大城だけどキム兄

February 29 [Mon], 2016, 15:21
酵素風呂といえば酵素の力で発酵させた米ぬかやおがくずの浴槽に入り、発酵熱を利用して体を温めるお風呂です。

その他、普通のお風呂のお湯に酵素液を混ぜる酵素風呂というのもあります。酵素が活性化して生じる熱は、体を芯から温め、新陳代謝を向上させる効果があるとのことです。

体内にある老廃物や、要らない塩分あるいは毒素を流れる汗とともに体の外へと一掃してくれるのです。体質が良くなるだけでなく、肌も綺麗になり、病気になりにくい身体を作る効果もあります。酵素ドリンクと栄養ドリンクを同じようなものと考える方がいらっしゃいますが、各々、まったくの別物なのです。

酵素ドリンクとは、野菜、果物、ハーブなどなどから得た成分を濃縮・発酵させたもので、つまりは、濃縮されたベジタブルジュースなのです。だから副作用の心配はなくて、毎日、習慣化して摂取し続けることができますし、身体の内側から酵素を取り入れるということで、燃焼しやすい身体の実現を目指すことができるでしょう。

一般的に医薬品でダイエットを行う際には、副作用が懸念されますが、酵素ドリンクであれば副作用が起こることはないでしょう。短い期間で集中的に酵素ダイエットをして、理想の体型になれたと喜んだのに、その時だけで、その後、驚くほどあっという間に、体重が、体型が、前の状態に戻ってしまい、前の状態にとどまらず、さらに増えてしまった人もありました。


酵素ダイエットといえど、他にあまたあるダイエット方法と変わらず、体重が戻ってしまうリバウンドという最悪の状態にならないように、実行していく必要があるというわけです。
生活を変えなければ、体重も戻るのは、分かりきった話です。特に運動しなくても体重を落とせる、というところも人気の理由の一つである酵素ダイエットですけれど、身体を動かす程度の軽い運動は奨励されていますし、運動によって良い結果が出るのは自明の理です。

ストレッチ程度の軽い運動で構いませんので、酵素ダイエットと一緒に行なうことで、脂肪が筋肉に転化するプロセスの促進となるでしょう。ただし、酵素ドリンクを使用しての例外的に、プチ断食の間だけは摂取カロリーが極端に少なく、運動が毒になってしまうこともありますから、無理して行わなくても良いでしょう。



酵素で痩せたい時は、酵素の摂取を止めないことが大事です。

様々なドリンク製品が出てますが、特にごちそう酵素は果汁のように美味しさに定評があるといわれ、口コミで評判となっています。ボトルも女性が好きなイケてるデザインです。

毎日飲むのが苦にならないので、容易に継続できると思います。
確実に体重を落としていける、として人気のある酵素ダイエットなのですが、脚痩せの効果についても期待をして良いのでしょうか。
酵素摂取によってどうなるのかというと、代謝機能がパワーアップして溜めこんだ老廃物の排出がすみやかになります。

ですから、足から排出されていなかった水分、むくみが原因だった時は酵素の力によって代謝機能が高まるにつれ、むくみが改善して細く見えるようになるでしょう。


それから、ダイエット進行につれて、体重が落ちてきますから長年蓄えてきた脚の頑固な脂肪も、徐々にですが減っていくはずです。



酵素を摂りつつ、ウォーキングやストレッチ、さらにマッサージで血行を良くすることで、さらに効果は大きくなるでしょう。



普段ならともかく酵素ダイエットを行っている間は、禁酒をした方が良いです。


アルコールを摂取すると、肝臓がアルコール分解を始め、この時に消化酵素が活躍しますが、これにより体内の酵素総量が減って酵素ダイエットが阻害されます。



また、酔いのおかげで変に調子に乗ってしまい、満腹以上に食べてしまうのはよくあることです。



ですから酵素ダイエットの期間中は飲酒を我慢しておくか、難しければ口をつける程度に抑えましょう。授乳期間中のお母さんが酵素ダイエットできるかというと、可能なのですが、ただし、プチ断食との組み合わせを試すのは絶対にNGです。赤ちゃんにしっかりと栄養を届けるため、授乳期はいつも以上にしっかり食事をとらなければなりませんから、酵素を豊富に含む生野菜や果物をたくさん食べて、さらに加えて酵素ジュースやサプリを利用する形にするべきです。そんな風にできるだけ酵素を摂ろうとするだけでも良いダイエットの効果は得られるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuduki
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる