お知らせ 

October 27 [Mon], 2008, 15:16
突然ですがお知らせです。
今回の更新をもちまして、このblogでの日記活動を終了させて頂きます。
今までご覧下さった皆様、どうもありがとうございました。

2004年の今頃から始めたので、ちょうど4年経つんですね。ずっと昔のことのようにも感じるし、つい最近のことのようにも感じるし。不思議です。

ただ、現在サイトは持ってないし同人活動も休止状態だしで「生きてるのか死んでるのか解らん」と云われそうなので、また別にひっそりと生存確認出来る場所を作ります。ここみたいに頻繁には更新しないかもですが。
引き続き見てやるよと云う方は、お手数ですがメールにてご連絡下さい。
手っ取り早くここに載せておけばいいじゃんとも思うのですが、最近どなたが覗いてくれているのかさっぱり解らないので。すみません。
メールするのて手間だし面倒だと思うので、いわゆる「三行メール」で構いません。
あ、もし出来たら、一言挨拶(おはようでもハローでもボンソワーでも何でも可)と、お名前と、「新しいblogのURL教えてちょ」と書いて頂ければ解りやすくてありがたいです。
余裕があれば一言近況報告などお書き添え頂けると嬉しいです(無くても全く問題ありません)。

ではでは。
どうもありがとうございました。
さようなら。

ですとろーい 

October 15 [Wed], 2008, 18:30
手塚&真田のCDシングル「淋しい熱帯魚」を聴きました。

なんつー破壊力じゃ!

「バナナの涙」「象さんのスキャンティ」と来て、今回のこの3枚目が一番衝撃的でしたおっさんは。
いやーこんな地を這うような低音の「淋しい熱帯魚」は初めて聴いたよ。しかも美声。
曲が流れて来た瞬間、文字どおり「わっはっはっ!」と笑ってしまった。
跡部様の「好きさ好きさ好きさ」もはっちゃけてて面白いけど、うーん、「淋しい〜」のほうがインパクト勝ちかな。

いやホント素敵。

不思議な質問 

September 25 [Thu], 2008, 14:50
新内閣が発足しましたね。
テレビのニュースで記者会見の様子を見ていたのですが、少子化対策担当の小渕大臣の会見で「?」となりました。

記者:「自身の子作りは?」

……はい?


それってセクハラじゃないの?
セクハラではないにせよ、プライベートな問題なんだからこの場でする質問としては如何なものかと。「じゃんじゃん産んで日本の少子化を食い止めます!」とか云って欲しかったのかしら記者は。
何処の記者だよアレ……。

ドラマ 

September 16 [Tue], 2008, 19:06
今シーズンはほとんど見ませんでした、ドラマ。
唯一見たのは「魔王」。
と云っても、ラスト3話だけと云うとても「見た」とは云い難い状態なのですが(^^;
友人Tこちゃんがハマってしまい、その熱く語る姿に興味を持って「じゃあちょっと見てみようかな」となったのがもう終わり際だったと云う……あれこのパターンて前にも何処かで?(笑)(答:電王)

「魔王」で良かったのは、復讐者である領は冷酷な殺人鬼ではなく、また直人も己の過去の罪を悔い、それぞれがそれぞれの立場で苦しんで、また相手の苦しみも理解していると云う点です。
最初のほうを見ていないのでどうだったかは解らないのですが、領が直人が苦しんでいるのが解っていてその姿を見て自分も辛く苦しい思いをしつつも、復讐と云う行為を止めることが出来ない、やり通さねばならない、と云うのが見ていてたまらんですな!(notサド)

他には、ちょっとヒロインが鬱陶しかったり(すみません)もうちょっと可愛かったら良かったのにとか(すみません)サイコメトラー設定が都合良過ぎてずるいよなとか(だってさー)劇団ひとりが思いの外良かったとか(驚いた)生田君がじゃにーずなことをようやく知ったとか(今更)大野君はちゃんと芝居が出来ていてドラマ初挑戦とはこりゃびっくりとか(普段とのギャップが良いと思います)三宅ゆうじがどうしても違和感バリバリだとか(おっさんだけですか)、そんな感じです。

しかしアレだ、あの不倫関係の秘書と長男の妻、ちょっと理解し難い。
殺人罪は無罪だったとしても、不倫の仲でありながら釈放されて早々に「家にはもう帰らないわ。あなたの所に行ってもいい?」てなんじゃそりゃー。しかも秘書も受け入れるなよー。料理しながら待ったりするなよー。高そうな指輪買って帰ったりするなよー。愛情はもう無いとしても法律上まだ夫婦なのに夫が殺人罪で捕まって警察で自殺したのになんじゃそりゃー。
前半を見ていないので、長男がそう云う振る舞いをされて当然な人物なのかどうかは知りませんが、ちょっと「はい?」て思ったぞ。

で、今週から本家韓国版「魔王」がBSで放送されるそうで。
韓国ドラマておっそろしく長いのでちょっとなーと思っていたんですが、Tこちゃん曰く「魔王はもっと短くて20話くらいだったような」。
……そ、それくらいなら頑張ったら大丈夫、かな……!?

大漁 

August 26 [Tue], 2008, 17:48
24日はインテに行って来ました。参加された方、お疲れ様でした。
今回は涼しくて過ごしやすくて良かったです。しかし、歩きにくい靴を履いて行ってしまって足が痛かった……こんな初歩的ミス、オタク失格だぜ自分! のん!

5月はあまりのスペース数の少なさに涙を飲みましたが、今回は大丈夫だった。全館使用だった(1号館除く)。本も買えたよ。5月分もしっかり買えたよ! やっほーい!
あと、友人知人の皆さんに会えたのも嬉しかった。タイミングが合わなくて会えなかった人もいたけどごめんにょ(残念でした)。

ナマモノにハマりかけの人達(そう、複数形だよ。君は一人じゃない!)、気を付けつつ頑張ってね……!

オリンピックの野球は、うん、残念でした。
試合見てる時についうっかり「ぎゃーっ!」て大声で叫んじゃって、通報されてパトカー来ちゃったらどうしようかとしばらくどきどきしていたけど来なかった。よかった。
ご近所さん、すみませんでした。

ああ栄冠は 

August 18 [Mon], 2008, 17:04
君に輝くんだ。
夏の高校野球が終わってしまった……夏の青春が終わってしまった……。
選手の皆さん、関係者の皆さん、お疲れ様でした。感動をありがとう。別に世間に感動を与える為にやっている訳じゃないから礼なぞ云われる筋合いは無いと云われる気もするけど、ありがとう。

しかしおっさんにはまだオリンピックの野球が残っています。星野ジャパン頑張ってー!

そして夏と云えば夏コミ(オタク的に)。
参加された皆さん、お疲れ様でした。直前に手荷物検査実施のお知らせとか告知されて心配していましたが、とりあえず大きな事件は起きなかったようで良かったです。
おっさんは結局、体調と天候等の理由から行きませんでした。夏の暑さに弱いおっさん、この時期はあまり無茶は出来ないと云うのはあるけど、如何せん最近は精神的にへたれちゃってイカンなあ……ううむ。


石田衣良「アキハバラ@DEEP」読了。
最初は「いつもの石田さんとは違う感じ?」と思いながら読み進めましたが、途中で美少女アキラが登場した所で「やっぱり石田衣良やな!」と安心2割落胆8割。
秋葉原での大量殺人事件のしばらく後に読んだのですが、何だか複雑な心境になった。

恩田陸「小説以外」読了。
デビューから14年間の全エッセイ収録。自身の著作のちょっとした裏話や影響を受けた作家・作品等が解って中々に興味深いです。「オニオングラタン」の話には爆笑!(笑)

生存報告 

July 23 [Wed], 2008, 13:10
生きてます。

先月末からパソコンが使えない状況にありまして、数日前からようやく復活しました。ふいー。

そして突然ですが、夏コミに行かれる方、よろしければどなたかご一緒させてくれませんか。現在の所、おっさんはおんりーろんりー独りで一般参加予定です。
この酷暑で独り参加はちょっと不安(倒れたらどうしようとか)。
また、サークル参加の方でチケット余ってるからくれてやるぜと云う方、馬車馬のように働きますのでよろしくお願いいたします。

では、取り急ぎご連絡とお願いまで。
連絡待ってます!

続・テーマソングは 

June 20 [Fri], 2008, 21:19
お前らー崖っぷちーギリギリ♪
↑現在のおっさんのテーマソング。崖っぷちギリギリなのはお前らじゃなくて自分なんだよ!

ミュのチケット取れました。
ありがとうございます。行かせて頂きまっす。
ちなみに、4代目青学&2代目氷帝の回です。

しかしまあ、結局何の動きも無いまま先行予約が始まり終わり予約確認が始まりましたねー。今週のジャンプは先週「次号紹介」と書かれていた2代目氷帝キャストの紹介ページもありませんでしたね。何度も何度も探したのに見つかりませんでしたが、もしかしてこれはおっさんが買ったジャンプだけだったのかなあ。でも恐くて他の人に確認出来ず今に至ります。
来週こそは何か動きがあるかなあ。

本の片付けをしていて、ふと「バナナフィッシュ」最終巻を手に取りパラパラと眺めたら涙が出そうになって慌てて閉じた。
危なかった!
駄目なんだよー何回読んでも泣いちゃうんだよ〜!

テーマソングは 

June 13 [Fri], 2008, 18:07
追ーいー込ーむーぜみーずからギリギリのーラインまで〜♪
↑現在のおっさんのテーマソング。
自ら追い込んでいると云うか追い込まれていると云うか、いややっぱり自ら追い込んでいるのか……ふう。

ところでミュの跡部役新キャストと5代目不二役キャストの発表はまだですか、先行予約エントリーて明日からですよね確か。
ジャンプ今週号では降板の件も発表されていなかったし(印刷間に合わんかったんかねやっぱり)、どないなんですかねー、一応本誌が親分て云うかまず一番の公式でしょうに、次号で氷帝2代目キャスト紹介とか書いてたからそれで一緒に出せばいいや〜とか考えてるんですかね。跡部役新キャストもそこで一緒に発表されるんですかね。まあエントリー期間は17日までですから、16日に発売したのを見てからエントリーすれば良いよとか云うんですかね。
まさかそんな、ねえ。
あるまじきことですよねえ。
先行発売だろうが一般発売だろうが金を取り扱って売り買いすることには変わりないんですから、始まる前に情報を開示するのは当然のことだと思いますよ。
別に誰がどの役になろうが関係無く見に行く人は行くだろうと思いますけど(おっさんも別に誰が出ようが出まいがとりあえず行く予定だし。だって名前が解った所で知らない人達だしな)、企業はもしその辺にあぐらかいてるんだとしたら痛い目に遭うよ。

あ、あと新しい忍足役の人てえぐざいるに関係ある人なんですね。
またかよ! ますます悪感情!!(本人ではなく団体に対して)


乾くるみ「林真紅郎と五つの謎」読了。
その名のとおり、五編の短編収録の短編集。
可も無く不可も無く……。「見方によってこの世の出来事は何でもアリだなあ」て思いました。キーワードは「偶然」。
「過去から来た暗号」では、HxHの文字を思い出した(笑)。

鯨統一郎「九つの殺人メルヘン」読了。
以前読んだ本があまりに酷かったのでどうしようかと思いましたが、ダメモトで読んでみたら前ほど酷くはなかった。前はねー、「この憤る心が炎となってこの本を燃やし尽くせば良いよ!」とか思いましたからね、ははは。
今回はグリム童話の新解釈になぞらえて事件の真相を明かすと云うパターンですが、ようするに作者のグリム童話への解釈を披露したいだけであって、事件の内容や小説としての形は散々たるものです。だって登場人物がセリフで云ってるだけですからね、作者の意見を。
小説として何かを描くわけではなく、丹念に資料を探しまとめて発表するわけでもなく、詰まるところ学者にはなれず小説家としても中途半端、て感じですね。
おもんねー。
あ、日本酒に関する説明は面白かったです。

連ドラ 

June 08 [Sun], 2008, 22:00
下の記事、イケメン云々の辺りが意味不明ですよね、すみません。
ニュース記事の見出しに「イケメン人気俳優」て付いてたんで、「イケメン? 人気??」と首を捻ってしまったわけです。おっさんはあまりバラエティ番組もドラマも見ないので、人気かどうかは判断出来ませんが、「イケメン」の箇所には引っかかった、と。

そうそう、以前の記事で「バッテリー」と「オトコマエ!」に付いてちょろっと書きましたが、それも実は毎回ちゃんと見ているのではないんだったりします……メンゴ!(懐かしいなこのセリフ)
「オトコマエ!」は気が向いた時だけ見て、「バッテリー」はたまたま見かけてその日は阪神戦が無かったので見てみた次第です……。あ、でもこないだも見ましたよ!(それもやっぱり阪神(略)) 川原君は面白い芝居をするので気になります。出来たら今後も見ていたい俳優の一人です。
やーしかしいいですね「バッテリー」。中学生て可愛いなあ。青春だよね。同級生の女子が主人公に告白する場面とか、おっさん胸キュンだったよ。捕手が天才肌の投手の球が取れなくて「俺では駄目だ……!」て苦悩したりとかされてときめいたよ。
「オトコマエ!」は、古くさい時代劇が好きなおっさんにはちょっと好みではないのですが(たぶんわざと古くささを無くした作りにしているんだろうけど)、斎藤君が面白い。

ちなみに、「ルーキーズ」は城田君と佐藤君が気になっていたのですが、初回がいきなり2時間スペシャルで「そんなに長時間無理!」となって見る前からリタイア、「絶対彼氏」は水嶋君が気になっていたのですが、初回約30分を見て苦手なドタバタ巻き込まれ型なのでリタイア、でした。
あと母親が京大卒の某芸人さんが好きで、その人が出演しているクイズ番組を時々見ています。池上君も出てて驚いた。ナルホド、東大なわけね!

まあね、基本的に野球があるからそっち優先なんですけどね……!
そんなおっさんが唯一欠かさず見ているのは「キバ」です。そんなにハマってはいないんですが。気軽に気楽に見られるのが良いのかしら。

そう云えば、ミュの降板の件。
前にもあったよなー3代目海堂の子が発表直後にえぐざいるに行っちゃったヤツ、と思い出していたんですが、今回の子の父親がずーの元メンバーだそうで。うっわ! 何それー。
関係無いと解ってますけど偶然だと思ってますけど、何だかなあ、鬼門と云うかゲンが悪いと云うか……はは……。

暗い気持ちになりかけたので「りめんばーひょうてい」のCDを聴いてみた。
加藤君上手いな! 氷帝カッコイイな!
それにしても「On My Way」の終わりにかかる場内アナウンスが邪魔やな!


仙川環「転生」読了。
大変勢いのある、スピード感のある小説でした。
真相を追い犯人を追う主人公、その主人公を追う刑事、そして迫る犯人の手! わお!
作者は女性なんですが、良い意味で女性らしい文章だと思います。女性らしいて云っても優しいとかじゃなくて、「女ならではの強さ」みたいなのが感じられてちょっと新鮮でした。こう云う追いかけたり逃げたりする話て、長過ぎると疲れちゃうんですけど、長過ぎず短過ぎず、ちょうど良い塩梅でした。