりました。


が、


飛びました。本番で台詞が……。

飛びました……ある意味の羞恥心から……。

こないに、申し訳するのです。



『俺には…、台本なんて要りません、監督!!』 
(二役)




とかなんとか…。


即意当妙、即興性に評価が下される勝負事にあっては、
意外にもスポーツマンヒップがもっこり、
右手を挙げながら、正々堂々〜を宣誓してしまうのです…。
(左手で脇は隠しますけども。順位とか関係なし!)



ともあれ、何かしら仕込んでおいて、
本番で上手くいった例がない。

スピーチ然り、踊り然り…。

下準備してしまった事を恥らうのです。
またその花も恥らう男めの感情を、





     /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| + 『COOL!!』
 |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    
. |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
      >   ヽ. ハ  |   ||



言うてくれるのですよ、私の良心が…。(ズレるよ〜、全然クールじゃない。)

写ut うp!!指咥えて……。(You’ll be quiet.) その2 

February 10 [Fri], 2006, 19:07
滔々と弁じたてないまでも、緊張しぃな私が何かペラっている……。
そんな時は無心でいられ、衷心から発言出来ている…。
己に偽りのない、新鮮な言葉を紡いでみる…。時に絡まり、時に空回り…。
質は不問。手編みは暖かい…。

私の中にあるものは狭く偏ったものばかりでしかないが、
それでも、独自の平衡感覚には憧れているのであり、
曇りなき眼でジャッジメントを下し、
雛形のない、オリジナルな会話を創れるようになりたいと願う…。









……と、言い訳をしてみたが、
やはりシーンカットしてしまった事は後悔したワケで〜。




予想通りTAKE2のチャンスは回ってこなかったワケで〜。



要は、小細工労する魔がさしたのがまずかった!



『髪型変えたのですね、素敵です♪』




⇒コレは確かに瞬間的には、伝えたい言葉であったのだ……。

悔やまれる…。・゚・(´Д⊂ヽ・゚・






そんな辛酸ペロペロや、『二度目はないかも。』の訓戒から、
アグレッシブにさかることも時にはあるワケで…。




脳より口のほうが早く、



『スキトキメキス♪』








大概こちらも後悔に終わる……。








オチもなく終わる……。





写真 『あいらいく ぴゅろーず!!』















擬音祭りってなんなん?ガガガSP? その1 

February 05 [Sun], 2006, 8:36
……とある人から、離婚の話を聞いた…。

「結婚なんて、紙切れ一枚だから…。俺達にとっては…。」

そう言っていた……。

「まぁ、どんな状況も受け止め方次第ですしね………ああ…、そうなんですか…。
で……、それって、悪い……、いや、良いも悪いもないすけど………、悪い方向じゃないんでしょ?
ん〜、……じゃぁイイですよね。……いや良いも悪いも(ry。」

私は当たり障り無く、返答した……。



……中立の発言は衷心からである……。





『私はいったい、どの道を行くべきなのか………?』

相談役に選んでもらった場合、私は、往々にしてニュートラルな助言をしている…。
地図とコンパス…これを、相手に拡げてもらい、
道程の景観を窺う…………。

文字通りの机上の空論。

私のナビは、
「ゾーンを左に曲がれ」でもなく、「GO LEFT FIELD.」でもなく……。


「Left turn!」、「Right turn!」、

「前に〜、倣え!!」

などでは更々なく……。

せいぜい、

「そこ右を左折…。」(無断借用。)


くらいで……。




こうして書いてる途中にも脱線するワケで…。


まぁ、幸い、
丸い地球で僕らは走っている…。


“最短”でなくて構わないなら……、
どの道行こうとも…、
“いつか”目的地に辿り着けるワケで…。(世間で絶対に来ないと評される“いつか”。)
寄り道も楽しいものだよね、と…。

まわり道の素晴らしさ
これはいわずもがな♪


『遠回りしてきたからこそ、見ることの出来る景色!!』

コレである。

規定時間内にゴールをおさめたレーサー、
勝利までのタブー、“本末転倒”
のなんたるかを知る、限られた時の中で最速を尽くす意味を知る人生のレーサーには蜃気楼と映るであろうこの景色である………。


擬音祭りってなんなん?ガガガSP? その2 

February 05 [Sun], 2006, 8:34
遠回りした者…。

この人達は、ね……⊂二二二( ^ω^)二⊃


⇒『遠回りしてきたからこそ、見ることの出来る景色!!』

という幻のご当地土産をその眼に焼きつけ、持ち帰ることが出来るのだお〜♪

(でもその景色は実は、どこかそこいらにある、アリキターリのものでしかなくて、本当は全然お土産になんかならないお。)…( ^ω^)





狭〜い己の世界の車窓から、チラと垣間見ることの出来る素敵な景色だワッショイ
遠目、夜目、笠の内、まわり道〜♪……巧くないワショーイ
                      +
.     +   /■\  /■\  /■\  +
        ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
   +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
         ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
         (_)し' し(_)  (_)_)

                                           

    //
      / .人
      /  (__) パカ
     / ∩(____)
     / .|( ・∀・)_
    // |   ヽ/
    " ̄ ̄ ̄"∪ <あ、結局は、
             目にした本人達にさえも、その価値
             の良くわからない景色なんだお!
             
             でも悲しいかな、二束三文のその景色を皆、
             一心にたいそうありがたがって、
             後生大事に、自分のPC(パーソナル・コンポーネン
             ト)の壁紙とかにしちゃうんだお。
             
             何故って……膨大な時間を犠牲にして見てき
             た景色だもんね。 
             そりゃ……盲目的に価値を信じたくもなるお!



擬音祭りってなんなん?ガガガSP? その3 

February 05 [Sun], 2006, 8:30

真に美しい時を全力で駆け抜け、
加速とともに狭まる視界の中、それでも必死に目を見張って疾走するという努力をして来なかったばっかりに、
いまや猛スピードで回りだす世界のただ中で、
次々と現れる人生の標識についていくことが出来ず、
左車線でただただ事故を起こさない事のみを祈りながら、
目的地で降りる事も出来ずに、
貯まれど、使う事のない、無駄なマイルを稼ぎ行く……、

高速ドナドナ………。

ただっ広い緩やかな砂利道で、これまで只管に、徒に稼いだきたメーターの走行距離とは裏腹、
ハンドル捌きの未だ覚束ないペーパードライバー宛らに……。



    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 人生っ!ハザードぉ!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J

見上げると、燦然と煌く第一等の星々……。
まわり道の夜空に散りばめられたその宝石がダイヤモンドなのか、はたまた硝子細工なのか、

気づけば、その見分けすらつかなくなっ、、、、、、(ry。






云々。






とさぶイボたつ、俗な事を言うてる、私が
正気に戻りましたよ、と。

 (;゚∀゚) ニコッ!
  し  J
|   | 
  し ⌒J

擬音祭ってなんなん?ガガガSP? その4 

February 05 [Sun], 2006, 3:22

“価値”の第二、第三義……。第n項を解くのも、
敢えてそこに重を置くも、また一興……。



選択肢は五万とあり得ます。実際なくても便宜上こう言うのです。

ただし、一つの道を一歩進んだら、他の道の“可能性”なぞ、
あぼーんするワケで、
新たな無限の可能性は、今行く道の先にうpされる……、

⇒普遍の事実。



『物事には円の半径ほどに無数の側面、真実がある。』←違ったかな(汗


されど、どの輻を選ぼうとも、一たび一本を掴んだのなら、
他には目をくれず、黙々とその仕上げに励めば良い。

景色〜ウンタラ〜って何ですかwwwwwww逝って良し。

んで出来上がったら、下手くそだろうとなんだろうと、
胸を張って、己が銘を打てば良し…。








『さんちき』




と……。



その積み重ね…。

ほんと、それだけ…。

百本も作りゃ、車輪も出来よう……♪

さっさと神輿曳けるよう、
クラフトワーク、ツールドフランス。

独り祭りだワッショイ、
ずれるからAA貼らないワッショイ。





んでかならず来る“いつか”土に帰れば良し。

もっと言えば、ベットに帰れば良し……。





 はじまりのおわり。


写真『ハイ・ブレンド』


 





モバイルテス… 

February 01 [Wed], 2006, 18:28
写真【炭焼き。】