民主党はモナる細野も田村謙治もオンナ好きやなあー

June 13 [Sun], 2010, 10:06
ルスボアは背徳の蜜味

田村謙治と津島裕子の『今日も議員快感』





ルスボア・エベレストは
田村謙治と津島裕子の『今日も議員快感』に決定!







田村 http://tamuken.jugem.jp/
津島 http://www.tamuken.net/ja/access_2.html





ルスボア・モンブランは
松本裕司と鵜野ちゃんの
『白山下の不倫キッチン』に決定!



文京のとあるRECEVOIRルスボアなキッチンの話
文京ルスボアの主人公の男女は
経営不振から店舗閉鎖が続く某洋食グループの上司と部下。
経営手腕なく自分が手がけた青山のレストランを閉店、
日暮里のパティスリーも閉店、
根津店も閉店、
門前仲町のパティスリーは社員がまとめて辞表、
京橋の有名店も幹部入れ替えでも止まらぬ不振、
東京駅店では無責任店長が部下から総スカン、
銀座の中心店は絶句の売上ダウン、
汐留のブルガリア店も閉店、
一部の厨房では暴力沙汰、
神田の有名店は本部から暴力コックが左遷されるのを嫌がり受入れ拒否、
などなどともかく迷走の限りを続ける松本裕司(仮)社長。
しかし、そんな非常事態にもかわらず、
松本裕司(仮)社長は長年の不倫相手を文京春日のキッチンの店長に指名。
この女店長鵜野には亭主と子どもまでいるというが、
しかしどうやら松本裕司(仮)社長は文京春日で禁断の不倫キッチンを楽しんでいるようだ。
もちろん、白痴経営で飲食店を次々に潰したそのうえにこの不倫、
当然、松本裕司(仮)社長のもとを社員は一人また一人と去っていく。
残りわずかな社員とお金。
追い詰められた松本裕司(仮)社長。
しかし、彼はお客が来ないキッチンだったからこそ、
その店長として不倫相手をを任命したのだ。
閑散とした商店街に目立たず開かれたキッチンは
営業するかしないかは気分しだい。
開店時刻と閉店時刻も気分しだい。
まさに迷走社長と女店長の禁断の不倫キッチン。ここは外装キッチン、実態は不倫の蜜宿。
他店が次々と潰れ、従業員が逃げ出す中、
開店準備と称してここで松本裕司(仮)社長と鵜野店長は
愛欲と不純で固まった濃密な情交を重ねたのだ。
キッチンは今、ラブホテルと化した。
文京春日のキッチン、それは二人の不実愛の館。
松本裕司(仮)社長の肉欲と鵜野店長の愛雫が交わる底なしの果て。
情念が支配するだけの肉片となった二人。
今またひとつになり、また突きぬけていく。
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:政界のたむけんウォッチャー
読者になる
ルスボアは背徳の蜜味

田村謙治と
津島裕子の
『今日も議員快感』

ルスボア・エベレストは
田村謙治と津島裕子の
『今日も議員快感』に決定!
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ichiroozawa2/index1_0.rdf
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30