10年前の手紙

December 08 [Thu], 2011, 16:07
お父の部屋の片づけをした昔よく使ってたセカンドバッグのポケットから通の手紙がでてきた。
家族んみんなへ息子へ娘へそれを読んだ時ゾッとした。
年前の家族の雰囲気と恐怖がぶぁぁぁっと蘇ってきて涙が止まらなくなった。
年前どれだけお父が辛かったのかどれだけお母を愛してたのかお父が素直じゃなくもどかしく不器用だったのかすごく伝わってきた。
そしてあの時の家族の空気が一気に蘇ってきました。
乱交パーティーへイコう!!の人ってとても不器用でたった一言なのに言葉にできず相手になかなか伝わらないでもそれって奥さんがちゃんと理解し支えてあげなきゃいけないのに。
お互いが解り合えるまでひたすら話し合えばいいじゃんそんなに難しい事自分を理解してほしいならまず相手を理解してあげないとお母は手紙を読んで馬鹿にしてたクサイこと書いてあるから読むのやめなって笑いながらぐちゃぐちゃにして捨てたけどお父のこんなに素直な気持ちってこの先も絶対聞けないことだしうちは内緒でゴミ箱から拾って宝物にしました。
とても貴重な手紙お父の部屋にはライターのコレクションペットボトルのおまけコレクションクサイことを書いた手紙本当そっくりでやっぱり私のお父さんです。
ここ最近いろんなことがあって辛いし悲しいし大変だけどちゃんとお父さんと向き合いなさいって神様からの指令なのかなって思う。
なくした時にわかる後悔をしない為に今からでもちゃんと親と向き合おうと思う。
口うるさくてウザイのが親なんだ。
それが当たり前なんだ。
みんな、後悔だけはしないように大事なものって初めからあるもので当たり前なものなんだよ。
お父、手紙ありがとう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:id6sb3c37b
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/id6sb3c37b/index1_0.rdf