熊木の村瀬

February 11 [Sat], 2017, 13:19
私が便秘になったのはなぜかというと、多分、運動不足のせいだと思います。
毎日の通勤は車なので、ほとんど歩く事もありません。
飼い犬などもいないので、散歩にも行きません。
そのような事情で、私は便秘がちなのではないでしょうか。便秘の改善や予防のためにも、ジョギングを今日から始めようと思います。これと言った決まりはあるわけではありません。
どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、まとまった量を一度で飲む回数を数回にした方が、身体のすみずみまで届くということから効果を実感できます。
私は花粉症になってしまってから、乳酸菌サプリなどを取り入れるようになりました。2年前より花粉症を発症してしまって、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。

でも薬を利用するのは気が乗らなかったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌サプリを飲んでみました。



現在の段階では、これで花粉症はだいぶましになってます。ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは一緒ですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢などという菌に強い成分も作り出す力があるのだそうです。だから、ノロ対策に効果があるということなのですね。

このごろでは、あちらこちらで、色々な感染症についての話を聞くので、とにかく積極的に摂るといいと思います。肌の調子がよくなると聞いて、ヨーグルトを一生懸命食べていた私ですが、実際、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食品らしいのです。
「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。何となくちょっと恥ずかしい思いです。

運動不足は筋肉の衰退に限らず、体の不調も起こってきます。女性に多く見られる症状の一つは便秘なのです。運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが一番です。



できれば、便秘を防ぐためにも、週に1、2回は歩いたり、なにか動をして体を動かした方がいいと思います。

ヨーグルトは便秘解消に効果があるといわれますが、私が実体験したのは、かなりたくさん食べないと、あまり効果がない気がします。
日ごとに1パックぐらい食べて、お通じがようやくあるぐらいです。

ヨーグルトを好む人はいいですが、嫌な人もジャムを入れて味を変えるなどしてなるべく食べるようにするといいかもしれません。ご存知の通り、アトピーの改善には食事も大事になります。



効果的な食事を意識することで綺麗な皮膚へと生まれかわることができると思います。


胃腸などの消化器官を調整して免疫力を強める成分としてヨーグルトや大豆食品を筆頭とする食品を日々バランスよく摂取すると良くなることに効果があります。通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも少量になっていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が下がっています。
ここを補って健康な状態に戻すには、保湿が最も大事です。それ故に、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を使う事が必要とされるのです。乳酸菌が身体や腸のために良いというのは誰でも理解できます。ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果はあまり期待できないのではという予想の人もいます。



でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、それが身体の健康づくりになってくれるのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウタ
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる