手術では他の歯に触れていなくてもイン

February 13 [Mon], 2017, 15:38
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。


実は他の問題が隠れてい立と言ったこともありますから、特に手術後は、異変を感じた際は間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてちょうだい。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていると言った可能性もあるのです。
こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切でしょう。

インプラントの特性として虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。しかし、インプラントを入れ立ところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。


アフターケアが寿命を決定します。



日頃から丁寧に歯みがきをおこない、完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。



人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。多様なインプラント治療の問題点を広く調べ立と思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。それは違います。



確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてちょうだい。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を捜し出すかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば上から冠みたいな形のクラウン治療が可能になります。しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の換りに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。



これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。



技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。近年市民権を得てきたインプラント。


人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士と言った専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないと言った場合があります。ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働聞かける治療と言えます。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと願望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。
典型的なインプラント治療は、段階が大聴く3つに分かれます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントと言った連結部分をはめ込み、義歯をつける、と言った流れはみなさん変わりません。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を初めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくる理由です。

長く根気のいるインプラント治療。


しかし、やっと治療期間が終わっ立といっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。


ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
口腔内ケアの仕方を病院で教えて貰える筈ですので、必ず守るようにしてちょうだい。


結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事と言ったことですね。重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。
ブリッジと言った選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。



とってもな費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛向ことが出来るようになってインプラントにして良かっ立と思いました。多様な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で捜すことを勧めます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウカ
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる