籾山が宮下

July 31 [Sun], 2016, 15:20
先週末に引っ越しました。荷物を搬入して新居に入り、夕方になって部屋の明かりをつけて「もう自分の家になったんだ」とジワジワきました。その日の夜は、思い切ってちょっとぜいたくをしてピザとお寿司をとって、好きなワインも買ってみんなでささやかな乾杯をしました。まだ残っている片付けもがんばります。引っ越しに関わる手続きはたくさんありますが、大事なことに各市区町村の役所で、転出と転入の手続きをすることがあります。先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。そして転入先の市区町村の役所の窓口で、転入届を出して転入手続きをします。言うまでもなく、転出届とセットでないと転入の手続きができないことは気をつけないといけません。この届が他の手続きの元になるので引っ越ししたら、すぐに手続きを終わらせた方が良いです。コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は大抵の引っ越し業者からレンタルすることができる運搬専用の衣装ケースがありますから、これによって衣類の梱包がだいぶ楽になりそうです。こういうケースがないと、普通のダンボールに一着ずつ衣類を重ねて梱包することになるのですがこうした運送専用の衣装ケースを使うことができればハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。運搬先でも、今度は衣装ケースからハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。法律上、賃貸物件からの引っ越しの場合、原状回復が義務になっていますが、経年劣化は避けられないこととして考慮されます。入居者による破壊や破損と判断されると入居者のお金で修理しなければならないわけですが、日焼けなど、避けられない変化は入居者の費用負担で直す必要はありません。賃貸では、できるだけ現状のままで退去できるよう生活するのが無難な道だと言って良いでしょう。一世帯がまるまる引っ越すとなると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。朝から晩までの作業になることは必然ですから、事前準備ができそうなことは終わらせておけば当日の負担が減ります。とりわけ、ライフラインの水道、電気、ガスその他をすぐに使えるようにする手続きは絶対条件としても、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、運び出す荷物とは分けて取り出しやすくしておくことも大事です。引っ越しをして、住所が変更された場合、出来る限り早く国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。資格喪失手続きは旧住所の方で行えますし、加入手続きの方は、引っ越し先の住所で行うことができます。届けに必要なものは、国民健康保険証と印鑑と、もう一つ、本人確認書類にできる運転免許証かパスポートを用意し届け出に行きましょう。誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。引っ越しは段取りが一番大事です。大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、日程を考えて梱包作業を進めます。日々使うものは予め別にしておいて、他のものを用途や種類で大まかに分け、詰めれば大丈夫です。中身が何か書いた紙を、ダンボールに貼っておくと荷物を開ける際、役立つでしょう。電気、ガス、水道、電話など、ライフラインの移動手続きも忙しくても、必ず終わらせましょう。転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。割れたものが、自作のお皿だったりしたため、とてもショックを受けてしまいました。とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。家移りするということは、これまでの生活の後始末や、新しい生活への対応として何かとお金が出ていくので引っ越し作業については一円でも安く済ませたいというのが本音でしょう。利用したい業者の割引サービスは、どんなときに適用されるでしょうか。問い合わせてみても良いでしょう。他のサービス業でも同じですが、引っ越しの割引も普通引っ越しが少ないとされる時期に引っ越しすることでかなりお安くしてくれるので閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。もう今時は、知る人も少なくなってきたようなのですが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、という習慣が、一昔前からありました。どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長いお付き合いをしたいと縁起をかついだのと、名称から「ソバ」に引っ越してきましたからよろしくお願いしますなんてシャレも効かせて引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。引っ越しをするならば、ご近所への挨拶は近所とのコミュニケーションを円滑に進めるという点から言っても大切ですよね。さて、挨拶には何か贈答品を用意する必要がありますが、のしの選び方で悩む方も多いのではないでしょうか。ですが、そこまで肩肘を張ってかしこまる必要もありませんから、のしのタイプは外のしにして、表書きに「御挨拶」、のし下に「自分の苗字」を記名すれば引っ越し挨拶の贈答品として十分だと思います。どのような場合でも引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、サービスとして、業者がくれることもありますが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。ダンボールが足りなければ、スーパーなどでダンボールは無料で手に入ります。サイズが整わないのは仕方ありません。ダンボールは移動の時、たくさん積んで運ばれるので、同じダンボールを積むのでなければ積み重ねるとき配慮が必要です。引っ越し作業に最も影響を及ぼすのがお天気です。どういうことかというと、降雨が激しくなると荷物の防水も徹底しなければいけなくなる等、作業が増えてしまいます。梱包作業を業者に一任しているのであれば、業者の不備で荷物が濡れるなどの心配はないものの、雨天時の道路事情により到着が大幅に遅れるなどの影響は出るでしょう。荷造りを全て自分で行なうのであれば、ビニールで覆うなど、雨天時の対策はかなり大事です。万が一のことも考えて天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、かなり浸透してきました。一般家庭の引っ越しを扱う業者は、何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたというのが当然だと思っていました。ところが、運送会社は近年、単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。少し早いうちから始めるべき、引っ越し準備になりますが持って行く物と持って行かない物の仕分けをしてみたら、意図していなくても、どんどん粗大ゴミが増えてきます。家具など、引っ越しで出る粗大ゴミについてはいつものようにゴミの日に出しても、収集してもらえないでしょう。粗大ゴミは、処分方法をまず、自治体に問い合わせて決まり通りに処分しましょう。粗大ごみを「そのうち捨てよう」と溜めておくと邪魔だし、一気に運ぶのは大変ですから、少量ずつまとめてなど、工夫しつつ処分を進めましょう。結婚のために引っ越したとき、いろいろ調べて、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスにしたんです。全面的に専門の業者に任せた引っ越し自体が全く初めてでコールセンターへの電話も緊張していました。最初から最後まで、それぞれのスタッフの方にてきぱきした対応、丁寧な作業で、信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。引っ越しはまたあると思いますが、その時にもヤマト運輸の利用を考えています。引っ越しに向けて冷蔵庫の準備の仕方がわからず、運び出すまでに時間がかかってしまったというケースもあるそうです。前日までに、冷蔵庫については庫内を空にして、電源を切っておき、一晩で下の水滴貯めパレットに水がたまるため、捨てておけばあとは運ぶだけです。そのため、冷蔵庫の中のものは全て、冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、新たに買うのも控えて、冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。誰でも、引っ越したなら、転出・転入の手続きをしますが、結果として変更を迫られることもあります。引っ越し後も固定電話を使う場合、番号が変わることがよくあるものです。NTTに住所変更の申し込みをして引っ越し先で新しい電話番号を使うための手順を把握しなくてはなりません。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、引っ越し先が同じ市内局番エリアであれば、電話番号の変更はありません。就職したのを機に、10年ほど前にこのアパートへの引っ越しを決めました。引っ越してきたときは、3年くらいで後は実家に帰りたかったので住民票は動かしませんでした。ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、ずるずると居続けてしまい、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、地方税はこちらの方が安いことにも気づき、今さらですが、住民票を動かしたいのです。いざ引っ越しをと思っても、どの業者を選んだらよいのか悩む方も多いと思います。初めての引っ越しとあれば、ますます不安になるでしょう。個人的な話ですが、初めての引っ越しでは引っ越しのサカイでした。色々と比較してみたのですが、サカイさんが最も料金が安かったです。引っ越しの当日に対応してくれた配送員の人がとっても親切で優しかったので、その時の安心した気持ちがずっと残っています。それ以来、引っ越しではサカイさんに依頼するようになりました。良い引っ越しを経験しましたから、安心感が違います。これからも、引っ越しの時にはサカイさんにお願いしたいと思っています。マンションやアパートですと、今では隣や上下に住んでいるのはどんな人か、はっきりしなくても何とかなるというのが当たり前のこととして受け入れられています。とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、災害など、大変なことがあれば助け合えるようなつながりがあった方が良いでしょう。良好な関係を作り出す手始めとしては、引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、両隣に挨拶をすることがポイントになります。転居先に出かけたり家電を処分したりすることも含め、引っ越しにまつわる出費は予定外の出費なども重なり、思っていた以上にかかってしまうことがあります。なので、業者の選択は費用面から見ても慎重に考えてしかるべきです。引っ越し料金については、距離や荷物の量が変わらない時も会社により、料金が変わってくることがあります。そういった、料金の差を知りたいという人にとって役立つのが、引っ越し料金の一括見積もりサイトです。利用方法は簡単です。サイトから引っ越し先など、見積もりに必要な情報を書き込んで一括見積もりを申し込みますと一度に複数の業者から見積もりを取れますから、多忙な人にもおすすめできます。住民票を動かすと、絶対しなければならない手続きの中で大事なのが自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と一緒に新しい住民票の写し(本人だけの記載で良い。住所変更した後の健康保険証や公共料金領収書なども有効)を窓口に出し、届を書いて出すだけで手続きは比較的早く終わります。無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたら運転免許証に記載されている古い住所も、変更の手続きをしましょう。ほとんど車に乗らないから、次の免許更新の時が来るまで特に住所変更をしておく必要性を感じない、と考える人も一定数存在するようです。でも、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。携帯電話の新規利用を申し込んだり、機種変更をする場合に携行率の高さもあって、本人確認書類としてよく活躍しています。それに、金融機関で口座開設する時も必要になります。因みに、住所変更で免許証が再発行されるわけではなく、裏面に新住所が新たに記載される形です。時間もそうかかりませんし、早めに済ませておいた方が面倒がなさそうです。私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。引っ越しのきっかけは進学、就職などですが、荷作りの大変さは毎回変わりません。そんな経験からわかったことは、単身世帯が引っ越すのなら割高になっても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うのが荷物が丈夫になり、運びやすくなります。スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、強度の差は歴然としています。問題なく荷物を移動させるために必要になるので、使うことを強くすすめます。家中のものを引っ越しのために整理していると、不要品は必ず出てきます。処分するだけでも疲れてしまいますね。こんな時に朗報があります。不要品引き取りサービスを引っ越し業者が行っていることです。電化製品などは、業者によってはお金を払って処分しなくてはならないものをリサイクルといった名目をつけて無料で引き取ることもあります。問い合わせるだけの価値はあります。多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、どうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、一個ずつ底から包むのが基本です。新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくとクッションとしての役割がより高まります。それから、持ち手のついた食器類などあれば、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。春や秋は、一年のうちで一番引っ越しが行われるシーズンです。大学入学や就職、転勤など、人の移動が多いことがその理由です。一般的に、引っ越しは時間と手間がかかると聞きますが、手続きがややこしいという点が大きな理由のようですね。例えば、電気や水道、市役所など、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。転居の際、必要な作業は様々です。そんな中で荷物の梱包に関しては、大体の物は自分で完了させる、という人はとても多いのですけれど、業者にもよるものの、梱包作業も業者が行なう引っ越し作業の一つとして依頼できるコースがあります。そういったシステムなら時間をとる梱包作業は業者にしてもらうことを、おすすめします。養生用のテープや緩衝材などもふんだんに使ってもらえますし、作業も慣れてて早いです。それに、作業中や運搬中に、破損などの被害を受けることがあっても作業を行った業者がその責任を負って荷物の弁償をしてもらえることもあるようです。職住接近したい、家族の人数が変わった、などの事情があって住環境を変えることになるのでしょう。この際だからと、不要なものや長いこと着ていない服などは手放し、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、同じ布団を使い続ける世帯がほとんどのようです。毎日使うものであり、自分になじむものなのでなかなか手放せないものかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽葵
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/idcu8clnedeod4/index1_0.rdf