国際化する社会においては海外で助けが必要

February 20 [Sat], 2016, 20:21
国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、医療従事者として手助けしたいと考えている看護師の方もいると思います。


実際に、海外において日本の看護師をもとめる声も増えていて、困難を抱える人を救うことの出来るナースという人材が要求されています。

当たり前の事ですが、海外では医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英会話(ほとんどないと、熟年離婚の原因にもなりかねないでしょう)ができる事が絶対条件になるでしょう。海外で看護師として活躍したいのであれば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。

医師、そして、ナース。


二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。
はっきりした違いは、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり適切な薬を出すことが主な業務とされます。他方、NURSEの場合は、お医者さんに従い、診療面で医師の補助をしたり、患者さんのケアをするということが中心です。夜勤をこなす必要があって、ナースの仕事は勤務の形が少々不規則です。

規定通りの休みをとることは持ちろん出来るのですが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)といった節目に辞めていく人が引きも切らず、働き盛りのNURSEが辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。結婚はともかく、出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)を経て子育てスタート、となった時、安心して託児ができる施設などがなければ夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。ですが、近頃は子一緒に手がかからなくなったためもう一度看護師としてはたらくことを願望する人も少しずつ増え初めています。
私がなぜナースになりたいと思ったのかというと、中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務しているNURSEさんを見て、感銘を受けたのがきっかけとなりました。



将来は、ああいう風になりたいと思って高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。大変なこともあるのですが、充実した日々を過ごしています。



入院施設のある病院に勤めるナースは、シフト勤務ではたらく必要のある仕事です。夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。それは、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。



2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、3交代勤務での夜勤となると、時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。願望する病院が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。
少子高齢化の影響は多彩な所に波及しており、病院などの医療の現場ではたらく人々がより多く輩出されなければならなくなるでしょう。

沿ういった理由で既に不足している看護師なのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。


毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一因だといえます。多くの看護師がもつ悩みといったら、休日や出勤日が不規則な事だと思います。



平日が休みになってしまっては、デートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの辛さがあるようです。他にも、そもそも人手が足りずに忙しくて休みが取れないケースもあります。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、立とえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を捜してみるなど、転職を考えるのが良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:涼太
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/id5nner3usmupt/index1_0.rdf